■Vol,01 シャルドネ アンフィルタード


'16-b2IMGP8439重厚な味わいと華やかな余韻が楽しめる。
最良の単一畑、6耕区のシャルドネから生まれた、
都農ワインの逸品。 シャルドネ アンフィルタード

2015年は厳しい作柄ながらも例年並みのクオリティーをみせています。
樹齢20年のシャルドネの魅せる深みのある味わい。

■テイスティング 2016.4.29
'16-b2IMGP8442やや強めのイエロー
やや強めのイエローをしていて、透明感があります。グラスを傾けると輝きのある色調が綺麗です。エステートよりも若干色調が強く、ブドウの熟度が高かったことも伺えます。

■フルーツの香りと樽の香りが重なり合う
アンズやリンゴの蜜、洋ナシのような甘いフルーツの香りが第一印象。次に樽やナッツのような香りが重なりあいながら香りに上品さを持たせています。グラスを回すとバターやヨーグルトのような乳製品の香りを感じ、複雑で華やいだ香りを演出しています。

'16-b2IMGP8440■第一印象はとてもドライで、イキイキ
心地よい酸味、果実味が口全体に広がり、コクのある味わいがまとまり、重厚感を感じます。ミネラル感も十分楽しめて、リッチな味わいです。まだ硬さのある味わいですが、重厚感と果実味のバランスが良く凝縮感も感じます。余韻も長く、柑橘類を口にしたような爽やかさも楽しめます。

■熟成にも期待大!
現時点では、まだまだ閉じていて、硬さを感じる印象ですが、グラスを回すたびに変化する香りや濃縮感ある綺麗な味わいから考えると、熟成は大変期待できそうです。
今でも楽しめる華やかさもありますが、清酒の生酒のように、保存に気をつけながら、ビン熟成による変化も楽しみです。

'15-bIMGP0167竹の子や山菜の天ぷらと良い相性を見せそう!
特に、竹の子や山菜の天ぷらと良い相性を見せそうです。他にも旬魚のバターソテー、アサリのバター炒め、アスパラガスと新ジャガのグラタンなどとも楽しめそうです。
冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!


■Vol,01 シャルドネ エステート


'16-b2IMGP8426味わい深い酸味が心地よく、濃縮感が最高!
樽発酵、樽熟成の正統派 シャルドネ エステート。

2015年は厳しい作柄ながらも、良質なクオリティーを
発揮しています! 樹齢22年 シャルドネ5区のワインです。

■テイスティングコメント 2016.4.29'16-b2IMGP8431輝きのあるイエロー
輝きがありクリアーな色合いのイエローをしていて、若さも感じる色調です。グラスを傾けるとキラキラと光輝き、透明感のある色あいです。

■柑橘系の香りが第一印象
熟したオレンジや日向夏といった柑橘系の香りが第一印象。次にパイナップルやメロン、モモのような甘い香がナッツや樽の香りと綺麗に重なりあい楽しめます。グラスを回すと香りがゆっくり開きはじめ、青リンゴやヨーグルトのような乳製品の香や火打石、ハチミツのような香りも複雑に感じます。まだまだ若さのある印象です。

'16-b2IMGP8429■フレッシュで引き締まるような酸味
フレッシュ感のある酸味が口全体に広がり爽やかな印象。優しい甘さを感じるような口あたりと硬さのある果実味、ミネラル感が味わいの骨格を作りながらよいバランスをみせています。樽の雰囲気も心地よく口飽きません。余韻は中程度で、硬さのある味わいから、まだ若い印象があります。

■時間をかけて徐々に開きそうです
酸味と果実味が綺麗に主張しているワインですので、3年から5年かけて熟成のピークに向かう印象を受けます。今後のビン内で熟成が楽しみです。

'15-bIMGP0182さっぱりした料理と良い相性
旬魚のカルパッチョや地鶏のタタキ、鯵のマリネ。そして、山菜の天ぷらや煮物。旬野菜や魚のテリーヌ。豚シャブやせいろ蒸しなどさっぱりした料理と良い相性を見せそうです。
冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!