■Vol,1 2006 シャルドネ アンフィルタード


青リンゴのような爽やかさと重厚さを兼ね備えた
都農ワインの逸品。

○ティスティング:日時:2007.3.11

 

■熟したシャルドネの黄金色
輝きのある、強いイエローで黄金色をしています。熟したシャルドネの色です。

■むきたての青リンゴのような香り
青リンゴやヨーグルト、ココナッツのような甘ーく、心地よい綺麗な香りです。そして、パイナップルとミントのような香りが次に出てきて、さわやかな印象と高級感を感じさせられます。南国のよく熟れた果実の香り、熟したパイナップル、桃も序盤から終盤にかけて香ります。アーモンド、樽の香りやココアのようなニュアンスもあり、香りだけでも、重厚さ、濃厚さを感じる香りです。

■青リンゴのような爽やかさと濃厚なインパクト!
口に含むと青リンゴのような、爽やかな印象とパワフルで濃厚なインパクトのある厚みを感じます。桃のジュースを口にしたような濃厚な口当たりもあり、アミノ酸的な印象、まるで、昆布だしをとったスープのような濃厚な口当たりです。辛口なのに、甘みのような旨みを強く感じます。
終盤前に果実味の豊かさとアルコールのボリュームを感じながら、余韻を長く強く楽しませます。ものすごい果実の強さを感じ、南国の力強いシャルドネという印象です。

■熟成は。。。
厚みのある味わいがあるので、熟成も期待できそうです。清酒の生酒のように、保存に気をつけなければなりませんが、3~5年は充分、楽しめそうです。


■濃いクリームパスタ、グラタンなどとあいそう!
クリームとチーズの効いた濃くのあるソースを使った、カルボナーラのようなパスタやアスパラガスと新ジャガのグラタンとよい相性を見せそうです。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!


■Vol,1 2006 シャルドネ エステート 


シャルドネの果実味と厚みのある酸味、樽由来の複雑味も楽しめるワイン。

○テイスティング日時:2007.3.11

 

■輝きをもった深みのあるイエロー
緑がかった麦わら色をしていて、輝きのあるイエローをしています。強い色調で、深みのあるゴールドのニュアンスもあります。

■南国の甘い果物とココナッツのような濃厚な甘い香り
非常に華やいだ香りで、熟した果実の香りを強く感じます。複雑さに富んでいて、パイナップル、ココナッツにバターやヨーグルトのような香りが立ち上ります。心地よくあふれ出る香り!!特に南国の甘い果物、トロピカルなニュアンスが力強く、濃厚な感じを受けます。グラスに注がれたワインは、その香りをいつまでも強く感じさせ、徐々に変化をしてきます。レモンや柑橘系、ミント、白い花の香りが中盤をしめ、後半は、バターや生クリーム、熟したバナナなどしっとりとした印象になってきます。

■しなやかで、厚みのある口当たり
アタックの酸が自然で心地よくありながら、しっかりと主張しています。また、リンゴ酸と果実味のバランスがよく果実の濃縮感があり、パワフルで重厚な印象を受ける口当たりです。アフターにグレープフルーツのような心地よい酸味がのこり、その後、磯のような塩味のある印象を残しながら自然に舌の中からスーッと引いていきます。

■熟成は。。。
酸と果実味がしっかりとしているので、充分に熟成が期待できそうです。保存状態にもよりますが、3~5年は楽しめそうです。

■地鶏の刺身、豚シャブとあいそう!
地鶏のさっぱりとした旨みのある刺身や焼き鳥、山菜の天ぷら、煮物。肉では、豚シャブやせいろ蒸しなど、いろんな料理と楽しめると思います。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!


垂直ティスティング シャルドネどぉ~ね!


○ビンテージ違いの同じ種類のワインをティスティング!
3月11日 都農カフェで垂直ティスティングを行いました。
垂直ティスティングは、同じ種類のワインでビンテージ違いのワインを
ティスティングします。今回、春のコルクにむけての取材をカフェで
行いました。ビンテージは、2004年、2005年、2006年。
 

○比べてわかる、味の違い。。。
ワインは、シャルドネ エステートとシャルドネ アンフィルタードです。
熟成による味わいの変化や、3月下旬に販売予定の2006年シャルドネの
味の評価と期待感をティスティング。同じシャルドネで、熟成によって、
香り、味わいに違いが出ることや、2006年産シャルドネの力強さなど、
比較してティスティングしてみると、単体でティスティングするのとは、
一味も二味もちがいます。堅いイメージのティスティングですが、
確かに、考えて飲むお酒は、イマイチですが、熟成による変化のおもしろさや
ワインの管理などなど、ワインの楽しさを広げるためのきっかけになる、
貴重なティスティングになりました。
 

○美味しいものに出会える幸せ~。
味云々よりも気の合う仲間や好きな人と飲むお酒、美味しい料理、
そして、楽しい会話は格別で幸せです。そんな場に選ばれるワインが
都農ワインであれば、私たちはとっても幸せです。
歴史の浅い都農ワインでは、熟成による味わいの変化に対する情報、経験が
少ないです。ワインをもっと楽しく美味しく味わえるために、お客様と一緒に
いろんな経験して、ワインの楽しさを広げたいです。
美味しいものに出会えると最高に幸せな気持ちになりますよね~。
 

随時、ティスティングのコメントは、UPさせていただきます♪

akao