■Vol,01 2007 スパークリング マンゴー


マンゴーワインは、(有)都農ワイン、県北臨海エリア産学官連携促進事業ならびに宮崎経済連の連携のもと製品化されました。同促進事業では、九州福祉保健大学の川原教授研究グループがマンゴー果汁による老人性認知症の予防、改善の可能性を見出しました。また、マンゴーブームで品薄の中、宮崎経済連は、マンゴーを県下の農協より集荷をして頂き、都農ワインがマンゴーワインを醸造、製品化をすることになりました。

今年は、春先から寒暖の差が非常にあり、マンゴー栽培には厳しいかと思われましたが、非常に充実した果実を実らせる事ができたそうです。宮崎のマンゴー栽培は、22年ほど前から西都市ではじまりました。県上げてのブランド化に向け、厳しい品質基準はもちろん、独自の栽培方法を築きながら、少しずつ販路を開拓していきました。特に、自然に落下するまで樹に実らせる方法で収穫されたマンゴーは、甘くて風味豊か。現在は、181戸の農家さんが、「宮崎マンゴー」栽培に取組んでいます。

テイスティング日時:2007.9.18 17:00

■リンゴジュースやイエローパールのような色合い。
ネクターのような粘性を感じる乳白色をしていて、落ち着いた黄色い色合いです。完熟マンゴーの濃い黄色というよりは、リンゴジュースやイエローパールのような高級感ある色合いをしています。また、乳白色をしたワインのグラス底からは、炭酸の泡がゆっくり連なりながら立ち上り、消えていきます。

■マンゴー&桃、梨のような香り。
マンゴーの香りが前面で主張するのではなく、ソフトなマンゴーの香りと桃や梨の香りが重なり合いながらグラス沿いに香り立ちます。蜜柑の皮のような清々しいニュアンスもあり、心地よい香りの構成を演出。複雑な香りの中には、ビスケットを思わせるような香りもあり楽しめます。

■マンゴーの風味と爽やかな余韻が楽しい!
口に含むと、トロリとした粘性を感じながら、優しい炭酸のアタックがフワーッと弾け、マンゴーの風味と甘みが一緒に広がってきます。そして、程よい酸味が味わいのバランスを整えてくれるので、爽やかな余韻を楽しませてくれます。

■よ~く冷やしてからお楽しみくださいませ♪
8~12℃と若干低めに冷やしたほうが楽しめると思います。食前、食後のデザートワインとしても楽しめますし、甘さは強すぎないのでシーフード料理とも良い相性をみせそうなマンゴーのスパークリングワインです。

■今後の熟成は!?
初めてのマンゴーワインですので、どのように熟成していくのか・・・。
甘さと粘性のある口あたりがあり、スパークリングの炭酸がワインの鮮度を保ってくれるので、若干の熟成は期待できると思います。今の印象が今後どうなっていくのか、私達も楽しみです。

赤尾

■Vol,01 2007 スパークリング パッション


100%沖縄県糸満産パッションフルーツを使用しました。糸満市と都農町は、エイサーや太鼓台などの民間交流が盛ん。そして今、糸満では都農町の土作りを取り入れた農業が成果を上げつつあります。その土作りで栽培したパッションフルーツでスパークリングワインを作りました。

テイスティング日時:2007.9.18 17:00

■高級オリーブのような色合い。
艶やのあるイエローの中に、高級なオリーブオイルのようなグリーンのニュアンスもあります。また、輝きのあるグラス底からは、キラキラと炭酸の泡が途切れることなく溢れ出してきます。

■まさに、パッション、トロピカルな香り。
まさにトロピカル。パッションフルーツそのものです。炭酸とともにパッションフルーツの持つ様々な香りが強く解き放たれてきます。特に、キンモクセイやシトラスのような香りを前面に感じ、グレープフルーツの果肉のよう印象も残していきます。ドイツワインの高級なリースリング、ミュラートルガウ、ゲベルツトラミナールに似たような香りも持つパッションフルーツのスパークリングワインです。

■パイナップルのような甘味と酸味が気持ちイイ!
トロッとしていて、ほんのり甘く、心地よい苦味が口の中に広がってきます。パイナップルのような甘味と酸味が、まさにトロピカル。そして、甘夏のような苦みと炭酸の爽やかな口あたりが味わいのアクセントになり、甘さを引き締め、余韻をいつまでも楽しませてくれます。

■デザート感覚でお楽しみくださいませ♪
8~12℃と若干低めに冷やしたほうが楽しめると思います。食前、食後のデザートワインとしても楽しめます。果物やスイーツとの相性も良いと思いますので、デザート感覚で楽しめるパッションフルーツのスパークリングワインです。

■今後の熟成は!?
どのように熟成していくのでしょうか・・・。楽しみです。
パッションフルーツには、若干の苦味があり、心地よいのですが、この苦味が熟成過程できれいな球状になり、イイ感じの口あたりになってくれるような気がします。しかし、フルーティーな要素を楽しむには、早めに飲んだ方が良いでしょう。
初めてのパッションフルーツ。今後も見守っていきます。

赤尾

■Vol,02 2006 シャルドネ アンフィルタード

●ショートコメント!
輝く黄金色の2006 シャルドネ アンフィルタード。バニラやココナッツのような高級感ある香りと南国の熟した果物の香り、そして、乳製品のような甘い香りが楽しめます。辛口なのに旨みを感じるような濃厚で複雑な味わいです。抜栓後、時間とともに変化していく味わいは、グラスを重ねるごとに楽しめます。15℃~18℃で楽しめるワインです。

■第1印象は??
瓶詰後、約6ヶ月が経過。青リンゴのニュアンスが強かったのが、熟した赤いリンゴのような香りに変化してきました。

テイスティング日時:2007.9.12 17:00

■力強いシャルドネの黄金色。
光沢のある、濃い黄金色をしてきました。5月頃よりも一段と黄色、黄金色の色調が増してきました。力強い色調です。

■熟したリンゴや樽の重厚な香り。
抜栓後から華やいだ香りがあたりを包みこみます。バニラやココナッツのような高級感ある香りを強く主張しながら、南国の熟した果物の香りも立ち上ります。さらに、バターやヨーグルトのような甘いニュアンスの香りと熟したリンゴのような香りが、グラス沿いに立ち上ります。樽の香りも心地よく、香りのアクセントになっています。面白いのは、開栓後、時間とともに、変化していく香りはグラスを重ねるごとに楽しめそうです。

■濃厚で複雑な味わい。インパクト強!。
口に含むとトロっとしていて、粘性のある舌触りです。まるで、乳製品のような滑らかな舌触りです。次に、心地よい塩味のような味わいが口の中に広がり、舌を飽きさせません。アルコールによるシャープな印象もあり、非常に複雑味に富んでいます。辛口ですが、旨みを楽しめるような味わい。また、香りと同じように、抜栓後、時間とともに変化していく味わいは、とっても楽しめます。

■ムニエルにあいそう♪
濃厚な味わいと複雑味があるワインですので、魚料理では、ムニエルなどのバターソースやホワイトソースを使った料理と相性がよさそうです。磯の風味とアンフィルタードの風味の相性も良いので、旬な魚介類でいろいろと試してみたいです♪

■今後の熟成は!?
現在の状態は、フルーティーな要素が減りはじめ、熟成しはじめている状態だと思います。これからは、ボリューム感ある味わいの要素がつながり合いながら、3ヵ月後、6ヵ月後と綺麗に熟成していくと思います。心地よい味わいに変化していくことを期待したいです。熟成後の味わいにバラツキが出ますので、保存状態には気をつけなければいけませんが、1年後の味わいに大変興味がわきます。

赤尾

■Vol,01 2006 スパークリング キャンベル

●ショートコメント!
グラスに注がれたスパークリングワイン ロゼは、泡までピンク色。鮮やかな薔薇色で、フレッシュなイチゴを連想させる、みずみずしい香りが炭酸とともに立ち上り、炭酸の溌剌とした刺激が心地よい口あたりです。8℃~10℃でキリッと冷やして楽しみたいワインです。

■第1印象は??
瓶詰して9ヶ月が経とうとしていますが、炭酸の泡のきめが細かく感じ、ソフトタッチ。フルーティーな要素も生き生きとしていました。バランスの良い味わいは、料理との相性も楽しそうです。

テイスティング日時:2007.9.12 16:00

■泡までピンク色をした鮮やかな薔薇色。
スパークリングワイン キャンベル・アーリーは、鮮やかな薔薇色をしています。グラスに注いだときに膨らみ上がる泡が鮮やかなピンク色で、炭酸は豊かにゆっくりときめ細やかに立ち上ってきます。

■フレッシュなイチゴを連想させる香り。
みずみずしいイチゴを中心に、アセロラやスイカの優しい香りが、溌剌とした炭酸の刺激的な香りと調和して、次々とあふれ出してきます。また、フレッシュなイチゴの酸味を感じさせる清々しい香りに加えて、屋台のリンゴ飴から香ってきそうなべっこう飴のような甘い香りが混じり合う感じも面白いと同時に心地よい香です。

■酸味と甘み、炭酸のバランスを楽しめ味わい。
口に含むと、生き生きとした果実味と柔らかい炭酸がパッと口の中に開き、その後すぐに酸味が味わいのラインを舌の両脇から感じてきます。炭酸と酸味を甘みがうまく調和をとり、味わいをまとめています。果実の凝縮感を感じ、タンニンの存在感もしっかりしています。余韻の引き締まった印象は、料理との相性を幅広く楽しませてくれます。

■キリッと冷やして楽しもう♪
食前酒としても楽しめますし、スイーツやフルーツとの相性も良いので、楽しく飲めるスパークリングワイン。甘すぎず、炭酸の刺激が口の中をスッキリさせてくれるので、酢豚などの中華でも楽しめると思います。

■今後の熟成は!?
炭酸と酸味によって、綺麗に熟成できると思います。炭酸は、ワインを綺麗に守り、いい熟成を促してくれますので、香や味わいの変化がどうなるのか、楽しみです。

赤尾

■Vol,03 2006 キャンベル・アーリー

●ショートコメント!
宝石のような輝きをもつ薔薇色のキャンベル。イチゴキャンディーのようなフルーティーな香りが前面に香り、アセロラやチェリーのような赤い果実の香りが楽しめます。酸味と甘味のバランスが整い、心地よい口あたりです。8℃~10℃で、キリッと冷やして楽しみたいワインです。

■第1印象は??
瓶詰して9ヶ月が経とうとしていますが、フルーティーな要素は生き生きとしていて、8-10℃と冷やして飲むと、とってもうまい!!酸味と甘味のバランスが良く、落ち着いた味わいになっていました。

テイスティング日時:2007.9.12 16:00

■宝石のように輝く薔薇色。
赤みの強い薔薇色だったのがオレンジのニュアンスを少し感じるようになりました。しかし、光にかざすと宝石のようにキラキラと輝く綺麗な薔薇色をしています。魅力的な色。

■イチゴキャンディーやアセロラ、チェリーのような香り
第一印象は、イチゴキャンディー。イチゴが頭から離れないくらいの香りです。じっくり香りをかいでいくと、アセロラやチェリーなどの赤い果実の香りを連想させる香りが立ちます。フレッシュ感から熟成感に変わりつつある印象を受けました。

■調和がとれて、バランスが良い味わい。
前回のテイスティングよりも酸味と甘味の調和がとれてきた印象を強く感じました。強く感じた酸味が、柔らかくなり、心地よい甘味とともに味わえるようになっています。フレッシュ感は減ってきましたが、フルーティーを保ちながら、バランスが整ってきたようです。

■キリッと冷やして楽しもう♪
甘すぎず、酸味もしっかりしているので、料理との相性は幅広く楽しめそうです。
紅葉を見ながら、秋の味覚を堪能したいものです。。。

■今後の熟成は!?
酸味、甘味がしっかりしているので、フレッシュさは現在も減ってきていますが、これから、フルーティーさも減ってくると思います。しかし、その後は、酸味と甘味のバランスが熟成されてきて、今から1年後、2年後と蜜柑や蜂蜜のようなニュアンスに変化してくると思います。これからも、その変化過程を見守っていきたいです。

赤尾