■Vol,01 2009 シャルドネ アンウッディド

とってもフレッシュ&フルーティーなシャルドネ

幸せになれる香りと癒される味わいで、女性に大人気

ビックビンテージに相応しい作柄となった2009年
高いポテンシャルを秘めた希少なワインの発売です☆彡
シャルドネ アンウッディド やや甘口 いよいよリリース!
2010年3月20日より、受付は、3月17日より開始いたします。

■ビンテージレポート2009
ビックビンテージに相応しい条件が整った2009年。春先の萌芽から開花時期まで寒暖の差に恵まれ、非常に良い初期生育を見せました。また、梅雨時期も雨が少なく乾燥気味の気候が続き、小粒で濃縮感のあるブドウに育ちました。このアンウッディドのシャルドネは、酸味がしっかりしていることも大切な条件になります。定期的に分析をして熟度を把握しながら収穫することができました。

■メイキングレポート2009
収穫後良質な果汁のみを低温発酵(15度)で3週間行いました。発酵終了後、直ちにオリ引き。その後6ヶ月間タンク熟成しました。シャルドネ アンウディッドは、シャルドネの果実そのものが試されるワイン。凝縮した果実味、華やかな芳香を感じます。 搾汁方法や酵母の選択など、ブドウの持っている力を最大限に表現するために、たくさんの選択肢の中から、小さな決断をたくさんしてきました。

テイスティング日時:2010年03月10日

■輝きのある淡いレモンイエロー
輝きのある淡いレモンイエローをしています。透明感の高いクリアーな色合いで、グリーンのニュアンスを感じないので、見た目からでもブドウがよく熟していたことが伺えます。

■とっても華やかで清々しく、癒される香り
スッキリとした柑橘系の清々しい香りが第一印象。少しグラスを回してみると、青リンゴやライチ、モモなどの甘い果物の香りが華やかに立ち上ります。さらに、ミントやライム、レモンのような清々しい香りとキンモクセイ、ユリ花のような華やかな香りが次々に顔を覗かせます。とっても華やかで清々しく、癒される香りです。

■ラフランスを連想させられるフルーティーな味わい
優しい甘さと心地よい酸味が口いっぱいに広がり、とても優しいファーストアタック。ラフランスを連想させられるほどフルーティーな味わいです。さらに、果実味が豊かで甘さと酸味のバランスが絶妙。余韻も長く、舌に残る酸味が味わいを引き締めながら良いアクセントを奏でています。

■熟成も楽しみです。
今年のアンウッディドは、フルーティーさと味わいのバランスが絶妙なので、今から半年から1年ほどが最もフレッシュ&フルーティーな状態で楽しめると思います。1年を過ぎると酸味の角がとれ、まろやかになりはじめると思います。まろやかさと甘さが2年後、3年後どのように変化するのか、熟成も楽しみです。

■適温は8℃~12℃の間で楽しめると思います。
料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。甘口を好む方には、冷やしめの8℃前後で。辛口が好きな方であれば12℃ぐらいの高めで。幅広く楽しめるワインだと思います。

合わせる料理としては、旬魚のカルパッチョや旬野菜のテンプラを塩で!また、食材の味わいを楽しむような和風だしベースの鍋、しゃぶしゃぶやちょっと贅沢に、伊勢海老の刺身。海老の甘味との好相性をみせそうです。素材を軽く味付けして楽しむような料理と好相性を見せそうです。

■リリース情報 こちらから。

■お求めは、オンラインショッピングへ

赤尾

■Vol,01 2009 マスカット・ベリーA エステート

完熟ブドウの魅力が奏でる味わい深いワイン

華やかな香りと上品な酸味とタンニンのバランスが絶妙

ビックビンテージに相応しい作柄となった2009年
高いポテンシャルを秘めた希少なワインのリリース
2010年3月20日より、受付は、3月17日より開始いたします。

■ビンテージレポート2009
ビックビンテージに相応しい条件が整った2009年。春先の萌芽から開花時期まで寒暖の差に恵まれ、非常に良い初期生育を見せました。また、梅雨時期も雨が少なく乾燥気味の気候が続き、小粒で濃縮感のあるブドウに育ちました。完熟したマスカット・ベリーAの魅力は、濃縮感と華やかさ。台風が来なかった2009年は、熟度をあげることができ、良質な完熟ブドウのみを収穫することができました。


■メイキングレポート2009
醸造では、色やフルーティーな香りを引き出すために、2日間ほど低温で果実を浸漬した後、かもし発酵を行いました。 また、しっかりとした色と味わいの複雑さを出すために、酵母は2種類使用。発酵の温度は、後半にかけて30℃を超えないようコントロールし、パンチダウン、ポンプオーバーを併用し発酵をすすめてきました。発酵終了後は、色や風味を大事にしながら、6ヶ月間タンク熟成をしてきました。そして、味わいを損なわないよう、瓶詰しました。

テイスティング日時:2010年03月10日

■魅力的な淡い赤紫色
淡い赤紫色をしていて、グラスを傾けた中心部は、若干の黒みも感じる魅力的な色合いです。グラス底がしっかり見えるので、色合いから、軽やかなイメージも連想できます。

■ベリー系の香りを中心に上品な香り
ベリー系の香りを中心にチェリーやカカオのような甘い香りが重なり合いながら調和しています。さらに、スミレのような花の香りが立ち、上品な香りを演出しています。後半、紅茶やニッケ、落ち葉のような香りにも複雑さを感じさせられ、清々しい印象です。

■上品な酸味と柔らかいタンニンが絶妙。
上品な酸味と柔らかいタンニンのバランスが絶妙。そして、骨格のしっかりした果実味も口の中で心地よく広がります。さらに、キメの細かい、柔らかいタンニンが心地よいボディーを構成し、果実味とともに上品さを演出しています。飲み疲れしない味わいは、軽やかでありながらも骨格をしっかり感じます。今年は、ブドウの個性を満喫できる味わいで、余韻も長く楽しめます。


■3年から5年はしっかり熟成しそうです。
果実味がしっかりしているので、熟成にも期待できそうです。現時点でも十分楽しめる状態に仕上がっています。このワインが1年経つと柔らかいタンニンがどのように変化してくるのかがとても楽しみです。素直に良い年の果実の個性がでているので、3年から5年かけて良い熟成をしていきそうです。

■適温は12℃~15℃の間で楽しめると思います。
冷やしすぎるとワインの個性を半減させていましますので、やや高めで楽しむと香りも味わいもより深く楽しめそうです。
豚肉や鶏肉のワインを使った煮物、鳥肉や牛肉のタタキ。さらには、シンプルなトマトベースのパスタとも相性がよさそうです。

■リリース情報 こちらから。

■お求めは、オンラインショッピングへ

赤尾