■Vol,01 スパークリングワイン マンゴー


◆2008年産のマンゴーの作柄
今年は、1月から曇天が続き、着果日数と肥大の期間が長くなりました。
しかし、その後は春先の寒暖の差に恵まれ、じっくり熟度が増してきました。
収穫時期ピークの6月の長梅雨には悩まされましたが、完熟した糖度の高い、
風味豊かなマンゴーを収穫することができました。

マンゴーの取り組みについては、こちらから。

テイスティング日時:2008年9月24日


■イエローパールのような高級感ある色合い
昨年よりは、やや明るめの色調で、乳白色をしていて、落ち着いた黄色い色合いです。完熟マンゴーの濃い黄色というよりは、リンゴジュースやイエローパールのような高級感ある色合いをしています。また、乳白色をしたワインのグラス底からは、炭酸の泡がゆっくり連なりながら立ち上り、消えていきます。

■ライチや桃に加え柑橘系の香りが心地よい
マンゴーやライチ、桃などの甘い香りに加え、日向夏などの柑橘系の香りを心地よく感じます。特に柑橘系の香りは、清々しさを与えてくれます。複雑で甘い香りは、南国のイメージを連想させられます。


■桃のネクターのような粘性ある口当たり
口に含むと、桃のネクターのようなトロリとした粘性を感じながら、優しい炭酸のアタックがフワーッと弾け、マンゴーの風味と甘みが一緒に広がってきます。そして、程よい酸味が味わいのバランスを整えてくれるので、爽やかな余韻を楽しませてくれます。

■シーフード料理と相性抜群
よーく冷やしてお楽しみください。
8~12℃と若干低めに冷やしたほうが楽しめます。食前、食後のデザートワインとしても楽しめますし、甘さは強すぎないのでシーフード料理とも良い相性をみせそうなマンゴーのスパークリングワインです。

■美容と健康に抜群のマンゴー
マンゴーは、チェリモヤとマンゴスチンとともに世界三大美果と
言われており、ビタミン・ベータカロテン・カルシウムなどが
豊富と言われています。美容と健康にもとっても良さそうです。

また、マンゴー果汁による老人性認知症の予防、改善の可能性
があるそうです。


■Vol,01 スパークリングワイン パッションフルーツ


スパークリングワイン パッションフルーツ  テイティング:2008.8.15

100%沖縄県糸満産パッションフルーツワインを使用しました。糸満市と都農町は、エイサーや太鼓台などの民間交流が盛ん。そして今、糸満では都農町の土作りを取り入れた農業が成果を上げつつあります。その土作りで栽培したパッションフルーツでスパークリングワインを作りました。

■高級なオリーブオイルのような色合い
輝きのあるイエローの中に、高級なオリーブオイルのようなグリーンのニュアンスもあります。また、グラス底からは、キラキラと小さな炭酸の泡が途切れることなく溢れ出してきます。

■トロピカルな香りと高級ワインに似た香り
炭酸とともにパッションフルーツの持つ様々な香りが強く解き放たれてきます。特に、前面に感じる香りは、メロン、洋ナシ、パイナップル、青リンゴなどの甘い香り。さらに、キンモクセイやシトラスのような華やかな香りも感じます。まさにトロピカル。パッションフルーツそのものといった印象です。
また、ドイツワインの高級なリースリング、ミュラートルガウ、ゲベルツトラミナールに似たような香りも持つパッションフルーツのスパークリングワインです。

■南国のイメージが膨らむ味わい
トロッとしていて、ほんのり甘く、心地よい苦味が口の中に広がってきます。パイナップルのような甘味と酸味が、大変心地よく、南国のイメージが膨らむ味わいです。さらに、甘夏のような苦みと炭酸の爽やかな口あたりが味わいのアクセントになり、甘さを引き締め、余韻をいつまでも楽しませてくれます。

■楽しみ方
よーく冷やしてお楽しみください。
8~12℃と若干低めに冷やしたほうが楽しめると思います。食前、食後のデザートワインとしても楽しめます。果物やスイーツとの相性も良いと思いますので、デザート感覚で楽しめるパッションフルーツのスパークリングワインです。


■Vol,02 2006シャルドネ エステート



テイスティング日時:2008年9月11日

リリースして1年6か月(18か月)ワインは生きているって実感できる熟成をしていました。濃厚で厚みのある味わいが前面に出ていたワインが、重厚さ、力強さを保ったまま、個性をさらに発揮!!

大きめのグラスで是非、楽しんでください。
香りの複雑さが楽しめ、非常に心地よく楽しめます。

とても綺麗にいい熟成をしていました。
今でもとても幸せになれるくらい楽しめる熟成状態です。さらにまだ熟成も期待できそうな味わいでした!

2006年の作柄はこちら
2006年8月ブドウ栽培とワイン醸造


■健全な熟成を示す色合い
落ち着いた黄金色をしていて、艶もあり健全な熟成を経てきている印象を受けます。落ち着いた色合いは、高級感や重厚感を見た目にも感じます。それでいて、フルーティーさも残っている感じです。

■都農シャルドネの個性をさらに発揮!
非常に華やいだ香りは、リリースのころと変わりませんが、重厚感がでてきました。都農のシャルドネ本来の香りがと言ってもいいと思うくらいの香りが前面に主張しています。それは、熟したパイナップル、メロンに加え、リンゴのような爽やかな香り、後半には、バニラやミントのような香りを楽しめるところです。それらは、いつまでも強く、いろんな香りを複雑に出すようになりました。また、華やかな紅茶のような香りもあり、華やいだ香りに重厚感を持たせています。

■体に自然にしみ込んでいくような口当たりに変化!
パワフルだった口当たりは、違った意味でパワフル感を出しています。熟成によって、厚みのある味わいに変化しながらも滑らかさがでてきました。体に自然にしみ込んでいくような印象を受ける口当たりです。余韻にバニラや樽の香りが長く楽しめ、大変心地よいです。

■濃厚さとナチュラルな口当たりは今が最高!
酸化(過熟成)的な香りはまだ感じませんので、まだ2年から長くても3年は、綺麗に熟成しそうな印象を受けました。私の好みは、この若干フルーティーなところと重厚さのバランスが好きです。しかし、この若干残っているフルーティーさが無くなり、さらに面白い熟成をしてくれるかもしれません。今後、どうなるのか気になるところです。

フルーツと一緒に食べてもワインをしゃきっとさせてくれると思います。濃厚なクリームパスタはもちろん、魚介類のムニエル、せいろ蒸しなどのさっぱりお肉料理ともよい相性をみせそうです。

リリース頃のコメントはこちら

赤尾


■Vol,02 2006シャルドネ アンウッディド



テイスティング日時:2008年9月11日

リリースして1年7か月(19か月)ワインは生きているって実感できる熟成をしていました。フレッシュでフルーティーなワインから高級感あるエレガントさが出てき始めました!!

大きめのグラスで是非、お楽しみください。
香りの複雑さが楽しめ、非常に心地よく楽しめます。

熟成して開き始めた香りや味わいが今から楽しめ、さらに!まだまだ熟成できる力を兼ね備えている、そんな変化を遂げていました。

2006年の作柄はこちら
2006年8月ブドウ栽培とワイン醸造


■健全な熟成を示す色合い
やや緑がかっていたイエローから、緑色が無くなり、しっかりと黄色く熟したい色合いに変化していました。艶もあり、健全な熟成をしてきているのを色でも伺えます。

■ライムやレモンなどの柑橘系の香りはイイ!
シャルドネ本来のニュートラルな香りが出てきました。それは、とても芳香性に富んでいて、豊かな香りを醸し出しています。これは、瓶詰めしたてのフレッシュな青リンゴ、洋ナシなどのフルーティーな香りから、ライムやレモンなどの柑橘系の香りやナッツ、ハーブなどの清々しい、心地よい香りに変わってきました。

■エレガントさを兼ね備えてきた~
熟成したことによって、酸味の刺々しさがふくよかになりました。口の中でそのふくよかな酸味が広がりながら、ほのかな甘みが安心感を演出し、果実味やアルコールによる切れが余韻を楽しませてくれます。シャープだった印象からエレガントさを兼ね備えた味わいに変化していました。味わいだけ見ていると、今のバランスはとてもいい状態です。

■これからも楽しみなだけど!今もイイ!!
酸化(過熟成)的な香りはまだ感じませんので、まだ1年から長くても2年は、綺麗に熟成しそうな印象を受けました。しかし、今の状態は、健全でクリーンさもあり、とてもイイ状態です。今でも充分イケる熟成状態ですヨ。

フルーツ全般にも相性は良いと思います。また、クリーム系のパスタ、太刀魚などの魚介類、料理との汎用性もぐっと広がったと思います。

リリース頃の味わいは、こちらから

赤尾