2006 シャルドネ アンフィルタード

テイスティング日時:2007.4.1
CHAUF06南国の力強いシャルドネという印象を受けます。

色合い
光沢のある、淡い黄金色で、エステートよりも力強く、ゴールドのニュアンスも強く感じます。熟したシャルドネの色合いです。

香り
青リンゴの爽やかな香りとバニラ、ココナッツのような高級感ある香りを強く感じさせられます。さらに、南国の熟した果物や洋ナシの熟したような甘い香りが心地よく感じられます。そして、時間とともに、変化しながら、熟したパイナップルや桃のニュアンス、樽やココアのような香りも存在感を見せ、重厚さと濃厚さ感じる香りです。

CHAUF06-2

味わい
口に含むと青リンゴのような、爽やかな印象と同時に、パワフルで濃厚なインパクトのある厚みを感じます。桃のネクターのような濃厚な口当たりや昆布だしを連想する、アミノ酸的な旨みも感じ、あたたかみを感じます。終盤は、果実味の豊かさとボリュームを感じ、ものすごい果実の強さ、南国の力強いシャルドネという印象を受けます。

熟成
厚みのある味わいで、熟成も期待できます。生酒のように、保存に気をつけなければいけませんが、3~5年は充分楽しめます。

楽しみ方
クリーム、チーズの効いた濃くのあるソースを使ったカルボナーラやアスパラガスと新ジャガのグラタンなどとよい相性を見せそうです。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!