■vol,01 シャルドネ アンウッディド 2008


あたたかみのある、やや甘口タイプ。フルーティーさが心地よい!

約2年ぶりに待望のリリースとなりました!
しかも、ビックビンテージに相応しい年となった2008年。
例年になくとてもいい品質に仕上がりました。

詳しい作柄についてはこちらの→栽培ブログから。

どこまでもクリーンでいてフルーティー。上品で高級感のある
フルーティースタイルのシャルドネをお楽しみください。

2008 シャルドネ アンウッディドのテイスティングコメント。

■輝きのあるイエロー
輝きのあるイエローをしています。若い色合いで、今後の熟成によって色合も変化して、落ち着いてきそうです。グリーンがかった印象はうすく、ブドウが良く熟したからだと感じます。

■パイナップルやミント、トロピカルな印象を受ける香り
パイナップルのような香りを最初に感じ、トロピカルな印象を受けます。ミントのようなハーブ香も若干感じながら、グラスを回していると、バナナや洋ナシ、リンゴ、さらには、ラフランスに似た香りも感じます。次々と南国の果物の香りが溢れ出してきて、とってもフルーティーです。シャルドネとは思えないほどの華やかさです。

■ラフランスのようなコクのあるフルーティーさ
ほんのりした甘さとフィレッシュな酸味が同時に口全体に心地よく広がります。ラフランスをかじったようなコクのあるフルーティーな味わいで、トロピカルな印象は、味わいからもうかがえます。また、舌から喉へ流れる感じがとてもスムーズで、飲み疲れしません。酸味のアクセントが心地よく、柑橘系の渋み、酸味が味わいを引き締め、グラスを進めてくれます。ブドウの個性がしっかり主張されています。

■今はもぎたての果物、3年から5年はしっかり熟成しそうです。
まだ、味わいが落ち着いていませんが、今年の夏くらいになると、第1段階で、落ち着いてきそうです。第2段階として、1年後。ガラッと雰囲気が変わると思います。本来のビックビンテージに相応しい個性を見せそうです。3年から5年目にかけては、フレッシュ感は減っていきますが、シャルドネらしい、いい熟成をしそうです。
定点テイスティングで、楽しむのも面白そうです。

■適温は6℃~12℃の間で楽しめると思います。
また、料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。甘口を好む方には、冷やしめの6℃~10℃で。辛口が好きな方であれば12℃ぐらいの高めで。幅広く楽しめるワインだと思います。

合わせる料理としては、食材の味わいを楽しむような和風だしベースの鍋、しゃぶしゃぶやちょっと贅沢に、伊勢海老の刺身。海老の甘味との好相性をみせそうです。また、旬野菜のてんぷらを塩で。濃すぎない味付けの魚料理などなど、素材を軽く味付けして楽しむような料理と好相性を見せると思います。

赤尾


2 thoughts on “■vol,01 シャルドネ アンウッディド 2008

  1. wanwanwan says:

    まじ美味しかったです
    宮崎の方からいただいて
    あまりに美味しくって ネットで調べちゃいました

    女の子はぜったいすきと思う
    美味しかったです

    一人でもグイグイいけそうで こわいです・・・

  2. 赤尾 says:

    有難うございます。
    wanwanwanさま
    嬉しいコメント、ありがとうございます。
    優しい甘さで、フルーティーな味わいの
    アンウッドは、特に女性に人気です。
    樽発酵させたシャルドネエステート、アンフィルタードも
    深みのある味わいでたのしめますよ☆
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です