骨付き鶏肉のオーブン香草焼き

'13-2bIMGP2774
オーブンで焼いたパリッとした表面の食感、そして、中に詰まった鶏肉の旨み と柔らかい食感が香草の風味と絶妙です。

'13-2b名称未設定 3のコピー

■材料
骨付き鶏もも肉・・・3本(1000g)
塩こしょう・・・適量
玉ねぎ・・・1個
にんにく・・・2片
ローズマリー・・・4枝
タイム・・・5~6枝
【漬け込みだれ】
しょうゆ・・・大さじ3
はちみつ・・・大さじ1
白ワイン・・・大さじ

■作り方
① 鶏肉は皮目にフォークで穴を開け、両面に塩こしょうする。
② 玉ねぎは半分に切り、繊維を断ち切るように5mm幅に切る。にんにくは薄切りにする。
③ バットに玉ねぎの半量を広げ、鶏肉を置き、残りの玉ねぎ、にんにくをちらし、ローズマリーとタイムをのせ、混ぜ合わせた漬け込みだれを上からかける。ラップをして冷蔵庫で6時間寝かせ、途中4~5回ひっくり返す。
④ オーブンの天板にオーブンシートを敷き漬け込んだ玉ねぎ、にんにくの一部を置き、その上に鶏肉の皮目を上にし、220度のオーブンで30分焼く。残り5分でオーブンを開けタレをスプーンで鶏肉に塗る。
⑤ オーブンの温度を250度に上げ、7~10分加熱し、その間2~3度タレを表面にぬり、焼き色が付くまで焼く。

■ワインとの相性
 ■■ キャンベル ドライ ■■img_wine_02_01
漬け込みダレとキャンベルの優しい甘さとがとても相性が良いです。また、鶏肉の旨みや甘さとワインの炭酸や酸味によるキレが調和し、自然に食を勧めてくれます。
                     ★★★★★

塩豚スモーク

'13-2bIMGP3014
■作り方
① 豚肉に塩をすりこみ、30分程度おき、強火のフライパンで肉に焦げ目をつける。
② フライパンにホイルをひき、スモークチップ、ざらめを入れ火にかけ、煙が上がったら肉を網にのせ蓋をし中火で5分スモークする。

牛すね肉の豪快赤ワイン煮込(都農ワインスパークレッド使用)

'13-2bIMGP9964
赤身肉を赤ワインと煮込むことで、肉本来の深い味わいが楽しめます。ワインの酸味が肉の味を整えてくれます。

■材料
牛肉(すね、ほほ、モモなど)・・・1kg
玉ねぎ(ざく切り)・・・大1個
にんにく(ざく切り)・・・1/2株
ニンジン(ざく切り)・・・1本
セロリ(ざく切り)・・・1本
ブーケガルニ・・・大1本
完熟トマト・・・1個
トマトソース・・・適量
赤ワイン・・・1,5L
塩、白コショウ・・・適量
カリフラワー・・・適量
ジャガイモ・・・適量
小カブ・・・適量

■作り方
①バットかボウルに香味野菜と牛すね肉を入れ、ひたひたにワインを注ぎ、1日マリネする。
② 【牛すね肉】【香味野菜】【汁】に分け、牛すね肉に塩と白コショウし、フライパンで焼く。
③ 香味野菜を鍋でじっくり炒め、残りのワインと漬け汁を入れ、強火でアルコールをとばし、牛すね肉を入れ、強火にし、あくをすくう。ブーケガルニ、完熟トマト(丸のまま)、トマトソースを入れ、3時間ほど煮込む。
④ 出来上がったら、皿に盛り、茹でたカリフラワー、ジャガイモ、小カブを添える。

■ワインとの相性
■■ 
スパークリングワイン レッド ■■
img_wine_08_01ホロホロと溶けるように柔らかくなった赤身の牛肉。スパークリングワインレッドの心地よい炭酸とタンニン、酸味が肉の味わいと良いバランスをとってくれ、絶妙な相性です。肉の味もワインの味も楽しめます。
                     ★★★★★