■vol,01 2012 キャンベル・アーリー ドライ


●オレンジがかった淡いロゼ色 
色のトーンは例年に比べて淡く、オレンジがかったロゼ色です。アセロラや熟した柿のようなニュアンスも感じます。軽やかなロゼ色はキラキラと輝いています。


●イチゴキャンディーのような甘い香り
イチゴキャンディーのような甘い香りに加え、モモやリンゴのような香りも楽しめます。中盤のオレンジなどの柑橘類の香りに爽やかさを感じます。終盤、紅茶のようなニュアンスとミントのような香りに複雑さと爽やかさを感じさせられます。


●ドライなのにコクも感じる味わい!
爽やかな酸味が口全体に心地よく広がり、甘さも無くドライな味わいです。しかし、酸味が口に広がった後は、旨味を感じるようなコクも楽しめます。このコクとキュートな酸味のバランスが心地よく楽しめます。また、野イチゴを食べたような味わい深い酸味が余韻を長く楽しませてくれます。

●食中酒として最適。なくてはならない新しい1本
飲み頃は、8℃~12℃。飲みあきない口当たりですので、酸味もしっかりありますので、食中酒として最適です。ポン酢やネギ、玉ねぎをたっぷりのせた、鶏の刺身やタタキなどとも良い相性をみせます。ランチからディナーまで!この1本で幅広く楽しめます!

■Sweet Tsuno  スイートツノ


エレガントな極上の甘口ワイン
新たな歴史がはじまる!デザートワイン

●若干のゴールドのニュアンスを持つイエロー
若干のゴールドのニュアンスを持つイエロー。輝きのある色合いにうっとりします。緩やかに動く液面からも粘性を感じます。


●蜂蜜のような甘い香りと爽やかさも楽しめる
蜂蜜のような甘い香りと白い花の蜜のような香りとミントのような爽やかな香りに高級感を感じます。また、アンズやドライフルーツのような複雑で楽しめる香りも良いバランスで重なり合っています。

●トロッとした口あたりと心地よい酸味が絶妙
トロッとした粘性のある口あたりと心地よい酸味が絶妙なバランスです。洋梨のシロップ漬けや蜂蜜なども連想させられ、オレンジンやキンカンのような爽やかな味わいも楽しめます。


●キリッと冷やして、デザートワインに。
デザート感覚で、キリッと8℃くらいまで冷やしてから、お楽しみくださいませ。食前または、食後にピッタリのデザートワイン。特に、イチゴ、リンゴ、ナシ、モモ・・・。果物全般と良い相性を見せそうです。また、日向夏のシャーベットや洋ナシのタルトといった、ほんのり甘く、酸味のあるスイーツとも楽しめそうです。

さらに、デザートワインの定番、ブルーチーズにハチミツをかけた、おつまみとも良い相性を見せそうです。食中に楽しむ場合、酢豚などの甘酸っぱい料理とも楽しめそうなワインです。

※Sweet Tsunoについて
「Sweet」は甘口のワインという意味のほかに、優しい・思いやりのある・親切な・心地の良い・素敵な・大切な・かわいらしい、などの意味があります。そこで、大切な都農、親切な都農という意味を込めて、Sweet Tsunoとしました。

※ラベルについて
ラベルはルージュをイメージして、バラをモチーフにしました。都農ワインラベル定番の尾鈴山のシルエットと口紅のような真っ赤なイメージになっています。高級感のあるラベルとボトルにしました。