■vol,01 シャルドネ アンウッディド 2008

あたたかみのある、やや甘口タイプ。フルーティーさが心地よい!

約2年ぶりに待望のリリースとなりました!
しかも、ビックビンテージに相応しい年となった2008年。
例年になくとてもいい品質に仕上がりました。

詳しい作柄についてはこちらの→栽培ブログから。

どこまでもクリーンでいてフルーティー。上品で高級感のある
フルーティースタイルのシャルドネをお楽しみください。

2008 シャルドネ アンウッディドのテイスティングコメント。

■輝きのあるイエロー
輝きのあるイエローをしています。若い色合いで、今後の熟成によって色合も変化して、落ち着いてきそうです。グリーンがかった印象はうすく、ブドウが良く熟したからだと感じます。

■パイナップルやミント、トロピカルな印象を受ける香り
パイナップルのような香りを最初に感じ、トロピカルな印象を受けます。ミントのようなハーブ香も若干感じながら、グラスを回していると、バナナや洋ナシ、リンゴ、さらには、ラフランスに似た香りも感じます。次々と南国の果物の香りが溢れ出してきて、とってもフルーティーです。シャルドネとは思えないほどの華やかさです。

■ラフランスのようなコクのあるフルーティーさ
ほんのりした甘さとフィレッシュな酸味が同時に口全体に心地よく広がります。ラフランスをかじったようなコクのあるフルーティーな味わいで、トロピカルな印象は、味わいからもうかがえます。また、舌から喉へ流れる感じがとてもスムーズで、飲み疲れしません。酸味のアクセントが心地よく、柑橘系の渋み、酸味が味わいを引き締め、グラスを進めてくれます。ブドウの個性がしっかり主張されています。

■今はもぎたての果物、3年から5年はしっかり熟成しそうです。
まだ、味わいが落ち着いていませんが、今年の夏くらいになると、第1段階で、落ち着いてきそうです。第2段階として、1年後。ガラッと雰囲気が変わると思います。本来のビックビンテージに相応しい個性を見せそうです。3年から5年目にかけては、フレッシュ感は減っていきますが、シャルドネらしい、いい熟成をしそうです。
定点テイスティングで、楽しむのも面白そうです。

■適温は6℃~12℃の間で楽しめると思います。
また、料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。甘口を好む方には、冷やしめの6℃~10℃で。辛口が好きな方であれば12℃ぐらいの高めで。幅広く楽しめるワインだと思います。

合わせる料理としては、食材の味わいを楽しむような和風だしベースの鍋、しゃぶしゃぶやちょっと贅沢に、伊勢海老の刺身。海老の甘味との好相性をみせそうです。また、旬野菜のてんぷらを塩で。濃すぎない味付けの魚料理などなど、素材を軽く味付けして楽しむような料理と好相性を見せると思います。

赤尾

■vol,01 マスカット・ベリーA エステート 2008 

完熟したブドウの濃縮感が魅力のマスカット・ベリーAエステート

どこまでもクリーンでいて濃縮感もあり、上品で高級感のある味わい…。

ビックビンテージに相応しい年となった2008年。
例年になくとてもいい品質に仕上がりました。
幻のビンテージワインに!!期待!!

■詳しい作柄については、こちらから→栽培ブログ

早速、テイスティングコメントを

■黒味を帯びた赤紫色
黒味を帯びた赤紫色がとても魅力的な印象を感じます。色のトーンから見ると深みのある味わいであることも想像できます。

■カカオやカラメルのような香りが楽しめます。
カカオのような香りに加え、カラメルのような甘い香りが第一印象。そして、スミレのような花の香りが立ち、とても上品な香りを演出しています。さらに、ニッケや落ち葉のような森の香りには複雑さを感じ、シソやハーブのような香りには清々しさも感じます。スワリングしていくとチェリーなどの香りも楽しめます。

■綺麗な酸味と余韻が上品。
ファーストアタックは、酸味とタンニン。瞬く間に口全体を支配していきます。中程度のタンニンですが、現段階では、荒々しさをも感じます。しかし、強すぎない酸味が味わいを整えている印象です。その酸味は、余韻まで長く続き、大変心地よく楽しめます。果実味と言ってもいいようなブドウの個性を感じる味わいです。味わいの濃さとしては、とてもクリーンな印象ですので、飲み疲れしない味わいでエレガントさを兼ね備えています。フランス、ロワール地方のカベルネ・フラン、シノンやブルグイユのように感じられます。


■3年から5年はしっかり熟成しそうです。
まだ、味わいが落ち着いていませんが、今年の夏くらいになると、第1段階で、落ち着いてきそうです。第2段階として、1年後。ガラッと雰囲気が変わると思います。本来のビックビンテージに相応しい個性を見せそうです。3年から5年目にかけていい熟成をしそうです。定点テイスティングで、楽しむのも面白そうです。

■適温は12℃~15℃の間で楽しめると思います。
冷やしすぎるとワインの個性を半減させていましますので、やや高めで楽しむと香りも味わいもより深く楽しめそうです。豚肉のソテーや鶏肉の醤油ベースの煮物、濃すぎないソースで食べるステーキをレアで、牛肉のタタキ。さらには、エビチリなどの中華料理と相性がよさそうです。