■Vol,01 シャルドネ アンウッディド 2013


'13-2bIMGP6135■テイスティング日時:2014.3.14

輝きのあるライトイエロー
輝きのあるライトイエローをしています。キラキラと輝きがあり、クリアーな印を受けます。若さのある色調ですが、強さも感じ取れます。
'13-2bIMGP6148とてもフルーティーで癒される香り
パイナップルやラフランスのような香りが第一印象。さらに、青りんごや白い花を連想させられる香りがとても華やかで癒されます。また、ライチやマンゴーのような甘い香りも楽しめ、終盤にかけて、日向夏などの柑橘類のような香りも楽しめます。とてもフルーティーで癒される香りです。

フレッシュでフルーティーな味わい
とってもフレッシュ感ある口あたりです。ギュッと凝縮された果実味と優しく癒される甘さのバランスが非常によく、一体感があります。粘性を感じるようなボリューム感もあり、爽やかな酸味と苦味がアクセントになり、フルーティーな味わいを構成しています。また、余韻も長く、日向夏などの柑橘類を連想させられるような心地よさが楽しめます。

'13-2bIMGP6835熟成も楽しみです。
アンウッディドは、フルーティーさと味わいのバランスが絶妙なので、フレッシュ感も今から十分楽しめますが、シャルドネらしい熟成香も3年後くらいから楽しめそうです。

適温は8~12の間で楽しめると思います
理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。合わせる料理としては、旬魚のカルパッチョや旬野菜のテンプラを塩で!また、食材の味わいを楽しむような和風だしベースの鍋、しゃぶしゃぶやちょっと贅沢に、伊勢海老の刺身。海老の甘味との好相性をみせそうです。素材を軽く味付けして楽しむような前菜料理と好相性を見せそうです。

赤尾

 


■Vol,01 マスカット・ベリーA エステート 2013


'13-2bIMGP6152■テイスティング日時:2014.3.14

■黒みを帯びた赤紫色
黒みを帯びた赤紫色をしています。例年に比べ、やや色調が強い印象を受けます。グラスを傾けると色のグラデーションが何層にも重なり合い、上品な印象も受ける色合いです。

'13-2bIMGP6162

■森の香りと赤や黒い果物の香りが複雑で上品
雑木林の枝や落ち葉、腐葉土のような森の香りに加え、チェリーやラズベリー、プラムなどの赤や黒い果物の香りが楽しめます。複雑で上品な香りです。中盤、カラメルやカカオのような甘い香りが支配しながら、樽やニッケ、シナモンのようなスパイス的なニュアンスも顔を覗かせます。

■タンニンと果実味が上質さと力強さを演出
口に含むとタンニンのキレと果実味が調和しながら口の中で心地よく広がり良いバランスを魅せてくれます。また、ガチッとした印象もあり、凝縮感も楽しめます。今年の特徴は、キレのある味わいの中に豊かな果実味のバランスが、上質さと力強さを演出しています。また、華やかな余韻が綺麗で長く楽しめます。

'13-2bIMGP6852

3年から5年はしっかり熟成しそうです。
果実味がしっかりしているので、熟成にも期待できそうです。現時点でも十分楽しめる状態に仕上がっています。果実味が豊かですので、3年から5年かけて良い熟成をしていきそうです。

適温は12~15の間で楽しめると思います
冷やしすぎるとワインの個性を半減させていましますので、やや高めで楽しむと香りも味わいもより深く楽しめそうです。鶏肉の醤油ベースの煮物、濃すぎないソースで食べるステーキをレアで、鶏肉、牛肉のタタキ。さらには、シンプルなトマトベースのパスタとも相性がよさそうです。


赤尾


■Vol,01 プライベートリザーブ ソーヴィニヨン・ブラン 2013


img_wine_27_01都農ワインの白ワイン 新参者登場 !!
和食にぴったり!! ソービニヨン・ブラン
華やかで清々しい香りと爽やかで厚みのある味わいです!

■ソーヴィニヨン・ブラン プライベートリザーブ2013
2,800円/本(税込)
オンラインショッピングへは、こちらから↓↓オンラインショップバナー小

'13-2bIMGP5714テイスティング:2014.2.24
[イグサが日焼けしたような、淡いイエロー]
イグサが日焼けしたような、淡いイエローをしています。
また、粘性を感じるような液面の動きをみせますが、クリアーな色合いです。

'13-2bIMGP5737[爽やかさと若草の香り]
洋梨や桃、リンゴのような爽やかな香りに加え、若草や新芽のようなグリーンのニュアンスが心地よく香ります。また搾りたてのライムやレモンのような柑橘系の香りもフレッシュ感があり楽しめます。

[フレッシュ感満点]
爽やかな酸味が口全体を駆け抜けフレッシュ感満点。旨味を感じるような粘性も感じるので、味わいに厚みがあります。また、辛口なのでキレもあり、ライムのような青い柑橘類を口にしたような清々しさも口の中に残ります。余韻が爽やかで心地よく続きます。

'13-2bIMGP5723[熟成による期待]
フレッシュ感を満喫できるのは、これから1年~2年。その後は、熟成による味わいの変化も期待できます。

13-2bIMGP2740[適温は8℃~12℃の間がおすすめです!]
冷やしすぎると香りが立ちにくいので、10℃前後が良い温度帯になるかと思います。また、料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。

合わせる料理としては、和食全般に相性抜群です。旬魚の和風カルパッチョやマリネ、旬野菜のテンプラとも良い相性をみせます。また、魚介類をふんだんに使ったパスタやピザなどとも良い相性をみせます。ぜひ、お楽しみ下さいませ。