■Vol,1 2007 シャルドネ エステート


パイナップルのような甘い香りと秘めた強さを感じる味わい。
熟成も楽しみな、樽発酵、樽熟成、正統派シャルドネ。

<作柄>
自社農園のシャルドネにとって2007年は、台風の影響によってとても過酷な年となりました。強風で痛んだ果実を取り除き、完熟した良いぶどうのみを収穫しました。
2007年は、春先から寒暖の差に恵まれ、順調な生育をみせていましたが、8月2日に台風上陸。その後、風で痛んだ果実を取り除き、熟すのを待ちました。そして、完熟したブドウのみを収穫しました。その量わずか、6,000kg。
詳しくは、こちら。栽培と醸造。

<テイスティングコメント>

■艶のあるイエロー。
黄色のニュアンスが強く、艶のある色合いです。日焼けした草ワラのようなニュアンスもあり、落ち着いた色合いです。


■パイナップルとハーブのような香り
抜栓後、香りの立ち方は、大人しい印象を受けますが、グラスの中で、じわじわと華やいだ香りに激変してきます。最初にパイナップルのような甘い香りにハーブを混ぜ合わせたような香りを感じます。そして、リンゴ、ナシなどの甘い果物、白い花の香りが、ゾクゾクと溢れ出てきます。終盤にかけては、ウメに似た香りも感じながら、樽やアーモンドのような香ばしいさも感じます。グラスの中で激変する香りから、秘めたもの、強さを感じるので、今後の変化に期待していきたいです。

■硬さの中で、旨みを感じる味わいのバランスがいい。
一瞬、滑らかに感じる舌触りですが、酸味と果実味がしっかりと核となっていて、存在感を主張しています。そして、アルコールによるキレも感じさせられるので、引き締まりのある味わいになっています。硬さを感じるところもありますが、旨みを感じるほどの複雑味が、酸味とのバランスをとり、力強さの支えになっています。グラスの中で時間とともに変化する味わいも楽しめ、終盤にかけては、グレープフルーツのような心地よい酸味が余韻を楽しませてくれます。今でも楽しめワインですが、6ヵ月後、1年後・・・ビン熟成による変化も楽しみです。


■熟成は期待できます。
果実味、酸味、アルコールによるキレもある味わい。いい硬さを感じます。そして、旨みを感じる味わいの複雑味が、味わいのバランスをとっているので、今後、ビン内で熟成することによって、更に香りが開き、力強よく熟成していきそうです。保存状態にもよりますが、3~5年は楽しめると思います。


■地鶏の刺身、豚シャブとあいそう!
地鶏のさっぱりとした旨みのある刺身や焼き鳥、チキン南蛮、そして、旬の山菜の天ぷら、や煮物。肉では、豚シャブやせいろ蒸しなど、いろんな料理と楽しめると思います。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!

■ビンテージレポート 2007
2007年の雨量は、2300㎜程度と平年並み。春先から、朝晩の低温が続き、寒暖の差のある春になり、充実した生育を見せていました。順調に生育していた中、7月14日、8月2日と相次ぐ台風の襲来。風にさらされたブドウは、大きなダメージを受けました。

収獲は、風で痛んだブドウを取り除き、8月下旬から良質なものだけを収獲しました。収穫量は減りましたが、風味豊かなブドウを収獲する事ができました。

■メイキングレポート 2007
果汁を酸化させないよう作業を工夫し、搾汁率を落とし、良質な果汁のみをフレンチオーク樽の中で発酵させました。樽は新樽率50%、主としてヌベール。トーストはミディアム+。発酵温度15度~18度、発酵期間は3週間。

アルコール発酵終了後、6ヶ月間樽で熟成させました。その間、酵母と接触させる、シュールリーを行い、複雑味と味わいの厚味を持たせるようにしました。そして、シャルドネ自身の持つ果実味、味わい深さを引き出すよう醸造に努めました。

土づくりに取り組み始めて10年目、まさにその歳月は、自然との対話の連続でした。特に2007年は、トロピカルな甘い果物の香りやココナッツなど、シャルドネ本来の風味が前面に出てくるようになりました。

★オンラインショッピングは、22日より開設いたします。

赤尾


■Vol,1 2007 シャルドネ アンフィルタード


トロピカルな印象を受ける高級感ある香りと
上品で重厚さを兼ね備えた味わい・・・。
樽発酵、乳酸発酵、樽熟成をさせた、都農ワインの逸品。

<作柄>
自社農園のシャルドネにとって2007年は、台風の影響によってとても過酷な年となりました。強風で痛んだ果実を取り除き、完熟した良いぶどうのみを収穫しました。
2007年は、春先から寒暖の差に恵まれ、順調な生育をみせていましたが、8月2日に台風上陸。その後、風で痛んだ果実を取り除き、熟すのを待ちました。そして、例年、良質な果実を実らせる園、6耕区のみを分けて収穫し、仕込みを行いました。その量わずか、4,000kg。
詳しくは、こちら。栽培と醸造。

<テイスティングコメント>
■オリーブオイルのような輝くゴールド
エステートに比べて力強い色調です。ゴールドのニュアンスがとても強く、艶があり、重みのある色調で、まさに、黄金色といった色合いです。オリーブオイルのような輝きを持っています。

■トロピカルな印象を受ける高級感ある香り
青リンゴのような爽やかな香りの中に熟した洋ナシ、パイナップルの香りを感じます。トロピカルな印象を受け、上品で高級感ある香りで力強さも感じます。さらに、ヨーグルトなどの乳製品のような香りも綺麗に立ち上り、複雑さを与えています。樽の印象は大人しく、上品な印象を与える程度で、ナッツやアーモンドのような香りが甘い果物の香りとともに協調しあい、高級感ある香りを演出しています。グラスの中で次々と香りが変化していくのも楽しめます。

■上品な酸味と重厚な味わい
力強さを感じるアタックで、しっかりとしたボディーを感じる味わいです。酸味もしっかりしていのですが、旨みのある上品な酸味で、同時に感じる粘性、トロミが重厚さを与えてくれます。乳製品を口にした時のような爽やかで滑らかな口あたり、桃のネクターのような濃厚さ、昆布だしを連想させられるアミノ酸的な旨みは、アンフィルタードの特徴として2007年産にも力強く感じます。最後に金柑を食べた後のような心地よい風味を感じながら余韻を長く楽しめます。


■今後の熟成はには、期待大!
味わいに硬さもあり、しっかりとしたボディーを感じるので、熟成は大変期待できそうです。今でも楽しめる華やかさもありますが、清酒の生酒のように、保存に気をつけながら、3~5年は充分、楽しめそうです。


■濃いクリームパスタ、グラタンなどとあいそう!
クリーム、チーズの効いた濃くのあるソースを使ったカルボナーラやアスパラガスと新ジャガのグラタンなどとよい相性を見せそうです。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!

■ビンテージレポート 2007
2007年の雨量は、2300㎜程度と平年並み。春先から、朝晩の低温が続き、寒暖の差のある春になり、充実した生育を見せていました。その順調に生育していた中、7月14日、8月2日と相次ぐ台風の襲来。風にさらされたブドウは、大きなダメージを受けました。

8月下旬、台風の被害が一番少なくて、通年、良質な果実を実らせる園のみを分けて収穫し、仕込みを行いました。収穫量は減りましたが、甘くて、風味豊かなブドウを収獲する事ができました。

■メイキングレポート 2007
果汁を酸化させないよう作業を工夫し、搾汁率を落とし、良質な果汁のみをフレンチオーク樽の中で発酵させました。樽は新樽率50%、主としてヌベール。トーストはミディアム+。発酵温度15度~18度、発酵期間は3週間。アルコール発酵終了後は、味わいに複雑さを持たせる為に、乳酸発酵を行い、その後、6ヶ月間樽で熟成させました。

その間、酵母と接触させる、シュールリーを行い、複雑味と味わいの厚みを持たせるようにしました。そして、シャルドネ自身の持つ果実味、味わい深さを引き出すよう醸造に努めました。

土づくりに取り組み始めて10年目、まさにその歳月は、自然との対話の連続でした。特に2007年は、トロピカルな甘い果物の香りやココナッツなど、シャルドネ本来の風味が前面に出てくるようになりました。

★オンラインショッピングは、22日より開設致します。

赤尾


2007マスカット・ベリーA エステート


完熟ブドウのみを使用した、濃縮感が魅力のワイン。

ぶどうにとって、大変厳しい年となった、2007年。
しかし、例年に負けない品質に仕上げることができました。
貴重な2,000本は、幻のビンテージワイン!!かも!!

ではでは、早速テイスティングコメントを・・・

テイスティング日時:2008.3.5

■黒みを帯びた深みのある赤色
グラスの先が見えずらいほど深みのある赤色で、黒みを帯びています。色合いと香り、味にはある程度、相関関係がありますので、味わうのが楽しみな色合いです。

■赤い果実とカシスのような香り
ブルーベリーのような甘い香りに加え、赤い果実、カシスのような香りが第一印象。これまでのマスカット・ベリーA エステーとでは、あまり感じる事の無かった香りです。そして次に、ニッケやハーブ、落ち葉などの香りを感じ、終盤にかけては、カラメルやチョコレートのような甘い香りも感じます。

■甘みを感じるような味わい
アタックは柔らかい印象も受けるのですが、しっかりとした酸味、果実味を感じます。タンニンも滑らかな印象ですが、意外にしっかりしています。酸とタンニンのバランスがよく、甘みを感じるような味わいです。余韻にドライフルーツ、干しぶどうなどの濃縮された果実の旨みを感じ心地よいです。

■今後の熟成にも期待できます!
滑らかなタンニンですので、今でも充分楽しめる味わいですが、しっかりとした酸味と果実味がこれから熟成することによって、複雑さを演出してくれそうです。6ヵ月後、1年後の味わいの変化に期待!

■いろんな組合せで楽しみたい!
ワイン単体でも充分に楽しめると思います。甘酸っぱいピリ辛料理をはじめ、鶏肉の炭火焼、牛のテール煮込み、ローストポーク、トマトの酸味の効いたパスタやシチュー…。いろんな組合せで楽しめるワインです。

[ビンヤードレポート2007]
2007年は、春先から寒暖の差に恵まれ、順調な生育をみせていましたが、8月2日に台風が上陸しました。近年の異常気象の中、台風の上陸時期、頻度、強さはこの数年宮崎の農業に大きなダメージを与えています。

2007年、私達のマスカット・ベリーAも大変厳しい年となりました。その後、風で痛んだ果実を取り除き、熟すのを待ちました。
9月10日、完熟したブドウのみを収穫しました。その量わずか、3,000kg。

[メイキングレポート2007]

醸造の量が少ない事もあり、丁寧なワインづくりを心がけました

醸造では、色やフルーティーな香りを引き出すために、2日間ほど低温で果実を浸漬した後、かもし発酵を行いました。しっかりとした色と味わいの複雑さを出すために、酵母は2種類使用。発酵の温度は、後半にかけて30℃を超えないようコントロールし、パンチダウン、ポンプオーバーを併用し綺麗な発酵をするよう努めました。
発酵終了後は、色や風味を大事に工夫をしながら、6ヶ月間タンク熟成をしてきました。そして、味わいを損なわないよう、フィルターをかけて瓶詰しました。

強い色調と、風味の豊かさ、例年に負けない品質に仕上げることができました。
貴重な2,000本は、幻のビンテージワインになる!かも!!

熟成も期待できる、楽しみなワインです。

1,500円/本(税込)
明日、3月7日より発売開始です。
ワインリリース情報は、こちらから。

赤尾