●千年を耕す 椎葉焼き畑村紀行(著:上野敏彦)

2015年12月15日 国連食糧農業機関(FAO)の世界農業遺産に認定された、宮崎県北の「高千穂郷・椎葉山地域」。国内で6地域目、宮崎県内では初となる快挙となりました。農林業を軸とした“財産”に満ちあふれた地域です。

その椎葉村で伝統的に行われている焼き畑農業に密着し、山間地域の生活やコミュニティー、スローフードを丁寧に描いている、著者、上野敏彦氏の
『千年を耕す 椎葉焼き畑村紀行』 をぜひ、ご覧ください!!

この本に出てくる、古民家を改装した農家民宿「丹野」では、ゆるやかに流れる時間を愉しみながら、スローな時間とスローフードが楽しめます。椎葉で愉しむスローな暮らし、そんな素敵な毎日が綴られた「丹野」ブログはこちら
http://www9.plala.or.jp/TANNO/


'15-b2千年を耕す 表紙著者 上野敏彦による書籍のご紹介です。
高度経済成長とともに列島から姿を消した 焼き畑農法。
唯一いまに継ぐといわれる、宮崎県椎葉村の焼き畑農業に密着。
究極のスローフードとともに生きる農と暮らしを
歩いた・見た・食べた、千年の村紀行です。
平凡社オンラインダウンロード■南日本新聞で紹介されました!
「千年を耕す」南日本新聞書評20110227

■宮崎日日新聞 で紹介されました!「千年を耕す」伊藤一彦氏宮日書評■朝日新聞で紹介されました。

『千年を耕す』朝日新聞宮崎県版記事20110328

■週刊ポストで紹介されました。
『千年を耕す』週刊ポスト川本三郎氏書評
平凡社オンラインダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です