■Vol.1 2005 マスカット・ベリーA


ティスティング日時:2005年10月15日AM 12時

●色は?
紫を帯びた深めの深紅色をしています。

●香りは?
トップノーズはスーッと鼻に抜ける清々しいハーブのニュアンスにブラックペッパーのようなスパイス香が混じります。次に優しい果実香が大人しげに香ってきます。赤黒い果実のナチュラルなアロマが引き立ち、ブルーベリーを主体として、ブラックチェリーやプルーンなどが続きます。また、鉄分も感じさせらます。ココナッツミルクで煮込んだバナナといった感じであり、自然に優しく香ります。

●味わいは?
アタックはスマートでドライ。するすると口の中に流れ込んでくる柔らかい酸味ときめ細かいタンニン。酸味はしっとりしており口内に柔らかく染み込みます。赤ワインでありながら透明感のある味わいです。全体的にドライで引き締まっているますが口当たりの優しい印象の今年のマスカット・ベリーAです。

●今後の期待度は?
スマートな印象ですが、ベリーA特有の熟成は、面白いです。香の変化もですが、味わいが深みが増してきて、飲み応えが出てきそなワインになりそうです。

次回のVol.2 2005 マスカット・ベリーAのティスティングは、7月下旬予定です。タンニン、酸味がどのように変化していくのでしょうか、期待大!


■Vol.1 2005 キャンベル・アーリー


ティスティング日時:2005年10月15日 PM:18時 

●色は?
オレンジを帯びた鮮やかなチェリーレッドをしています。今年は、ややオレンジ色がかっているのが特徴です。微炭酸の存在をグラスの外からも確認でき、透明感があります。

●香りは?
フルーツドロップ缶。一番強く出ている香りはアセロラ。次にアメリカンチェリー、スイカ、イチゴと次々に顔を出します。発酵によるエステル香は落ち着きを見せており、素直に果実のアロマが全面に姿を現しています。

●味わいは?
口に含むと、最初に感じるのは酸味。若々しい取れたてのイチゴを口に放り込んだような酸味です。そして、次に広がってくる甘みは、酸味と調和されています。そして、果実の凝縮感、暖かみのあるヴォリューム、しなやかなタンニンが味わいを支えています。いずれも高次元で調和を見せており、全てが一体となって心地よい余韻へとつながっています。

●今後の期待度は?
フルーティーなスタイルのキャンベルですが、豊かな酸味が面白い変化をしてくれそうです。今年は、ボリューム感がある年ですので、じっくり熟成していくと思います。

次回のVol.2 2005 キャンベル・アーリーのティスティングは、7月下旬予定です。どんな変化をしているのでしょうか。お楽しみに!