■Vol,01 シャルドネ アンウッディド 2011

とっても、フレッシュ&フルーティー

[ビンテージレポート2011]
冬から春先にかけて、少雨傾向が続き、乾燥した状況が続きました。その結果遅めの萌芽となり、多少のばらつきが出ました。5月と7月には、台風の影響を受け、6月には長雨が続き、決して良いビンテージとは言えない状況でした。ただ、7月以降は晴天に恵まれ、
少しずつ熟度が上がってきました。完熟まで待てませんでしたが、厳しい選果を行い、酸味のイキイキとしたフレッシュ感あるブドウを収穫できました。

■テイスティングコメント!


■輝きのあるライトイエロー
輝きのあるライトイエローをしていて、クリアーな色合いです。グラスを回すと、宝石のようなキラキラとした輝きをみせます。

■とってもフルーティーで清々しい香り
開栓直後は、ビスケットのような香りがしますが、グラスを回すと一変します。洋ナシや青リンゴのような爽やかな香りが立ち上ります。次に、青草やハーブのような香りが重なりながら、終盤には、ライチやパイナップルのような甘い香りが楽しめます。とってもフルーティーで清々しい香りです。

■スッキリしていてフルーティーな味わい
爽やかな酸味と優しい甘さのバランスがよく、爽快感のある口あたりです。甘すぎないので、スッキリとしていて、フルーティーな味わいに癒されます。グレープフルーツやオレンジを連想するような余韻が口の中を長く支配して心地よいです。


■熟成も楽しみです。
今年のアンウッディドは、フルーティーさと味わいのバランスが絶妙なので、今から半年から1年ほどが最もフレッシュ&フルーティーな状態で楽しめると思います。1年を過ぎると酸味の角がとれ、まろやかになりはじめると思います。まろやかさと甘さが2年後、3年後どのように変化するのか、熟成も楽しみです。

■適温は8℃~12℃の間で楽しめると思います。
料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。甘口を好む方には、冷やしめの8℃前後で。辛口が好きな方であれば12℃ぐらいの高めで。幅広く楽しめるワインだと思います。

合わせる料理としては、旬魚のカルパッチョや旬野菜のテンプラを塩で!また、食材の味わいを楽しむような和風だしベースの鍋、しゃぶしゃぶやちょっと贅沢に、伊勢海老の刺身。海老の甘味との好相性をみせそうです。素材を軽く味付けして楽しむような前菜料理と好相性を見せそうです。

2012.3.21 赤尾誠二

■Vol,01 マスカット・ベリーA エステート 2011 

完熟ブドウの魅力が奏でる深い味わい!


冬から春先にかけて、少雨傾向が続き、乾燥した状況が続きました。その結果遅めの萌芽となり、多少のばらつきが出ました。5月と7月には、台風の影響を受け、6月には長雨が続き、決して良いビンテージとは言えない状況でした。ただ、7月以降は晴天に恵まれ、
少しずつ熟度も上がり、糖度も上昇。厳しい選果を行い、完熟ブドウのみを仕込みました。

■テイスティングコメント!

■軽やかな淡い赤紫色
軽やかな印象の淡い赤紫色をしていています。グラスの回りには、輝きのある赤紫色がとてもキレです。色合いのトーンは例年より淡いですが、しっかりとした印象も受けます。。

■ベリー系の香りを中心に上品な香り
チェリーやカカオに加えて、キャラメルのような香りを最初に感じます。次に、イチゴやブルーベリーのような甘い香りも重なり合い、心地よい香りを構成しています。さらに、ニッケやスパイスのような複雑で上品な香りも楽しめます。

■上品な酸味と柔らかいタンニンが絶妙。
イキイキとした果実味が口の中で心地よく広がり優しいタンニンと良いバランスをとっています。優しくて、軽やかな味わいが今年の特徴です。チャーミングで品のある味わいで口飽きさせません。華やかな余韻が綺麗で長く楽しめます。


■3年から5年はしっかり熟成しそうです。
果実味がしっかりしているので、熟成にも期待できそうです。現時点でも十分楽しめる状態に仕上がっています。このワインが1年経つと柔らかいタンニンがどのように変化してくるのかがとても楽しみです。素直に良い年の果実の個性がでているので、3年から5年かけて良い熟成をしていきそうです。

■適温は12℃~15℃の間で楽しめると思います。
冷やしすぎるとワインの個性を半減させていましますので、やや高めで楽しむと香りも味わいもより深く楽しめそうです。鶏肉の醤油ベースの煮物、濃すぎないソースで食べるステーキをレアで、鳥肉、牛肉のタタキ。さらには、シンプルなトマトベースのパスタとも相性がよさそうです。

2012.3.21 赤尾誠二