猪汁【ハンタースープ】

'15-b2名称未設定 1材料
猪肉、大根、にんじん、こんにゃく、サトイモ、ネギ、味噌、柚子胡椒

作り方
①水に猪肉を入れて炊き込む。あく取りを念入りに行う。
②その他具材を入れて煮込む
③具材に火が入ったら、味噌を入れて馴染ませる。
④ネギ、柚子胡椒をトッピングして出来上がり。

合わせるワイン
キャンベル・アーリー ★★★★★
img_wine_01_01
味噌が具材の味わいを引き立て、猪肉の旨みと香り、歯ごたえもアクセントになって一体感のある優しい味わいです。また、柚子胡椒を少し入れると、ホッとする味わいにも変化。キャンベルの優しい甘さと味噌の相性は驚くほど良く、ワインの心地よい酸味も口を和ませてくれます。

 

ケーキ

ケーキ

■材料
【プレーンシフォンケーキ】(20cm型)
卵黄(L)・・・5コ
卵白(L)・・・7コ
上白糖・・・130g
薄力粉・・・150g
水・・・100cc
バニラオイル・・・5滴
サラダ油・・・80cc

【ホイップ】
生クリーム・・・400㏄
氷水・・・適量
上白糖・・・30g

【トッピング】
イチゴ
キウイ
みかん(缶詰)

【苺サンタ】
イチゴ
生クリーム
砂糖
黒ゴマ

■作り方
※オーブンを180℃で予熱
【シフォンケーキ】
①卵を卵黄と卵白に分ける。
②卵黄のボウルに上白糖、1/2を入れ泡立て器で少し白っぽくなるまで混ぜる。
③サラダ油を入れよく混ぜる。
④水を入れよく混ぜ、バニラオイルを入れ混ぜる。
⑤薄力粉を一度にふるいながら加える。
⑥粉がきちんと混ざるまで、泡立て器でしっかりと混ぜる。 この時の卵黄生地の固さがポイント!*サラサラしすぎず、ぽってりしすぎず。パンケーキとホットケーキの中間位がベスト。⑦卵白のボウルに残りの上白糖を入れ、ハンドミキサーで泡立てる。 *ボウルを逆さまにしても落ちてこなければOK。
⑧メレンゲの1/3を⑥のボウルに入れ混ぜる。
⑨残りのメレンゲの1/2を入れ、よく混ぜる。
⑩残ったメレンゲのボウルに⑨を入れ、泡立て器で20回ほど混ぜ合わせる。
⑪最後はゴムベラに変えて底からさっくりと混ぜる。メレンゲのかたまりが残っていないように注意する。
⑫型に生地を高い位置から流し入れる。
⑬型を左右に揺らし平らにする。2~3回打ち付けて空気抜きをする。
⑭180℃のオーブンで40分焼く。焼きあがったら、上を下に向けてビンにさしておく。
⑮冷めたら、型からはずす。

【ホイップ】
①ボウルに生クリーム・砂糖を入れ、氷水が入ったボウルを下にし冷やしながら、泡立て器でホイップを作る。

【苺サンタ】
①イチゴは洗って水分を拭き取ります。生クリームは砂糖を入れ、固めにホイップを作る。
②イチゴのへたをカットし、帽子になる先の方を1/3あたりでカットします。残りの部分は胴体になります。
③胴体の上に生クリームを絞り、帽子をのせてその上にボンボンを作る。
④顔に黒ゴマで目を作る。

ケーキに、ホイップをぬり、苺サンタや果物をトッピング。

■オススメのワイン★★★★★
スパークリングワイン キャンベル ロゼスパ

ヨーグルト

ヨーグルト

■材料
プレーンヨーグルト
キウイ
イチゴ
みかん(缶詰)

■作り方
① 果物は食べやすい大きさにカット。
② お皿にヨーグルトを入れ、上に①をトッピング。

■オススメのワイン★★★★★
スパークリングワイン キャンベル ロゼスパ

骨付き鶏肉のオーブン香草焼き

'13-2bIMGP2774
オーブンで焼いたパリッとした表面の食感、そして、中に詰まった鶏肉の旨み と柔らかい食感が香草の風味と絶妙です。

'13-2b名称未設定 3のコピー

■材料
骨付き鶏もも肉・・・3本(1000g)
塩こしょう・・・適量
玉ねぎ・・・1個
にんにく・・・2片
ローズマリー・・・4枝
タイム・・・5~6枝
【漬け込みだれ】
しょうゆ・・・大さじ3
はちみつ・・・大さじ1
白ワイン・・・大さじ

■作り方
① 鶏肉は皮目にフォークで穴を開け、両面に塩こしょうする。
② 玉ねぎは半分に切り、繊維を断ち切るように5mm幅に切る。にんにくは薄切りにする。
③ バットに玉ねぎの半量を広げ、鶏肉を置き、残りの玉ねぎ、にんにくをちらし、ローズマリーとタイムをのせ、混ぜ合わせた漬け込みだれを上からかける。ラップをして冷蔵庫で6時間寝かせ、途中4~5回ひっくり返す。
④ オーブンの天板にオーブンシートを敷き漬け込んだ玉ねぎ、にんにくの一部を置き、その上に鶏肉の皮目を上にし、220度のオーブンで30分焼く。残り5分でオーブンを開けタレをスプーンで鶏肉に塗る。
⑤ オーブンの温度を250度に上げ、7~10分加熱し、その間2~3度タレを表面にぬり、焼き色が付くまで焼く。

■ワインとの相性
 ■■ キャンベル ドライ ■■img_wine_02_01
漬け込みダレとキャンベルの優しい甘さとがとても相性が良いです。また、鶏肉の旨みや甘さとワインの炭酸や酸味によるキレが調和し、自然に食を勧めてくれます。
                     ★★★★★

野菜たっぷりミネストローネ 太刀魚のコンフィ添え ゆずの香り

'13-2bIMGP9916
芳ばしい太刀魚が野菜だけの旨味たっぷりスープと楽しめます。柚子風味のアクセントも楽しめます。

■材料
太刀魚・・・1匹
玉ねぎ・・・1個
セロリ・・・1本
ニンジン・・・1/3本
好みの野菜・・・適量
ゆずの皮・・・適量
カットトマト缶・・・100g
水・・・適量
サラダ油・・・適量
塩、白コショウ・・・適量
パルミジャーノ・レッジャーノ・・・適量
オリーブオイル・・・適量

■作り方
①太刀魚を3枚におろし、塩と白コショウをうち、上からオリーブオイルをかけ、1時間ほどマリネする。
②①の太刀魚をきれいに拭き取り、魚がかぶる程度のオイルを鍋に注ぎ、極弱火で1時間弱煮る。
③カットした全ての野菜を油をひいたフライパンで炒める。水分がとび、野菜に火が通ったら、トマト缶を入れ、なじませたら水を入れて煮る。
④あくをすくい、塩と白コショウをうち、パルミジャーノを入れ、味をととのえる。
⑤皿にスープを注ぎ、静かに上に太刀魚をのせ、ゆずの皮をけずり添えたら完成。

■ワインとの相性
■■ キャンベル ドライ ■■
img_wine_02_01
野菜の優しい旨さと太刀魚の濃縮感ある味わいがしっかりしていて、キャンベルドライのキリリとした味わいと良い相性を見せています。柚子のホッとする風味とキャンベルの華やかな風味の相性も楽しめます。
                     ★★★★★