■Vol,01 スパークリング キャンベル・アーリー 2008

天候に恵まれ、太陽をいっぱい浴びて育った2008年のぶどう。
最高の条件が整った2008年は、ビックビンテージの予感がします。
今年のロゼスパークも期待“大”です!

早速、テイスティングコメントを!  Tasting: 2008.11.20 


●輝きのあるイチゴのような鮮やかなピンク色
輝きのあるイチゴのような鮮やかなピンク色をしています。今年は、例年よりも色合いのトーンが強く、高級感のある色合いをしています。グラスに注がれると、弾けるような勢いで泡が立ち上り、その泡まで淡く綺麗なピンク色をしています。グラスの底からは、木目細かな泡が連なりながら立ち上り、見た目にも楽しめます。

●イチゴムースのような甘い香り
ポンッと栓を開けた瞬間から、イチゴのような甘い香りがあたりを包みこみます。さらに、バニラクリームのようなクリーミーなニュアンスも感じ、イチゴムースのような甘い香りが楽しめます。次に、アセロラやサクランボなどの赤い果実の香り、柑橘系の香りや青リンゴのようなフーティーな香りと次々とグラスから溢れて出てきます。

●優しい甘さが味わいのバランスを整える
舌先にきめの細かな炭酸ともぎたてイチゴのような酸味が飛び込んできて、その後すぐ、優しい甘さが口全体にすっと広がり、味わいのバランスを整えてくれます。大変心地よい口当たりでありながら、爽やかな印象を受けます。後半は、蜜柑、リンゴを食べたあとのような気持ち良い風味を残しながら、余韻を長く楽しませてくれます。

●楽しむには!
飲み頃温度は、8~12℃。食中酒としてどんな料理とも絶妙な相性を見せそうです。特にスイーツとは、いい相性を見せそうです。これからのクリスマスシーズン、そして年末年始、コース料理やたくさんの種類のオードブルをこれ一本でこなせそうな適応力もあります。和食であればぶり大根やおでんなど、少し味わいのしっかりした料理との相性が楽しみです。

赤尾