●著者:上野敏彦 書籍案内●

●『そば打ち一代 浅草・蕎亭大黒屋見聞録』
2017年5月発刊

浅草観音裏にひっそりと佇む「蕎亭大黒屋」。足利一茶庵の衣鉢を継ぐ菅野成雄・雅江夫婦が営む同店には遠方からの客足が絶えない。一つの道をきわめる生涯一そば職人の軌跡。

●海と人と魚 ~日本漁業の最前線~(著:上野敏彦)
2016年3月14日刊行
'16-b2海と人と魚※漁師と一緒に船に乗って考えた日本の魚の今。著者、上野敏彦氏が全国の漁村を取材で歩き、丁寧に取材を重ねて書き上げた本です。


●千年を耕す 椎葉焼き畑村紀行(著:上野敏彦)
'16-b4f54abcbc4cc698bcd938fbbd62cc9db
※2015年12月15日 国連食糧農業機関(FAO)の世界農業遺産に認定された、宮崎県北の「高千穂郷・椎葉山地域」。国内で6地域目、宮崎県内では初となる快挙となりました。農林業を軸とした“財産”に満ちあふれた地域です。
高度経済成長とともに列島から姿を消した、焼き畑農法に注目し、丁寧に取材を重ね書き上げた本です。究極のスローフードとともに生きる農と暮らしを歩いた・見た・食べた、千年の村紀行です。

 

●神馬 京都・西陣の酒場日乗(著:上野敏彦)
'16-b7b005c1f6ab36bc20396a1ac2a54f0ab※京都・西陣千本にある居酒屋、神馬(しんめ)を長期取材を重ね、三代にわたる老舗居酒屋の味の社会史として書き上げた本です。