ブランデーに懸ける夢


イチゴを思わせる香と鮮やかなピンク色。
私たちは、尾鈴ブドウを支えてきたキャンベル・アーリーに
特別の愛着を抱き、様々なタイプのキャンベルを
醸造してきました。
いつしか、私たちは「永遠のキャンベル」
を作ることを夢見ることになります。
10年後、20年後に楽しめるキャンベル。
それがブランデーの製造です。

蒸留器を導入するには様々な試練がありましたが、
2011年の夏、ついに黄金色の蒸留器を導入する
ことができました。夢はさらに広がります。

ブランデーをベースにしたリキュールの製造です。
いろんなチェロができますし、ポートワインだって可能です。
都農ワイン物語は、まだまだ現在進行形です!

~開発ストーリー~

'13-116_16782005年 イタリア バッサーノ・デル・グラッパにて、
設備や蒸留方法を視察。
'13-IMGP5101'13-116_1649

2005年 都農町の梅でうめワインの製造に着手
2006年 オーストラリアでポートワインの情報を収集
2007年 オーストラリアでリキュールの情報を収集
'13-IMG_43662009年 国内の蒸留酒製造蔵元を視察
2010年 具多的な設備投資の計画に入る
2011年 設備導入が始まり、少量のレモン栽培を始める
1 22012年 キャンベル、マスカット・ベリーA単体の上流に着手
32013年 地元の梅やレモンでリキュールのリキュールの製造に着手
地域の農家さんと美味しいリキュールを作っていきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です