■Vol,01 スパークリングワイン マンゴー 09

宮崎マンゴー100%。ほんのり甘い、大人のスパークリングワイン


テイスティング日時:2009年9月16日

■イエローパールのような高級感ある色合い。
例年に比べ、艶のある明るいイエローをしています。マンゴー果肉の濃い黄色というよりは、リンゴジュースやイエローパールのような高級感ある色合いをしています。また、ワインのグラス底からは、炭酸の泡がゆっくり連なりながら綺麗に立ち上ります。

■マンゴーに加え、ライチや桃などの甘い香りが心地よい。
マンゴーの香りに加え、ライチや桃などの甘い香りを前面に感じます。次にオレンジのような香りも感じます。この柑橘系の香りが、爽快感を演出してくれます。複雑で甘い香りは、南国のイメージを連想させられます。

■炭酸と甘さのバランスが良く酸味が爽やか。
口に含むと、炭酸の心地よい刺激と桃のネクターのようなトロリとした粘性が良いバランスで広がり、マンゴーの風味と甘みとが一緒になって広がってきます。終盤にかけて、程よい酸味が味わいのバランスを整えてくれ、爽やかな余韻を楽しませてくれます。


■楽しみ方。
よーく冷やしてお楽しみください。
8~12℃と若干低めに冷やしたほうが楽しめます。食前、食後のデザートワインとしても楽しめますし、甘さは強すぎないのでシーフード料理とも良い相性をみせそうなマンゴーのスパークリングワインです。

■リリース情報 こちらから。
■お求めは、オンラインショッピングへ

赤尾誠二

■Vol,01 スパークリングワイン パッションフルーツ 09

7つの果物の香りを持つと言われる、パッションフルーツのワイン


テイスティング日時:2009年9月16日

■キラキラと輝きのあるライトイエロー。
キラキラと輝きのあるライトイエローの中に、高級なオリーブオイルのようなグリーンのニュアンスもあります。また、グラス底からは、小さな炭酸の泡が途切れることなく溢れ出してきます。

■様々な香りが強く解き放たれ、まさにトロピカル
炭酸とともにパッションフルーツの持つ様々な香りが強く解き放たれてきます。特に、前面に感じる香りは、メロン、洋ナシ、パイナップル、青リンゴなどの甘い香り。さらに、キンモクセイやシトラスのような華やかな香りも感じます。まさにトロピカル。パッションフルーツそのものといった印象です。
また、ドイツワインの高級なリースリング、ミュラートルガウ、ゲベルツトラミナールに似たような香りも持つパッションフルーツのスパークリングワインです。

■南国のイメージが膨らむ味わい。
トロッとしていて、ほんのり甘く、心地よい苦味が口の中に広がってきます。パイナップルのような甘味と酸味が、大変心地よく、南国のイメージが膨らむ味わいです。さらに、甘夏のような苦みと炭酸の爽やかな口あたりが味わいのアクセントになり、甘さを引き締め、余韻をいつまでも楽しませてくれます。


■楽しみ方。
よーく冷やしてお楽しみください。
8~12℃と若干低めに冷やしたほうが楽しめると思います。食前、食後のデザートワインとしても楽しめます。果物やスイーツとの相性も良いと思いますので、デザート感覚で楽しめるパッションフルーツのスパークリングワインです。
フルーツ系のソースを絡めて食べるチョコケーキとの相性もよさそうです。

■リリース情報 こちらから。
■お求めは、オンラインショッピングへ

赤尾誠二