■Vol.1 2005 シャルドネ アンフィルタード


ティスティング日時:2006年3月27日 PM8時

●色は?
輝きのあるグリーンイエローで、例年よりもイエローの色調がやや強く感じます。

●香りは?
粘あるラフランスやバナナといったフルーツの香りが中心となり、白い花の香りが混じます。マロラクティック発酵がうまく香りに出ています。良質な脂肪分豊かなミルクバターの香りが高く香ります。樽のニュアンスはバニラのような香りです。更に、シュールリーにより酵母からくるイースト香もしっかりしています。ジャスミンティーや生のバジルのような鼻に抜けるような清々しさも兼ね備えています。

●味わいは?
香りからは一転、最初の口当たりがナチュラルで瑞々しい。透き通った透明感を感じほんのりと酸味が引き知っています。オイリーな口当たりで、口の中全体にスルスルと広がっていきます。酸味は滑らかで艶やかで主張はしないが、しっかりとした支えとなっています。後半になると、果実を伴ってボリューム感が波打つように押し寄せてきます。

●今後の期待度は?
アンフィルタードは、貯蔵の環境によって、熟成の仕方が大きく変わるタイプのワインですので、貯蔵の事をふまえ、ワインを見ていきたいと思います。ボリューム感があるワインですから、熟成によって、香も開いて、味わいのまとまり方が深みのあるものになりそうなワインです。

次回のVol.2 2005 シャルドネ アンフィルタードのティスティングは、7月下旬です。味わい深さがどのように変化していくのか、どきどきもんです。お楽しみに~!


■Vol.1 2005 シャルドネ エステート


ティスティング日時:2006年3月26日PM7時

●熟成は?
透明感のあるグリーンイエローで輝きがあります。

●香りは?
トップノーズにはストイックな焼き栗の香りが表れ、樽香がよく馴染んでおり、オーキーさが全面に主張されています。そして、オーキーさに勝るオレンジピールや青いバナナといったブドウのアロマが生き生きとその存在感を主張しています。エステル香も華やかで、吟醸香にも似たその香りはワインに幅を持たせています。上品に香るミネラル香は上質のブルゴーニュを彷彿とさせます。

●味わいは?
口に含むと舌先にぴりぴりとした微炭酸を感じ酸味のニュアンスが心地よく、果実味を豊富に感じ、口当たりもソリッドな感じを受けます。実にしっかりしたボディで、2000年以来感じたことのなかった肉厚さで、噛みごたえすら感じそうなくらいです。酸味にキレがあり、味わいに一段のシャープさを与えています。余韻にはスモーキーな返り香が余韻に深みを感じます。

●今後の期待度は?
今年のシャルドネ エステートは、がちっとした、肉厚な味わいです。がっちりとシャープな部分が熟成によって、丸味をおび、調和が取れてくるのがとても楽しみです。期待大です。

次回の Vol.2 2005 シャルドネ エステート のティスティングは、7月下旬予定です。
どんな変化をしていいくのか・・・。勾ご期待!お楽しみに~♪