■スパークリングワイン キャンベル・アーリー


2011年は、冬から春にかけて雨不足で乾燥状態が続き、例年に比べて7日から10日遅い芽吹きとなりました。加えて、5月、7月に台風襲来、集中豪雨…。しかし、生産者の技術力でそれらを克服し、収穫期には小粒で糖度の高いブドウを収穫。風味豊かなブドウをいただきました。そのブドウから、良質な果汁のみを低温発酵させ、スパークリングワインにしました。


透明感のあるオレンジがかった薔薇色
透明感のあるオレンジがかった薔薇色をしています。今年は、例年より色のトーンが淡い印象です。グラスに注ぐと、オレンジがかった薔薇色が泡と絡み合うことにより、瞬間的に優しいピンク色に変化します。また、グラスの底からは、木目細かな泡が連なりながら立ち上り、見た目にも楽しめます。

もぎたてイチゴを連想させる甘い香り
もぎたてのイチゴの香りを中心に、チェリーやりんごなど爽やかな果物の香りが、溌剌とした炭酸の刺激的な香りと調和して、次々とあふれ出してきます。また、熟したメロンやキンモクセイのような華やかな香りも楽しめ、それぞれの香りが優しく調和しながらフルーティーな香りを演出しています。


優しい甘さと爽やかな酸味が絶妙のバランス
口に含んだ時、フレッシュな果実味としっかりした酸味が口全体に広がり、爽やかな印象。優しい甘さと心地よい炭酸が絶妙で、上品な口当たりを演出してくれます。また、果実の凝縮感も感じ、タンニンの存在感もしっかりしています。後半は、蜜柑、リンゴを食べたあとのような気持ち良い風味を残しながら、余韻を長く楽しませてくれます。


楽しむには
飲み頃温度は、8~12℃。食中酒としてどんな料理とも絶妙な相性を見せそうです。特にスイーツとは、いい相性を見せそうです。これからのクリスマスシーズン、そして年末年始、コース料理やたくさんの種類のオードブルをこれ一本でこなせそうな適応力もあります。和食であればぶり大根やおでんなど、少し味わいのしっかりした料理との相性が楽しみです。

■Vol,01 スパークリング キャンベル・アーリー 2008

天候に恵まれ、太陽をいっぱい浴びて育った2008年のぶどう。
最高の条件が整った2008年は、ビックビンテージの予感がします。
今年のロゼスパークも期待“大”です!

早速、テイスティングコメントを!  Tasting: 2008.11.20 


●輝きのあるイチゴのような鮮やかなピンク色
輝きのあるイチゴのような鮮やかなピンク色をしています。今年は、例年よりも色合いのトーンが強く、高級感のある色合いをしています。グラスに注がれると、弾けるような勢いで泡が立ち上り、その泡まで淡く綺麗なピンク色をしています。グラスの底からは、木目細かな泡が連なりながら立ち上り、見た目にも楽しめます。

●イチゴムースのような甘い香り
ポンッと栓を開けた瞬間から、イチゴのような甘い香りがあたりを包みこみます。さらに、バニラクリームのようなクリーミーなニュアンスも感じ、イチゴムースのような甘い香りが楽しめます。次に、アセロラやサクランボなどの赤い果実の香り、柑橘系の香りや青リンゴのようなフーティーな香りと次々とグラスから溢れて出てきます。

●優しい甘さが味わいのバランスを整える
舌先にきめの細かな炭酸ともぎたてイチゴのような酸味が飛び込んできて、その後すぐ、優しい甘さが口全体にすっと広がり、味わいのバランスを整えてくれます。大変心地よい口当たりでありながら、爽やかな印象を受けます。後半は、蜜柑、リンゴを食べたあとのような気持ち良い風味を残しながら、余韻を長く楽しませてくれます。

●楽しむには!
飲み頃温度は、8~12℃。食中酒としてどんな料理とも絶妙な相性を見せそうです。特にスイーツとは、いい相性を見せそうです。これからのクリスマスシーズン、そして年末年始、コース料理やたくさんの種類のオードブルをこれ一本でこなせそうな適応力もあります。和食であればぶり大根やおでんなど、少し味わいのしっかりした料理との相性が楽しみです。

赤尾

■Vol,01 2007 スパークリングワイン キャンベル・アーリー

今年は、収穫直前に台風が上陸し、大変厳しい年となりましたが、ぶどう生産者の協力で、厳選した良いぶどうで仕込みをする事ができました。そのブドウから、良質な果汁のみを使用し、スパークリングワインにしました。

■世界のワインの仲間入り。幸せを呼ぶスパークリングワインはいかがですか?

今年の仕上がりはどうでしょう。例年になく色合いが上品で、甘い香りも一段と強く感じる今年のスパークリングワイン。リリースは、12月1日より。
さっそく、テイスティングをしてみましょう♪

テイスティング日時:2007.11.28 17:00

■輝きのあるピンク色。
輝きのあるピンク色。まるで、磨きをかけた大理石のような輝きを放っています。今年は、例年よりも色合いは、淡いですが、上品なピンク色をしています。グラスに注がれると、弾けるような勢いで泡が立ち上り、その泡まで淡く綺麗なピンク色をしています。グラスの底からは、木目細かな泡が連なりながら立ち上り、見た目にも楽しめます。

■イチゴムースのような甘い香り。
グラスに注がれた瞬間から、イチゴと同時に、クリーミーな香りがあたりを包みこみます。まるで、イチゴムースのような印象を受けます。さらに、アセロラやサクランボなどの赤い果実の香りに加え、蜜柑やリンゴといったフルーティーな香りも次々と顔をのぞかせます。フレッシュでフルーティーな香りが楽しめます。

■優しい甘さが上品な口あたりを演出。
口に含むと・・・。舌先に炭酸を感じながら、しっかりとした酸味が口全体に広がり、爽やかな印象。その炭酸は、木目の細いアタックでありながら、しっかりと主張を続けます。そして、それらの炭酸、酸味を優しい甘味が自然に和らげてくれ、上品な口あたりを演出。後半は、蜜柑、リンゴのような風味を若干感じながら、余韻を長く楽しめます。

■これからのシーズンにピッタリ♪
飲み頃温度は、8~12℃。食中酒としてどんな料理とも絶妙な相性を見せそうです。これからのクリスマスシーズン、そして年末年始、コース料理やたくさんの種類のオードブルをこれ一本でこなせそうな適応力があります。和食であればぶり大根やおでんなど、少し味わいのしっかりした料理との相性が楽しみです。

■今後の熟成にも期待。。。
炭酸の質感が熟成によって大きく変わってきます。4年~5年も経つと炭酸が減ってきますが、2年~3年の間は、その質感を味わってみたいものです。熟成したキャンベルのスパークリングワインも面白そうです。

赤尾

■Vol,01 2006 スパークリング キャンベル

●ショートコメント!
グラスに注がれたスパークリングワイン ロゼは、泡までピンク色。鮮やかな薔薇色で、フレッシュなイチゴを連想させる、みずみずしい香りが炭酸とともに立ち上り、炭酸の溌剌とした刺激が心地よい口あたりです。8℃~10℃でキリッと冷やして楽しみたいワインです。

■第1印象は??
瓶詰して9ヶ月が経とうとしていますが、炭酸の泡のきめが細かく感じ、ソフトタッチ。フルーティーな要素も生き生きとしていました。バランスの良い味わいは、料理との相性も楽しそうです。

テイスティング日時:2007.9.12 16:00

■泡までピンク色をした鮮やかな薔薇色。
スパークリングワイン キャンベル・アーリーは、鮮やかな薔薇色をしています。グラスに注いだときに膨らみ上がる泡が鮮やかなピンク色で、炭酸は豊かにゆっくりときめ細やかに立ち上ってきます。

■フレッシュなイチゴを連想させる香り。
みずみずしいイチゴを中心に、アセロラやスイカの優しい香りが、溌剌とした炭酸の刺激的な香りと調和して、次々とあふれ出してきます。また、フレッシュなイチゴの酸味を感じさせる清々しい香りに加えて、屋台のリンゴ飴から香ってきそうなべっこう飴のような甘い香りが混じり合う感じも面白いと同時に心地よい香です。

■酸味と甘み、炭酸のバランスを楽しめ味わい。
口に含むと、生き生きとした果実味と柔らかい炭酸がパッと口の中に開き、その後すぐに酸味が味わいのラインを舌の両脇から感じてきます。炭酸と酸味を甘みがうまく調和をとり、味わいをまとめています。果実の凝縮感を感じ、タンニンの存在感もしっかりしています。余韻の引き締まった印象は、料理との相性を幅広く楽しませてくれます。

■キリッと冷やして楽しもう♪
食前酒としても楽しめますし、スイーツやフルーツとの相性も良いので、楽しく飲めるスパークリングワイン。甘すぎず、炭酸の刺激が口の中をスッキリさせてくれるので、酢豚などの中華でも楽しめると思います。

■今後の熟成は!?
炭酸と酸味によって、綺麗に熟成できると思います。炭酸は、ワインを綺麗に守り、いい熟成を促してくれますので、香や味わいの変化がどうなるのか、楽しみです。

赤尾

■Vol.1 2005 スパークリングワイン キャンベル

ティスティング日時:2005年12月19日 AM 12時

●色は?
今年のスパークリング キャンベルは、ピンク色の強い、色鮮やかな色合いをしています。酸味と甘み、炭酸のバランスを楽しめるワインです。グラスに注いだときに膨らみ上がる泡が鮮やかなピンク色で、炭酸は豊かにゆっくりときめ細やかに立ち上ってきます。

●香りは?
瑞々しいアセロラやスイカの優しい香りが、溌剌とした炭酸の刺激的な香りと調和して、次々とあふれ出してきます。また、フレッシュなイチゴの酸味を感じさせる清々しい香りに加えて、屋台のリンゴ飴から香ってきそうなべっこう飴のような甘い香りが混じり合う感じも面白いと同時に心地よい香です。

●味わいは?
口に含むと、生き生きとした果実味と柔らかい炭酸がパッと口の中に開き、その後すぐに酸味が味わいのラインを舌の両脇から感じてきます。果実の凝縮感を感じ、タンニンの存在感もしっかりしています。終盤には炭酸の酸味が口の中に残る全ての味わいを洗い流し、余韻はドライで引き締まった印象が残ります。

●今後の期待度は?
炭酸と酸味によって、綺麗に熟成できると思います。香、味わいの変化がどうなるのか、楽しみです。

次回のVol.2 スパークリングワイン キャンベルのティスティングは、9月旬予定です。お楽しみに!