ブドウ棚のワイヤー張り


M-R0013766.jpg
剪定も土づくりも終われば、次は、園整備。
ブドウ棚の緩んだワイヤーを張っていきます。
ターンバックルを緩め、ワイヤーを引っ張ってかけなおし、
再びバックルを締めこんでワイヤーのテンションを張ります。
M-R0013773.jpg
ブドウがたわわに実るとこのワイヤーにブドウ、枝の重量が
かかります。緩んでいると枝や果実にダメージを与える
こともあり、しっかりと張っておかなければなりません。
結構力のいる仕事です(^^ゞ
M-R0013777.jpg
冬の間に、このワイヤー張り、鹿よけネット張り、
人によっては、鳥対策のネット張り。
春の萌芽に備えて、着々と作業も進んでいます。
赤尾


2010 土づくり順調


M-R0013742.jpg
今月は、意外に雨の多日月になっています。
季節の変わり目、今週の寒さが最後でしょうか。
鶏糞堆肥を施肥して2週間ほど経ちました。
土を発酵させるようなイメージで施肥耕転してきました。
散布した鶏糞を土壌微生物が分解している様子です。
その発酵の目安にしているこの白い菌糸。
鶏糞の臭いは無くなり、スッと甘い香りに変わりました。
この堆肥と微生物の働きによって、様々なミネラル分が
ブドウの根へと受け渡され、ブドウ、ワインの味わいに
つながります。順調に土づくりが進んでいます。
M-R0013760.jpg
萌芽の予測など今年の計画も立てていかなければなりません。
動きの早い樹では、水上りがはじまっていました。
そう春はすぐそばまで来ているようです。
赤尾


キャンベル・アーリー ドライ 2009


M-R0013685.jpg
瓶詰しました!
3年目になるドライタイプのキャンベル。
コクとキレのある味わいで飽きのこないスッキリタイプ。
野イチゴやリンゴのような甘い香りも心地よく楽しめます。
辛口ですので、味わいが単調にならないよう、
数種類の酵母を組み合わせて発酵させ、複雑味を持たせました。
さらに、ビンもブルゴーニュタイプで従来のキャンベルとの差別化をはかりました。
j-IMGP21925.jpg
私たちのキャンベルは、やや甘口タイプ、スパークリングタイプ、
そして、ドライ(辛口)タイプと3タイプございます。
スチューエションによって、飲み分けると楽しみ方も倍増デス!
drycam.jpg
最近、じわじわと人気を高めているドライキャンベル。
只今完売中ですが、2月20日の販売を目標に進めておりますので、
今しばらくお待ちくださいませ♪
赤尾