2006 シャルドネ エステート

テイスティング日時:2007.4.1
CHAE06パワフルで重厚な印象を受ける口当たりですよ。

色合い
緑がかった麦わら色をしていて、輝きのあるイエロー。強い色調で、ゴールドのニュアンスもあります。

香り
非常に華やいだ香りで、熟した果実の香りを強く感じます。複雑さに富んでいて、パイナップル、ココナッツにバターやヨーグルトのような香りも感じます。特に南国の甘い果物、トロピカルなニュアンスが力強く、濃厚な感じを受けます。レモンや柑橘系、ミントが中盤をしめ、後半は、バターや熟したバナナなどしっとりとした印象になってきます。

CHAE06-2

味わい
アタックの酸が自然で心地よくありながら、しっかりと主張しています。また、リンゴ酸と果実味のバランスがよく果実の濃縮感があり、パワフルで重厚な印象を受ける口当たりです。アフターにグレープフルーツのような心地よい酸味がのこり、その後、磯のような塩味のある印象を残しながら自然に舌の中からスーッと引いていきます。

熟成
酸と果実味、がしっかりとしているので、充分に熟成が期待できそうです。保存状態にもよりますが、3~5年は楽しめそうです。

楽しみ方
ワイン自体の酸味と味わいがしっかりしているので、地鶏のさっぱりとした旨みのある刺身や焼き鳥、山菜の天ぷらや豚シャブや和牛のせいろ蒸しなど、いろんな料理と楽しめると思います。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!