Vol,01 スパークリングワイン うめ


'15-bIMGP7646スッキリとした喉ごし、爽快感満点の 梅のスパークリングワインです。
キンキンに冷やして、この夏1番のオススメ!梅スパ!

'15-bIMGP1393透明感あるイエローに綺麗な泡。
グラスに注ぐと、シュワシュワーッと立ち上る泡に爽快感も感じます。落ち着きのあるイエローをしていて、ゴールドのニュアンスも感じます。プチプチッと泡のはじける可愛らしい音がなんとも言えません。

柑橘系の香りと甘い香りが楽しめます!
立ち昇る泡とともに、フレッシュなレモンやライムなどの柑橘系の香りが楽しめます。モモやライチ、ドライプラムなどの甘い香りも重なるように楽しめます。とても爽やかな香りです。

口の中に広がる爽快感が心地よい
心地よい炭酸と梅の爽やかな酸味が口全体に広がります。シャキッとした酸味とそれを包み込むような、ほのかな甘味が絶妙なバランスを奏でます。最後はほんのりとした苦味が後味を引き締めてくれ、爽快感満点のワインです。

'15-b竜田揚げ爽快感と酸味が食を進めてくれます!
竜田揚げのクリスピーな食感と梅の酸味とスパークリングの爽快感がとても良い相性をみせます。また、夏定番のバーベキューと一緒に試してみてはいかがでしょう。皆との楽しい時間をさらに盛り上げてくれること間違いなし!
54cb65c5f62f669fe0931cea18f0c725


■Vol,01 スパークリングワイン うめ


ワイン醸造家が造る「梅のワイン」
梅酒と違う点は、「梅の果実を発酵させて」造るところです。

発酵という過程で育まれるのは、華やかさと爽やかさです。
ワインらしさを兼ね備えた、「梅のワイン」をお楽しみください!

スッキリとした喉ごし、爽快なワインです。
キンキンに冷やして、この夏1番のオススメ!梅スパ!

■テイスティングコメント
透明感あるイエローに綺麗な泡のクリスタル
グラスに注ぐと、シュワシュワーッとハジケル、クリスタルのような泡が立ちあがります。耳を澄ますとプチプチッと泡のはじける可愛らしい音がなんとも言えません。見ているだけで幸せになるワインです。

泡から立ち昇るフレッシュな柑橘系の香り
シュワーッと立ち昇ってくる泡からフレッシュなオレンジやレモンなどの柑橘系の果物の香りが放たれてきます。モモや梨などの甘い香りも楽しめ、とっても爽やかな感じです

口の中に広がるシュワーッとした爽快感
心地よい炭酸が口の中一杯に広がり、シャキッとした酸味とそれを包み込むような、ほのかな甘味が絶妙なバランスを奏でます。最後はほんのりとした苦味が後味を引き締めてくれ、喉ごし満点のワインです。


  
夏の定番バーベキューにおすすめ!
爽快な泡の喉ごし、シャキッとした酸味、心地よい甘味、そしてほのかな苦味の余韻。
暑い夏にはうってつけのワインです。夏定番のバーベキューと一緒に試してみてはいかがでしょう。皆との楽しい時間をさらに盛り上げてくれること間違いなし!

赤尾誠二


■Vol,01 スパークリングワイン うめ 2010


フレッシュで爽やか。爽快感満点のスパーク!

シュワーッとした炭酸と、シャキッとした酸味、そしてほのかな甘味が絶妙なバランス!
キンキンに冷やしたうめスパを飲んで、この夏はスッキリ爽やかな気分になろう!


透き通った淡いイエローに綺麗な泡のクリスタル
グラスに注ぐと、若々しく透き通った淡いイエローに、シュワシュワーッとクリスタルのような泡が立ち昇ってきます。耳を澄ますとプチプチッと泡のはじける可愛らしい音がなんとも言えません。見ているだけで幸せになるワインです。


泡から立ち昇るフレッシュな柑橘系の香り
シュワシュワーッと立ち昇ってくる泡からフレッシュなオレンジやレモンなどの柑橘系の果物の香りが放たれてきます。モモや梨などの甘い香りも楽しめ、とっても爽やかな感じです。

口の中に広がるシュワーッとした爽快感
シュワーッとした心地よい炭酸が口の中一杯に広がり、シャキッとした酸味とそれを包み込むようなほのかな甘味が絶妙なバランスを奏でます。最後はほんのりとした苦味が後味を引き締めてくれ、喉ごし満点のワインです。
  

夏の定番バーベキューにおすすめ!
爽快な泡の喉ごし、シャキッとした酸味、心地よい甘味、そしてほのかな苦味の余韻。
このじめじめした暑い夏にはうってつけのワインです。夏定番のバーベキューと一緒に試してみてはいかがでしょう。皆との楽しい時間をさらに盛り上げてくれること間違いなし!

香月


■Vol,01 スパークリングワイン うめ 2009


心地よい爽快感が酸味と渋みで奏でられ、
優しい甘さがそれらを包み込むような味わい…。
あ~とっても爽やか・・・♪
暑い夏を吹っ飛ばせ!!

2009年うめスパークいよいよリリース!

テイスティング日時:2009年7月15日

■見た目にも清々しいスパークリング。
勢いよく立ち上る泡と鎖のように連なりながら立ち上る泡を見ていると、何とも清々しい印象を受けます。また、ネクターのような白色の混じったライトイエローは、落ち着きがあり、今年のうめわいん特徴です。


■爽快な感じと清々しさが全開!
気泡とともに立ち上る香りは、柑橘系の香りが目立ち、とても爽快な感じを受けます。さらに、リンゴやライムのような香りに清々しさを感じ、爽快な感じと清々しさが全開で楽しめます。また、桃やバナナのような甘い果実の印象もしっかりと主張されて、炭酸によって香りの雰囲気が変わる、楽しいスパークリングワインです。

■炭酸の刺激と優しい甘さが見事に調和。
口に含むと心地よい炭酸の刺激と優しい甘さが見事に調和し、梅由来の酸味が口の中をさらに爽やかにしてくれます。非常に梅の風味が心地良く前面で感じ、バランスのよい味わいです。気持のよい爽快感が酸味と渋みで奏でられ、優しい甘さがそれらを包み込むような口あたりです。炭酸のアクセントがアフターに繋げてくれ、グレープフルーツを食べた後のような心地よさをいつまでも感じさせてくれます。

■スッキリ爽やかで暑さを吹っ飛ばす!
飲みごろ温度としては、8度~10℃。味わいのメリハリがつきますので、冷やしてお召し上がりください。食前酒や食後酒としても、お楽しみいただけるワインです。
酸味の効いた、旬な魚のカルパッチョや酢豚などの中華、さっぱり夏の豚肉料理など、酸味の効いた料理との相性がとても良さそうです。オードブルはもちろん、炭酸が含まれることによっていろんな料理との相性を広げてくれそうです。パーティーにもってこいのワインです。

■梅由来の酸味が熟成の可能性を開く。
梅由来の酸味が熟成を綺麗に促しそうです。1年ほどはフレッシュ感満点でお楽しみいただけると思います。その後も酸味と甘さのバランスが熟成の可能性を開かせてくれそうです。

■リリース情報 うめスパ こちらから

■お求めは。オンラインショッピングへ

赤尾誠二


■Vol,01 スパークリングワイン うめ 2008 


5月下旬に仕込んだ梅がいよいよボトル詰され、
7月19日より、いよいよリリース!


■今年は、ラベルを一新しました。
梅の果実をモチーフにしたラベルで、梅のイメージでグリーンを基調として
いて、見た目にも爽やかです。そして、尾鈴山のシルエットがとってもかっこいいです。
素敵なラベルを作っていただきました。

■体にやさしい、うめわいん
梅ワインには、有機酸やさまざまなミネラル、ポリフェノールなど
梅の恵みがしっかりとつまった、体にやさしいワインです。


ライトイエローの中からゆっくりと泡が立ち上る
うめわいん同様、艶のある、ライトイエローをしています。グラスに注がれると元気よく泡がたちのぼり、その後もグラスの底から、ゆっくりと気泡の粒が立ち上ります。

柑橘系の香りを爽快に前面で感じる
炭酸ガスとともに柑橘系の香りが立ち上ります。うめわいんに比べ、香りの違いは、この柑橘系の香りを爽快に前面で感じるところです。そして、リンゴや桃の香りを感じはじめ、「もぎたて果物」のようなフレッシュ感に支配されていきます。

酸味と渋みが優しい甘さと調和
炭酸の印象で爽やかさと酸味を強く感じますが、スパークリングワインらしい、気持のよい爽快感が第一印象。また、酸味と渋みにアクセントがあり、優しい甘さと終盤にかけて調和しながら喉を流れていきます。気持ちいい口当たりです。梅特有のクエン酸を中心に、アフターにグレープフルーツのような心地よさを感じながら余韻をすっきり楽しめませてくれす。


オードブルや酸味の効いた料理との相性Goo!
酸味の効いた、旬な魚のカルパッチョや宮崎地鶏のチキン南蛮、そして、酢豚などの中華、さっぱり夏の豚肉料理など、酸味の効いた料理との相性がとても良さそうです。オードブルはもちろん、炭酸が含まれることによっていろんな料理との相性を広げてくれそうです。パーティーにもってこいのグワインです。

今後は、バランスよく綺麗に熟成も
炭酸によって、ワイン自体は、じっくりと変化していくと思います。フレッシュ感を楽しむなら、今時期から冬くらいまで、来春以降は、酸味と甘みのバランスがいいバランスを保ちながら、3年くらいは、綺麗に熟成もしていくでしょう。

赤尾


■Vol,01 2007 スパークリングワイン うめ


■2007年 スパーク初リリース スパークリングワイン うめ登場!!
爽快感と爽やかな酸味が心地よいスパークリングワイン うめ。
今年のうめわいんは、どんな仕上がりでしょうか・・・。
どきどきのテイスティングレポートです!

今年のスパークリングワイン うめ は、酸味と甘味のバランスがちょうどよい感じで、炭酸の爽快感がたまらない!
では、さっそくコメントを・・・。

テイスティング日時:2007.7.17 16:00

■熟した梅の、オレンジがかったイエロー。
若干のオレンジのニュアンスも感じますが、艶やかなイエローをしています。そして、炭酸の気泡の上る速度が非常にゆっくりで、ワインの粘性、濃さを感じます。

■溌剌としたリンゴ、ナシなどの香り
グラスに鼻を近づけるとレモンの皮をはじめとする柑橘系のフルーツの皮、チェリーやアンズに加えて、溌剌としたリンゴ、ナシなどの香りが感じられます。発酵からくる第2のアロマとして、ヨーグルトのような乳酸の香りやモモのような香りを感じます。

■爽快感満点の味わい。
炭酸の爽やかさと「梅」特有のクエン酸による酸味が大変心地よく、口の中を爽快にしてくれます。また、ほんのり、しっとりとした甘みが酸味、渋みと非常にバランスがよく、味わいをまとまています。余韻は、爽やかな酸味とほのかな甘さが残り、炭酸による引き締まりと厚いボディが口の中を楽しませてくれます。気持ち良い余韻です。

■キリッと冷やして楽しもう♪
酸味の効いた、旬な魚のカルパッチョや宮崎地鶏のチキン南蛮、そして、酢豚などの中華・・・。酸味の効いた料理との相性がとても良さそうです。
オードブルはもちろん、「梅」の酸味がいろんな料理との相性を広げてくれそうです。パーティーにもってこいの梅のスパークリングワインです。

■熟成の期待度70%
酸味のしっかりとしたワインは、熟成に向いています。
しかも!甘味もありますので、さらに期待できます。
そしてさらに!スパークリングは、炭酸によってワインを守ってくれたり、味わいの変化を面白くします。

うめわいん同様、今のフレッシュな感じは、今しか味わえませんので、フレッシュなタイプが好きな方は、新しいうちにどうぞ。

熟成度合いは、6ヵ月おきくらいに見ていきたいと思っていますが、熟成するとバナナのような香りに加えて、マッシュルームのような熟成感が強くなります。まるで、高級シャンパンのようなニュアンスを味わえます。

また、うめわいん同様、酸味も柔らかくなるので、年末くらいには、お鍋とも相性がよくなる味わいに変わってくると思います。ワインは、時の魔法によって、味わいを面白く変えてくれる、魅力的なものですから、期待感もありますね~。

※熟成期待度・・・って根拠は無いです。私個人の感覚だけですので、ご理解ください。

次回は、11月頃にテイスティングしてみます!
どんな風に変わっているのでしょうかね~。

赤尾


■Vol.1 2006 スパークリングワイン うめ 


●瓶詰後約、4ヶ月が経とうとしている、うめスパ。
炭酸を含むワインの熟成は、面白いものがあります。
今回のティスティングでは・・・
ズバリ!美味しくなっていました!第一次飲み頃!?
瓶詰仕立と印象がずいぶん変わり、熟成していました。
では、さっそく、コメントを。

ティスティング日時:2006年11月23日 14:00
 

●艶やかなイエローときめの細かな泡。
グリーンが主体となったイエローから、熟成により、イエローが主体と
なり、ややグリーンがかっているという印象です。
グラスのそこから立ち上る気泡は、例えば直径1㎜程度だった大きさが、
0.7、0.6㎜程度ときめが細かくなってきたという印象を受けました。

●マッシュルームのような高級感ある香り
柑橘系の香りとマッシュルームのような熟した香りが第一印象です。
次に熟したレモン、オレンジの皮、そして、柔らかいヨーグルトの
ような乳酸的な香りもゾクゾク立ち上ります。
熟成による印象は、マッシュルームのようなキノコ系の香りが心地よく、
高級感があり、シャンパンのような印象でした。

●甘味と酸味、きめ細かな炭酸のバランスが心地よい味わい
爽やかで、爽快感あるきめの細かな炭酸の口当たりです。
また、ふくよかな甘さが、炭酸と梅特有の有機酸を包み込むように
ボリューム感を持たせてくれています。
余韻にやや苦味を感じるのですが、熟成による、バランスの良い甘みと酸味、
そして、質感ある炭酸によって、心地よく感じました。

●これからのシーズンにピッタリ
飲み頃温度は、10℃前後、やや冷やしめですが、和洋中種別問わず
楽しめると思います。チキンを使った料理、オードブルなど、これから
のシーズンにピッタリのうめスパです。

●今後の期待度は?
この印象は、しばらく続くと思います。
炭酸の質感がこれほど変化するとは、驚きでした。
甘さと酸味、炭酸の印象で口当たりが変わるスパークリングワイン。
更に梅特有の有機酸と心地よい苦味は、これからどのように変化していくのか!?
私達も楽しみに見守って行きたいと思います。
次回は、年明けて、3月上旬頃にティスティング予定です!!

オンラインショッピングは、こちらからどうぞ。

akao