田舎育ちなのにムシ怖い!カミキリムシ参上!


ちっちゃなクモを見ただけでも、悲鳴を上げてしまう私・・・。
よく言われます。「田舎育ちのもんがナニいっとんじゃ~」って。
今日は、ちょっと立派な甲虫類のカミキリムシを発見してしまいました。
手で触れるわけないし、棒で芝生に出して、撮影しました。綺麗な柄でした。
b0066700630.jpg 063002.jpg
キィキィって鳴くんですよ。以前、ぶどう畑でたまに見かけていました。枝を食べたり、幹をかじったりしていることがあります。近頃は、農場で見なくなりました。
今ぶどうは、二次肥大の終盤に来ています。枝の様子が少しずつ変わりはじめました。成長点付近の葉は小さくなり始め、枝の色も緑色から、オレンジっぽい雰囲気に。ベレゾーンが近くなりはじめた合図でもあります。


うめワインただ今、オリ引き中


6291.jpg
オリ引き兼粗ろ過。難しそうな顔していますが、ただ単に、プレスフィルターのファンベルトが切れそうで交換するかどうか迷っているところの写真。結局、この後、ファンベルト交換しました。
うめワインは、後発酵を終了して、オリ引きしました。
後発酵は、15度前後でじっくりと低温発酵を2週間程度続けました。
今年のうめワインは、梅の香りをベースに、洋ナシ、桃、メロンといった果物のニュアンスを強く感じます。今年は、3回目のうめワインの製造。いろいろとノウハウを積みましたので、作業自体は、スムーズに進みました。
オリ引きの後、珪藻土ろ過、ろ紙ろ過、7月5日、6日頃に瓶詰めを予定しています。販売は7月15日と今の時点では考えております。今年のうめワインも自信作です。こうご期待あれ。


マスカット・ベリーA 房作り終わり。


梅雨らしいジメジメとした天気が続いている都農・・・。
梅雨前線が都農の上空を上がったり、下がったりしているようです。
あと1週間と見ています。梅雨明けするのが・・・。早くスッキリしたいですね。
20060706075413.jpgb0066067_2062450.jpg
やっとやっと、作業が追いつき、マスカット・ベリーAの房作りまで追いつきました。
今年の農作業は、追いつきそうで、追いつかなくて、ちょっと遅れ気味でしたが、やっと追いつきました。栽培の中で、作業が遅れることが一番怖いです。
どんなに良い技術を持っていても、適時の作業ができなければ、何にもなりません。きちんとした、計画を立てて、行動していかないといけませんね・・・。でも雨の中、スタッフの皆さんのお陰で、のりきることができました。
週末は、焼肉??アジもいいなぁ・・・ そう、最近毎日アジを食べているんですよ。アジ中毒!


梅雨明けはいつ?除湿機が欲しい・・・。


なんという蒸し暑い天気だったのでしょう。外に出るのに勇気がいるムシ暑さでした。
20060706073157.jpg
洗濯物も乾くようで乾かない・・・。キャンベルズでも書いてありましたが、不快指数120%!除湿機欲しい・・・。農場では、引き続き、ベリーAの房作りをしています。
今日は、うめわいんのオリ引きだったので、私は工場にいました。工場内でも暑かった・・・。
20060706074834.jpg
昨日と今日で、ぶどう園の様子で一番違ってきたのが、葉の艶です。太陽がギラギラすると、葉もツヤツヤしてきます。まるで、油を引いたようにピカピカしているんです。
すごい量の雨は降ったのですが、果実は急に大きくなることなく、じっくりしています。
以前は、曇雨天が続き、急にピーカンが続くと葉が焼けたり、病気になっていました。
しかし、土作りに取組み始め、地元有機農業研究会の皆さんの指導のお陰で、年々元気に梅雨を乗り切れるようになりました。
b0066067_2015196.jpgb0066067_2015957.jpg


マスカット・ベリーA。すっぱいけど、うまい。


マスカット・ベリーA エステートの房作りをしています。
梅雨本番というか、強い雨が時より降っている都農です。
なかなか作業が追いつきそうで、追いつかない・・・。今週いっぱいで、マスカット・ベリーAの房作りが終わりますが、ちょっと遅れました。雨の中、皆さんに来て頂いて、作業を進めています。作業を細かく分けて、作業回転を早くして、効率よく進めてきましたが、反省点も少しあります…。
b0066067_652364.jpg
着初が始まるのは、7月の中旬以降。粒の大きさも現在、15㎜くらいの粒が、25~30㎜になります。そう、今はまだ、ちょーすっぱい。すっぱい中に、味の濃さや水っぽさなど確認していきます。梅干のようなすっぱさではなく、すっぱいけど、ベリーAの味はしますよ。これから、徐々に甘み、風味が増してきます。完熟ぶどうの甘みを楽しみたい方、是非、農場へも遊びに来てくださいね♪


シャルドネの自己摘芯がはじまりそう・・・。


シャルドネの自己摘芯が一部の園ではじまりそうでした。
b0066067_1882562.jpg
ぶどうの生育ステージの中で、節目になる自己摘芯。葉の枚数は、23枚~25枚。もう、これ以上葉を展開することがなくなってきます。
昨年までは、もう少し先だったのですが、今年は、ちょっと早い自己摘芯になりそうです。わき芽の伸長が枝元から止まりはじめ、枝が硬く、木質化してくるにつれ、枝先に向かって、わき芽の伸長が止まります。そして、成長点の伸長が最後に止まります。
枝が充実しているので、新しい葉を出す必要がなくなります。これから、さらに養分を果実へ蓄積しベレゾーンをむかえます。
b0066067_7272281.jpg


ぶどう栽培の作業、ベレゾーン前までに目処がたちそう。


快晴続きで初夏のような暑い日が続いています。
日中は、30℃を超え、日差しは強く、ムシムシ状態。
セミの鳴き声?も聞こえたような、聞こえないような・・・。
こんな暑い日は、キリリと冷やした、スパークリングワインをグビっと。
ちょっと動いただけで、汗が止まりません。夏だ~!スパークリングだ~!
20060706075019.jpg
そんな暑い農場では、ぶどうの枝きり、房づくりをしています。
皆さんの体形も引き締まったような…。ぶどうも引き締まったような…。
ダイエットしたく、体力に自身のある方、一緒に作業をしませんか??
慰労会の甲斐あって…。今週いっぱいで目処が経ちそう、やっと追いつきました。
そこで、またBBQをしなければなりません・・・♪
b0066067_1883875.jpg b0066067_1885135.jpg


雨上がり 青空が見えてきました。日差しが綺麗で暑くて痛い。


昨夜は、北インドの古典音楽の中でも古い様式を残すデュルパッドスタイルのライブがカフェで行われました。40数名のお客さんが来てくださり、インド音楽の異次元の世界へ吸い込まれていきました・・・。面白かったです。綺麗だったなぁ~♪
b0066067_13191891.jpg
昨日からずっと天空の城ラピュタの様に雲の中にあったワイナリー。
今朝まで、雲の中でした。霧の動きが風に流れて見えるんです。
10時頃から急に雲が晴れ、青空が見えてきました。曇雨天が続いて急に晴れると葉が煮えたりするような事がありました。もちろん、いろんな病気も増えてきます。
今日見る限りでは、大丈夫のようです。それにしても、空気が澄み切って、日差しが強いのには驚きます。痛いくらいでした。これから、一雨、二雨と夏に向かって、気温も日差しも強くなり始めすね。
b0066067_13201621.jpg b0066067_13241257.jpg


光をモトメテ・・・


昨年買った、一眼レフカメラのペンタックス君を持って、農場へ出かけました。
お金がなかったので、ボディーしか買っていません。レンズは、工場長のレンズを借りています。ボディーよりレンズのほうが値段が高いんで…ボチボチ買っていきます。
0.jpg
いつもは、コンパクトカメラを持ち歩いていますが、今日は、あまりにも空気が綺麗だったので、久しぶりに一眼レフを持って、畑に出かけました。
撮影日:2006.6.18 11:01
PENTAX ist DS SIGMA DC 125mm 中央重点 MF
1/500 F8.0 0.0EV ISO:400 AF:マクロモード AWB


シャルドネ、2次肥大期突入。


今日は、晴れました!といっても曇です。時よりパラッと小雨が額にあたります。昨日あれだけ水が溜まっていた園の通路も水はすっかり引き、夕方か明日にでも機械を入れてもワダチができそうにないくらい、水はけが良いです。
土作りに取組み始めて、最も変わった、排水性。度々、このような事を見ていますが、本当に水はけが良くなったと実感します。
b0066067_13115140.jpg b0066067_1312866.jpg
シャルドネの粒が、11㎜になり、10㎜を超えました。ついこの間まで、8-9㎜だったので、驚きの伸長です。房全体も一回り大きくなってきました。
今年は、やや小ぶりですが、これまでが、ちょっと大きかったのかもしれません。粒の大きさも揃ってきました。来月中旬には、順調にベレゾーンに入りそうです。
b0066067_13122782.jpg