満開 シャルドネ

M-IMGP7747.jpg
シャルドネは、5月23日に満開となりました。
萌芽3月14日から5月23日まで70日。
これまで、最長で60日程度でしたから、
10日間も長く満開まで日にちがかかりました。
低温であったことが、一番の要因になると思います。
ただ、満開時の展葉数が、これまでより、2枚~3枚多いので、
10日間長いことが、いい作用になるとも感じています。
満開から100日から110日で収穫となります。
8月終わりから9月初旬です。
わき芽処理や副房落としなど、
まだまだ作業は追い付いていませんが、
希望に満ちた秋の収穫に向けて、
スクスクと育つブドウを見守りながら、
楽しく栽培していきたいです。
口蹄疫で、暗く沈んだ雰囲気の中、
ブドウは、けなげに育っています。
※口蹄疫の義援金に関することは、こちらから。
赤尾

口蹄疫 宮崎

やっと、全国のテレビニュースでも放映されるようになった口蹄疫。
畜産県宮崎に大きな被害をもたらしています。
都農町をはじめ、特に発生の集中している「川南町」は大変です。
飼育している家畜の内1頭でも発症するとすべて殺処分されます。
被害にあった農家さんは、「悪い夢を見ているようだ・・・」と、
明日も見えない悲痛な想いをしています。まだ、発生していない農家さんも、
いつ出るのかと不安な日々を過ごしながら、懸命の消毒作業を行っています。
畜産業をはじめて、30年~40年の方が多く、これまでいろんな時代を乗り、
試行錯誤してきた産業が、一瞬にして崩壊です。
真面目に畜産業を営んできた農家さんにとっては、やるせない気持ちです。
この口蹄疫の問題に関して、いろいろな憶測も飛び交っていますが、
被害にあった方、口蹄疫と戦っている農家さん、少しでも被害を
食い止めようと消毒作業に懸命に取り組んでいる方々がいるのは事実です。
地域の農家さん、関連事業所の皆さんが懸命に消毒活動拡散防止に
協力し合っています。私たちにできることを少しでも・・・。
みなさまのご協力をお願い申し上げます。
■都農町口蹄疫義援金 → こちらから。
■川南町口蹄疫義援金 → こちらから。
■私たちのライブなどで協力してくれた、川南の酪農を営んでいる
ムッチーさんの日記です。現場の様子を肌で感じます。是非ご覧ください。
【ムッチーさんブログ】
そのムッチーさんが先駆けて、農家さんみんなの為の募金活動をしています。
私たちにできること、少しでもお役に立てられればと思いお知らせを致します。
●郵便局
川南町のムッチー牧場 口蹄疫災害見舞金を募る会
(記号) 17310   (番号) 3609971
カワミナミチョウノムッチーボクジョウコウテイエキサイガイミマイキンヲツノルカイ
●この口座を他金融機関からの振込の受取口座として利用される際。
(店名) 七三八 (読み ナナサンハチ)
(店番)738 (預金種目)普通預金  (口座番号)0360997 
JA尾鈴 店舗番号 9203-001  口座番号  0088820
川南町のムッチー牧場口蹄疫災害募金 代) 弥永睦雄

-------------------------------------------------------—
■宮崎県でも義援金の募集をしております。
みなさまのご協力を是非、お願い申し上げます。

宮崎県口蹄疫義援金 こちらから。
●ゆうちょ銀行でお振り込みされる場合
記号:01740-9
番号:69998
口座名:社会福祉法人宮崎県共同募金会
●ゆうちょ銀行以外の金融機関からお振り込みされる場合
金融機関名:ゆうちょ銀行
店名:一七九店
店番:179
預金種目:当座預金
口座番号:0069998
口座名:社会福祉法人宮崎県共同募金会

-------------------------------------------------------—
■JA宮崎経済連 
被害にあわれた農家さんへの経営再建に関わる署名活動 
こちらから。
是非、ご協力よろしくお願い申し上げます。
■地元国会議員の悲痛な訴えです。
 現場の声を伝えています。5/11をご覧ください。こちらから。
私たちの励みになりました。
みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。
日本の畜産業界にとって大きな被害となりました。
日本の農業、食に対する危機を感じます。
丹精込めて育てたブドウが、ものすごく強烈な台風で
果実は落とされ、樹は裂け、棚はつぶれ・・・
まだ、その台風の暴風域真っただ中といった感じです。
どこまで、被害が広がるのか不安です。
---------------------------------------------–
私の実家は、川南町です。
そして、両親は、畜産業を営んでいます。
36年前に、豚1頭からはじまりました。
現在、和牛92頭を飼育しています。
牛のエサは、ほとんど自給できる体制を整え、
近隣農地も取得し、整備してきました。
地域の農家同士で助け合いながら、畜産業を
営んでいた我が家は、畜産農家として、
やるべきことをやっていたと思います。
税金もちゃんと納めてきました。
昨日、とうとう我が家で口蹄疫の感染疑い
であろう牛が見られたと、連絡が・・・。
真面目にコツコツと夢や希望をむねに、
農業をしてきたのですが・・・。
一瞬にして、暗黒に突き落とされました。
もう取り戻せない。。。
有限会社 都農ワイン
赤尾誠二

2010 シャルドネ 開花はじまる

M-R0015270.jpg
いよいよ、シャルドネ開花がはじまりました。
ちょうど3月中旬の萌芽から60日間。
例年通りの期間で、花が確認できました。
春先の気候に左右される、この開花。
涼しかった分、遅くなるかと心配しましたが、
月齢とおりに開花スタート。
これから、数日かけて満開になるでしょう。
いい花です。
赤尾

2010 立夏のシャルドネ

0015157.jpg
中央に見える赤い物体が来年の芽です。
節ごとの葉柄の根元にあります。
数日前は、白っぽかったこの来年の芽が
この数日赤色に変わりはじめました。
ブドウは、来年の花芽も同時に作りながら育ち、
秋にかけて、じっくり、しっかり充実してきます。
白い粒々は、真珠線といって、樹液の分泌物です。
気温が高く、活動が活発になると見えてきます。
日ごとに違うブドウの表情に、毎年感心させられます♪
赤尾

枝の誘引

M-IMGP7665.jpg
ここのところ、いい天気が続いています。
ブドウ葉色も日増しに濃くなり、艶やかに
なってきました。太陽の力は偉大ですね☆彡
4月中の曇天がウソのような気持ちいい天気。
M-IMGP7688.jpg
今、展葉している葉は、8枚~10枚。
ワイヤーに届くようになったので、誘引をはじめました。
枝を横に倒して誘引機で留めていきます。
伸びてくる枝は、次第に下向きに垂れてきます。
開花まで、10日から14日でしょうか・・・、
蕾も大きくなりました。
赤尾