■vol,01 うめわいん 2009


ほんのり甘くて、とても飲みやすく、
酸味と渋味を優しい甘さが包み込み、
ホッとする美味しさです。

さらに、フレッシュ感満点の清々しい香りと
体にやさしい「うめわいん」で!
あち~い夏を乗りきろう♪


テイスティング日時:2009年7月15日

■落ち着いたライトイエロー。
やや緑色がかった、ライトイエロー。うっすらと白色をしていて、ネクターのような濃厚な印象を受ける、落ち着いた色合いをしています。


■桃やバナナに似た甘い香りが楽しめます。
まだまだ、若い印象を受けるほど微炭酸を感じます。そして、溌剌とした果物の香りがグラスから次々と溢れてきます。桃やバナナに似た甘い香りを中心として、チェリーやプラムのような香りも感じます。さらに、梅由来の心地よい香りは、高級感もあり、清々しい感じを受けます。

■梅自信のコクや旨みを感じる味わい。
口に含むと、しっとりと滑らかな口当たりで、優しい甘さが口全体に広がります。さらに、フレッシュ感ある爽やかな酸味が横に広がり、特に今年は梅自信のコクや旨みを強く感じます。終盤にかけて、何とも言えない苦味が余韻を構成。これは、柑橘類を食べた後に感じる清々しさにも似ていて、口の中を楽しませてくれます。


■暑い夏を旬な食材とうめワインで。
飲みごろ温度としては、8度~10℃。味わいのメリハリがつきますので、冷やしてお召し上がりください。食前酒や食後酒としても、夏の旬な魚、スズキや鰺などのソテーやムニエルとも合いそうです。また、夏野菜の素揚げのてんぷら、夏トマトの新鮮サラダにもよい相性をみせそうです。夏の甲殻類ダクマエビや三つ星蟹とも試してみたいワインです。

■熟成したうめワインも非常に美味しい。
今後は、このフレッシュ感満点の状態から徐々に減っていくと思いますが、甘さと酸味がしっかりしているので、熟成も期待できます。この数年の梅を見ていると、熟成したうめワインも非常に美味しいです。冬時期にかけて、落ち着いた味わいに変化するのが楽しみです。

■リリース情報 うめワイン こちらから。
■お求めは、オンラインショッピングへ

赤尾誠二


■Vol,01 スパークリングワイン うめ 2009


心地よい爽快感が酸味と渋みで奏でられ、
優しい甘さがそれらを包み込むような味わい…。
あ~とっても爽やか・・・♪
暑い夏を吹っ飛ばせ!!

2009年うめスパークいよいよリリース!

テイスティング日時:2009年7月15日

■見た目にも清々しいスパークリング。
勢いよく立ち上る泡と鎖のように連なりながら立ち上る泡を見ていると、何とも清々しい印象を受けます。また、ネクターのような白色の混じったライトイエローは、落ち着きがあり、今年のうめわいん特徴です。


■爽快な感じと清々しさが全開!
気泡とともに立ち上る香りは、柑橘系の香りが目立ち、とても爽快な感じを受けます。さらに、リンゴやライムのような香りに清々しさを感じ、爽快な感じと清々しさが全開で楽しめます。また、桃やバナナのような甘い果実の印象もしっかりと主張されて、炭酸によって香りの雰囲気が変わる、楽しいスパークリングワインです。

■炭酸の刺激と優しい甘さが見事に調和。
口に含むと心地よい炭酸の刺激と優しい甘さが見事に調和し、梅由来の酸味が口の中をさらに爽やかにしてくれます。非常に梅の風味が心地良く前面で感じ、バランスのよい味わいです。気持のよい爽快感が酸味と渋みで奏でられ、優しい甘さがそれらを包み込むような口あたりです。炭酸のアクセントがアフターに繋げてくれ、グレープフルーツを食べた後のような心地よさをいつまでも感じさせてくれます。

■スッキリ爽やかで暑さを吹っ飛ばす!
飲みごろ温度としては、8度~10℃。味わいのメリハリがつきますので、冷やしてお召し上がりください。食前酒や食後酒としても、お楽しみいただけるワインです。
酸味の効いた、旬な魚のカルパッチョや酢豚などの中華、さっぱり夏の豚肉料理など、酸味の効いた料理との相性がとても良さそうです。オードブルはもちろん、炭酸が含まれることによっていろんな料理との相性を広げてくれそうです。パーティーにもってこいのワインです。

■梅由来の酸味が熟成の可能性を開く。
梅由来の酸味が熟成を綺麗に促しそうです。1年ほどはフレッシュ感満点でお楽しみいただけると思います。その後も酸味と甘さのバランスが熟成の可能性を開かせてくれそうです。

■リリース情報 うめスパ こちらから

■お求めは。オンラインショッピングへ

赤尾誠二