マスカット・ベリーA エステート プレス


N2-IMGP8741_20100927132359.jpg
約10日間の醸し発酵を終えた、マスカット・ベリーAの 
搾汁をしました。このワインは、エステートになります。
N2-IMGP8712.jpg
色も良く出てくれました。香りも華やか。
搾汁後は、二次発酵をさせ、オリ引きを繰り返し、
2ヶ月ほど、ステンレスタンクで寝かせたのち瓶詰
2月頃をリリース予定にしています。
N2-IMGP8731.jpg
この搾る作業である程度今年の善し悪しもつかめます。
華やかさもふくよかさも兼ねている感じで、濃縮感もあります。
秋にリリースするマスカット・ベリーAとは一味違う、
近年人気上昇中!の赤ワインです♪
赤尾


マスカット・ベリーA 収穫はじまる!


N2-IMGP8596.jpg
完熟したブドウの魅力が華やかなワインへと。。。
自社農園のマスカット・ベリーAの収穫となりました。
N2-IMGP8599.jpg
8月中旬以降の後半で果実の色のりが悪く、
なかなか収穫へと踏み切れませんでした。
スタッフみんなで話し合って、熟れている果実を
優先して、2度に分けて収穫することになりました。
N2-IMGP8591.jpg
このベリーAで最後の仕込みになりますが、
もう半分は、9月最後の週に収穫したいです。
N2-IMGP8605.jpg
傾斜地にある平棚の下でする収穫は、重労働。
若いスタッフ中心にブドウを集め、運搬車で運び出し、
軽トラに積み替えて、ワイナリーへと運びます。
N2-IMGP8608.jpg
もうヘトヘトです、と笑顔のスタッフ。
思ったよりいい状態のブドウで仕込みも楽しみです♪
赤尾


糖度22度突破。新記録更新のシャルドネ


N2-IMGP8582.jpg
最後のシャルドネがやっと終了しました。
最後の園は6区。アンフィルタードの園です。
傷みも増えていましたが、綺麗に選果を
しながら収穫をしてきました。
ブドウが黄色く熟してくれたお陰で、果汁の色も黄金色。
キラキラと輝く色合いにうっとりでした。
ドキドキしながらの果汁分析。
なんと糖度が22度まで達していました。
都農ワインはじまって以来の高い糖度。
糖度の新記録更新となりました。
今年新たに取り組んでみた栽培方法も
いい感じで効果をもたらしてくれました。
糖度が高い=熟度も高い。こんなブドウは、
ワインになった時の力強さ、風味の強さなどに
大きく貢献します。
糖度が高いことがすべてではありませんが、
どんなワインに仕上がるのか楽しみです☆彡
赤尾


シャルドネの収穫続く。質も上がってきた。


N2-IMGP8571.jpg
シャルドネの収穫は続いています。
収穫をはじめると天気にも左右され、
遅れ気味になっています。
あと4日~5日間で収穫を終える予定です。
N2-IMGP8520.jpg
4月から6月までの曇天で葉が傷んでいるので、
なかなか糖度が上がりませんでしたが、
ここへきて20度近くまで糖度も上昇。質が上がってきました。
その分、傷んだ果実も増えてきますが、
丁寧に傷みを取り除きながらの収穫になります。
N2-IMGP8507.jpg
収穫スタッフにとっては、時間のかかる大変な
作業になりますが、質を守っていきたいです。
特にアンフィルタードの畑6耕区は黄色く熟れていて
仕込みも楽しみです。
赤尾