シャルドネの樽上げ!


今日は、2016年シャルドネエステート、アンフィルタードの樽上げをしました。
樽発酵の後、樽熟成6ヶ月。その間シュールリーを行ってきました。
樹齢20年を超えるシャルドネからできるこの2アイテムのワインは、
風味豊かで、味わいに厚みがあり、伸びやかな余韻が楽しめます。

エステートは、シャルドネ5区のブドウのみを使用。
火山灰土壌に若干、粘土質の混ざるこの畑は、酸のトーンが強めの畑です。
そして、アンフィルタードは、シャルドネ6区のブドウのみを使用。
この畑は、火山灰土壌の黒ボクが強い土質ですが、熟度の上がり方が一番いい畑です。
それぞれ、味わいに違いが明確にあり、面白いです。

2016年のビンテージは、春先からの気候は安定していて、例年と同じ時期に萌芽を迎えました。昨年の長雨の影響もあり、生育にバラツキがあるものの、順調に推移してきました。
梅雨は例年並みとなり、開花、結実期も順調にのりきれました。そして、7月、8月と安定した気候が続き、豊富な日照のおかげで、熟度の上がったブドウを収穫できました。

発売は、4月下旬を予定しております!

 

赤尾


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です