■Vol,01 シャルドネ アンフィルタード2016


重厚な味わいと華やかな余韻が楽しめる。
最良の単一畑、6耕区のシャルドネから生まれた、
都農ワインの逸品。
樹齢20年を超える、重厚感と華やかさが特徴。

テイスティング日時:2017.4.21

やや強めのイエロー
やや強めのイエローをしていて、透明感があります。ブドウが完熟していたことが伺える強めの色調です。グラスを伝う液面の動きはゆっくりで、凝縮感も伺えます。

華やかさと力強さを感じる香り
アプリコットやリンゴの蜜、モモのような甘いフルーツの香りが第一印象。次に樽やナッツのような香りが重なりあいながら香りに落ち着いた上品さを持たせています。グラスを回すとボリューム感があり、バターやクロワッサンのような香りもあります。また、ホワイトペッパーのような複雑さも楽しめ、バナナやトロピカルフルーツ、ジャスミンなどの甘い香りが華やかさと力強さを演出しています。

華やかな果実の味わいがとても上品
心地よい酸味と力強い果実味が口全体に広がりリッチな印象を受けます。ミルクキャンディーやバター、バームクーヘンのような乳製品の柔らかいタッチと青リンゴやラフランスのような華やかな果実の味わいがとても上品で、重厚感のある味わいを構成しています。ボリュームがあり、ミネラル感も楽しめる味わいです。余韻も長く楽しめます。

■熟成にも期待大!
現時点では、まだまだ閉じていて、硬さを感じる印象ですが、グラスを回すたびに変化する香りや濃縮感ある綺麗な味わいから考えると、熟成は大変期待できそうです。今でも楽しめる華やかさもありますが、清酒の生酒のように、保存に気をつけながら、ビン熟成による変化も楽しみです。

竹の子や山菜の天ぷらと良い相性を見せそう!
特に、竹の子や山菜の天ぷらと良い相性を見せそうです。他にも旬魚のバターソテー、アサリのバター炒め、アスパラガスと新ジャガのグラタンなどとも楽しめそうです。
冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!

 

 


■Vol,01 シャルドネ エステート2016


味わい深い酸味が心地よく、濃縮感が最高
樽発酵、樽熟成の正統派シャルドネ エステート。
樹齢20年を超える、伸びやかな酸味が魅力のワインです!
シャルドネ 5区のワインです。

テイスティング日時:2017.4.21

輝きのあるイエロー
輝きがありクリアーな色合い。イエローの中に若さを感じるグリーンなニュアンスも見られます。グラスを傾けるとキラキラと光輝き、透明感が感じられます。

高原に立っているような爽やかな香り
グレープフルーツ、レモン、ライムなどの柑橘系の香りが第一印象。まるで、若草のある高原に立っているような爽やかな香りが楽しめます。次に日向夏や夏ミカンとハチミツ、黒糖のような甘い香りと樽の香りがきれいにまとまり、調和しています。グラスを回すと、白桃、バニラのような甘い香りが広がり、青リンゴやシトラス、ハーブのような若々しい印象も受けます。ミネラル感も十分楽しめます。

■フレッシュ感のある酸味が爽やか
青リンゴやレモンのようなフレッシュ感のある酸味が口全体に広がり爽やかな印象。パイナップルやパッションフルーツなどの南国系の果実味や甘み、ミネラル感が味わいの骨格を作りながらよいバランスをみせています。ミネラル感が味わいの骨格を作りながら、余韻に、グレープフルーツのような苦みが感じられ、まだ若い印象、料理と良い相性をみせそうです。

■時間をかけて徐々に開きそうです。
酸味と果実味が綺麗に主張しているワインですので、3年から5年かけて熟成のピークに向かう印象を受けます。今後のビン内で熟成が楽しみです。

■さっぱりした料理と良い相性!
旬魚のカルパッチョや地鶏のタタキ、鯵のマリネ。そして、山菜の天ぷらや煮物。旬野菜や魚のテリーヌ。豚シャブやせいろ蒸しなどさっぱりした料理と良い相性を見せそうです。
冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!

 

 


■Vol,01 シャルドネ アンウッディド 2016


とってもフレッシュ&フルーティーなシャルドネ
幸せになれる香りと癒される味わいで、女性に大人気!

■テイスティング日時 2017.3.21
淡く澄んだイエロー
淡く澄んだイエローをしていて、若さのある色調をしています。キラキラと透き通るような透明感から、爽やかな印象も伺えます。

フルーティーな南国系の印象
パイナップルや蜜が多く入ったリンゴ、まろやかなハチミツなど、とってもボリュームのある甘い香りが第一印象。グラスを回してみると、ミカンやオレンジなどのフレッシュな香りと、ミントやグレープフルーツのような爽やかな香りが融合して、若々しいスッキリとした香りも楽しめます。全体的に甘くスッキリとした香りがとってもフルーティーで、南の風を感じるような南国系の印象を与えてくれます。

優しい甘さと爽やかな酸味
口に含むと、優しい甘さと完熟キンカンを食べたような爽やかな酸味が口いっぱいに広がります。また、グレープフルーツをかじったような苦みが絶妙なアクセントとなり、ドライな印象も感じながら、スッキリとした印象も楽しめます。最後に日向夏や夏ミカンなど、柑橘系の果物を食べたような余韻も楽しめます。

熟成も楽しみです。
アンウッディドは、フルーティーさと味わいのバランスが絶妙なので、フレッシュ感も今から十分楽しめますが、シャルドネらしい熟成香も3年後くらいから楽しめそうです。

適温は8~12の間で楽しめると思います
料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。合わせる料理としては、旬魚のカルパッチョや旬野菜のテンプラを塩で!また、食材の味わいを楽しむような和風だしベースの鍋、しゃぶしゃぶやちょっと贅沢に、伊勢海老の刺身。海老の甘味との好相性をみせそうです。素材を軽く味付けして楽しむような前菜料理と好相性を見せそうです。

 

 


■Vol,01 マスカット・ベリーA エステート 2016


完熟ブドウの魅力が奏でる味わい深いワイン
華やかな香りと上品な酸味と タンニンのバランスが絶妙!

■テイスティング日時 2017.3.21

■ルビー色のグラデーション
上品に輝く深みのあるルビー色。クリアーな赤紫から中心はルビー色、チョコレートやダークチェリーなど濃い色まで、グラスを傾けると色のグラデーションが何層にも重なり合い、上品な色合いをみせています。

■完熟ブドウの魅力が楽しめる香り
クローブのようなスパイシーな香りが第一印象。また、乾燥イチゴ、プルーン、イチゴジャムを煮詰めたようなベリー系や黒砂糖のような甘い香りも強く漂います。グラスを回してみると、シナモンやミントなどのハーブ系の香りとドライフラワー、腐葉土など森を連想させられるような香りも広がり、より複雑さを感じることができます。完熟ブドウの魅力が楽しめる香りです。

■バランスが心地よく、とても飲みやすい
チェリーや赤い果実を連想、フルーティーでミネラル感があり、優しいタンニンと良いバランスです。さらに、酸味が味わいを引締め、クローブやシナモンなどの香辛料のような複雑なニュアンスも楽しめます。終盤、ベリー系の甘味も感じるので、とても飲みやすく口飽きない味わいです。

3年から5年はしっかり熟成しそうです。
果実味がしっかりしているので、熟成にも期待できそうです。現時点でも十分楽しめる状態に仕上がっています。果実味が豊かですので、3年から5年かけて良い熟成をしていきそうです。

適温は12~15の間で楽しめると思います
冷やしすぎるとワインの個性を半減させていましますので、やや高めで楽しむと香りも味わいもより深く楽しめそうです。鶏肉の醤油ベースの煮物、濃すぎないソースのハンバーグやステーキ、牛肉のタタキなどとも相性がよさそうです。


■Vol,01 キャンベル・アーリー ドライ 2016


『キャンベル・アーリーの辛口が飲んでみたい!』、『料理とあわせるのに、キャンベル・アーリーの辛口があればいいのに!』というご要望にお答えして、キャンベル・アリー ドライのリリースをはじめました。

■テイスティングコメント 2017.2.15
■鮮やかでやや赤みのあるローズピンク色
鮮やかな色調のピンク色をしていて、やや赤みも感じる色合いです。熟したイチゴやチェリーのようなトーンの色合いです。艶があり、キラキラと輝いています。

■イチゴやアセロラのような甘く清々しい香り
第一印象は、イチゴとアセロラような甘いく清々しい香りです。次にメロンやリンゴのような爽やかさも感じ、フルーティーな香りが次々を溢れ出してきます。また、オレンジやミント、ニッケといった複雑な香りも楽しめます。

■摘みたてイチゴを食べたようなフレッシュ感!
爽やかな酸味が口全体に広がり、キレのある味わいとほのかな甘さが味わいをまとめています。また、果実味が豊かでフレッシュ感があり、摘みたてイチゴ口にしたような爽やかさが満喫できます。シャープな印象ですが、味わいにコクがあり、そのコクが酸味とのバランスをよくとっていて、大人の辛口といった印象です。

■食中酒として最適。なくてはならない新しい1本
飲み頃は、8℃~12℃。飲みあきない口当たりですので、酸味もしっかりありますので、食中酒として最適です。旬のお野菜のサラダ。ポン酢やネギ、玉ねぎをたっぷりのせた、鶏の刺身やタタキなどとも良い相性をみせます。ランチからディナーまで!この1本で幅広く楽しめます!


■Vol,01 SWEET TSUNO


■醸造法(クリオエキストラクション、氷結ぶどう搾り)
収穫したサニールージュを直ちに凍結させ、氷結したぶどう搾りました。
いわゆるクリオエキストラクションよって果汁を濃縮して、糖度の高い果汁のみ使用して醸造しました。極甘口ですので、デザートワインに最適です。

クリオエキストラクション法(氷結ぶどう搾り)は、ぶどう果実の香りや味を損なうことなく、自然のままのバランスで果汁を濃縮する方法です。サニールージュのブドウの持つ個性を活かしたワイン作りです。

■テイスティングコメント 2017.2.15
■ややピンクがかったライトイエロー
ややピンクがかっているイエローをしています。グラスに注ぐとゴールドのニュアンスが輝きをみせ、魅力的なイエローになっています。

■蜂蜜のような甘い香りと爽やかさも楽しめる
ハチミツやカンロ、白い花の蜜のような甘い香りに加え、リンゴ、アンズなど爽やかな香りが楽しめ、エレガントな印象を受けます。また、ドライアプリコットや柑橘系のフルーティーな香り、そしてリンゴの蜜のような複雑で凝縮感のある香りもバランスよく楽しめます。

■優しい甘さとキュートな酸味が絶妙
優しい甘さが口全体に広がり、心地よい酸味と調和しながら凝縮感のある味わいを演出しています。キュートな酸味によってスッキリとした印象がありながらも、優しい甘味が口全体に広がり、上品でバランスの良い味わいです。洋梨のシロップ漬けや蜂蜜なども連想させられます。終盤、柑橘系の爽やかな余韻も楽しめます。

■キリッと冷やして、デザートワインに。
デザート感覚で、キリッと8℃くらいまで冷やしてから、お楽しみくださいませ。食前または、食後にピッタリのデザートワイン。特に、イチゴ、リンゴ、ナシ、モモ・・・。果物全般と良い相性を見せそうです。また、日向夏のシャーベットや洋ナシのタルトといった、ほんのり甘く、酸味のあるスイーツとも楽しめそうです。

さらに、デザートワインの定番、ブルーチーズにハチミツをかけた、おつまみとも良い相性を見せそうです。柑橘類や梨、リンゴなどのフルーツを使ったのデザート、ガトーショコオラなどとも良い相性をみせます。

※Sweet Tsunoについて
「Sweet」は甘口のワインという意味のほかに、優しい・思いやりのある・親切な・心地の良い・素敵な・大切な・かわいらしい、などの意味があります。そこで、大切な都農、親切な都農という意味を込めて、Sweet Tsunoとしました。

※ラベルについて
ラベルはルージュをイメージして、バラをモチーフにしました。都農ワインラベル定番の尾鈴山のシルエットと口紅のような真っ赤なイメージになっています。高級感のあるラベルとボトルにしました。


■Vol,01 サニールージュ


16-bbimgp9825輝きのあるイエロー。ラフランスやマンゴーのような南国の果物が豊かに香り、口に含むとスッキリしていて爽やか。優しい甘さと心地よい渋みのバランスが最高です。
54cb65c5f62f669fe0931cea18f0c725
■ゴールドのニュアンスを感じる色合い。
今年は、若干ゴールドのニュアンスを感じるイエローをしているのが特徴。サニールージュは、紫色のブドウなので、果皮から色を抽出させないよう努めました。飴色のニュアンスもあって、高級感も感じる色合いです。

16-bbimgp9831■フレッシュな香りと甘い香りのハーモニー
フルーティーな香りが全面で楽しめます。洋ナシやリンゴなど爽やかな香りとマンゴーやパイナップル、あんずなど甘い香りが重なるように香り立ちます。また、白い花の蜜やはちみつシロップのような甘い香りも心地よく香ります。フレッシュな香りと甘い香りが融合して、華やかさを演出してくれます。

16-bbimgp9829■優しい甘さと爽やかな酸味のバランスがいい
優しい甘さと爽やかな酸味のバランスが良く、口全体に気持ちよく広がります。シャープな酸味が甘さを引き締めてくれ、味わいにメリハリを持たせています。終盤、熟したオレンジ、キンカン、濃厚なリンゴジュースのようなニュアンスも連想させられます。上品さも兼ね備えたバランスの良い味わいです。

7e60dd8714ee246d942fb2e8b3c354fa■楽しみ方
フレッシュ感をお楽しみいただくために、よく冷やしてからお召し上がりください。8℃~12℃が飲み頃です。白身魚のアクアパッツァやカルパッチョ、キンフグのタタキやサンマの塩焼きなど白身魚料理全般と相性抜群です。また、酸味にフレッシュ感がありますので、シャブシャブや水炊き、生ガキとも良い相性をみせます。
54cb65c5f62f669fe0931cea18f0c725


■Vol,01 プライベートリザーブ2011


img_wine_06_01長期樽熟成によって育まれた、エレガントな味わい。
都農ワインのマスカット・ベリーAの最高峰!

■可能性を求め、長期樫樽貯蔵
マスカット・ベリーAに私たちはさらなる可能性を求めました。それは長期樫樽貯蔵です。数か月ステンレスタンクで寝かせ、さらに3年程度フレンチオークでじっくり熟成させました。熟成を重ねたマスカット・ベリーAは、オークの香りと果実香が心地よく、滑らかなでふくよかな味わいに仕上がっています。

  • タイプ:赤・辛口・ミディアムボディー●飲み頃温度:10℃~15℃
  • アルコール度数 11度●容量 750ml●価格:2,800円/本(税込)

mbapr1■テイスティングコメント 2016.10.7
■ややオレンジがかった淡いガーネット色。
ややオレンジ色がかった淡いガーネット色をしているのですが、まだ赤みのある色調も感じるので、じっくりと熟成をしているような深みのある色合いです。グラスを傾けると色の層が段階的に滑らかに変化していて、歳月を感じる色調です。

16-bbimgp9823■フレンチオークやカカオのような香りが上品。
フレンチオークの上品な香りとチョコレートやカカオのような甘い香りが楽しめます。さらに、腐葉土や枯れ枝、ニッケやハーブといった複雑な香りも顔を覗かせます。終盤、熟したリンゴやブルーベリージャムのような甘い果実の香りも心地よく楽しめます。

16-bbimgp9821■優しい酸味と軽やかなタンニンのバランスが良い。
優しい酸味と軽やかなタンニンのバランスが良く、味わいをまとめています。また、黒糖や干しブドウに加えて、紅茶のようなニュアンスも感じ、複雑な味わいもみせます。ベリーA特有の心地よい果実味が味わいの骨格をつくり一体感のある味わいになっています。余韻は中程度で樽の風味が心地よいです。

 

13-2bIMGP2751■牛すね肉の赤ワイン煮込みとぜひ!
10℃~15℃と冷やしすぎないようにしてお楽しみください。コトコトと煮込んだ牛すね肉の赤ワイン煮込みとは絶妙な相性を魅せます。また、すき焼きや焼き肉との相性は抜群です。バルサミコソースとも良い相性をみせそうです。

■ベリーAと別の顔をもった素晴らしい味わいに感動
【東京在住 ワイン販売店店主のコメント】
酸味が上品で心地よい!フルボディーではないものの、グルナッシュ種やピノ・ノワール種からできたワインのような滑らかさも感じます。とても綺麗に熟成しています。マスカット・ベリーAと別の顔をもった素晴らしいワインですね!


■Vol,01 キャンベル・アーリー2016


16-bbimgp96062016ビンテージレポート
今年の春先からの気候は安定していて、例年と同じ時期に萌芽を迎えました。昨年の長雨の影響もあり、萌芽から展葉にバラツキがあるものの、順調に推移してきました。梅雨は例年並みの雨量でしたが、長雨にはならず、開花、結実期もなんとかのりきれました。7月、8月と安定した気候が続き、豊富な日照のおかげで、着色も進み、熟度の上がったブドウを収穫できました。イチゴのような甘い香りが強く、甘みのあるブドウを丁寧に醸造してきました。

16-bbimgp9610■鮮やかなロゼ色が魅力的!
輝きのある可愛いローズピンクをしていて、イチゴやもぎたてのサクランボを思わせるような可愛い色合いですキラキラ輝く鮮やかなロゼ色がとても魅力的です。

■イチゴやアセロラなどフレッシュな甘い香り
イチゴやアセロラ、白桃のようなフルーティーな香りが全面で楽しめます。グラスを回すと、ドロップキャンディや綿あめ、ライチなどのような甘い香りが立ち、メロンやスイカのような香りも楽しめます。フレッシュ感があり、フルーティーな香りを満喫できます。
16-bbimgp9607■摘みたてイチゴを口にしたような爽やかな味わい
フレッシュ感のある酸味と優しい甘さのバランスが良く、摘みたてイチゴを口にしたような爽やかな味わいです。香りと味わいに一体感がるのでとてもフルーティーです。イチゴやベリー系の果物を食べたような余韻も楽しめます。食前酒、食中酒、デザートワインとしても楽しめる、オールマイティーなワインです。

14-fbimgp8589

■楽しみ方!
キャンベルのフレッシュ感をお楽しみいただくために、よく冷やしてからお召し上がりください。8℃~12℃が飲み頃です。チキン南蛮と良い相性をみせます!南蛮酢の甘酸っぱさとキャンベルの甘酸っぱさはとても良い相性です!また、食前酒・デザートワインとして、スイーツ全般との相性はもとより、トマト料理や味噌、醤油を使った和風お料理ともよく合います。是非お試しください。


■Vol,01 マスカット・ベリーA2016


16-bbimgp96202016ビンテージレポート
今年の春先からの気候は安定していて、例年と同じ時期に萌芽を迎えました。昨年の長雨の影響もあり、萌芽から展葉にバラツキがあるものの、順調に推移してきました。梅雨は例年並みの雨量でしたが、長雨にはならず、開花、結実期もなんとかのりきれました。7月、8月と安定した気候が続き、豊富な日照のおかげで、着色も進み、熟度の上がったブドウを収穫できました。コールドソークという醸造方法で、丁寧に醸造しました。

2016%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bd%81%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9-%ef%bd%93■やや赤みのある紫色
赤キャベツやビーツを思わせるような赤みのある色調です。輝きと艶があり上品な印象。例年に比べ、今年は赤みの色調を感じるので、果実味が豊かなことを連想させてくれます。

■ベリー系の香りとカカオのような甘い香りが印象的
ベリー系の香りに加えて青みのあるスパイスの香りが第一印象。グラスを回すとザクロや赤いリンゴなどのフレッシュな果実の香りやカカオや黒糖の甘い香りも楽しめます。終盤にかけて、ブラックペッパーやシナモンなどのスパイスな香りも漂い、より複雑さを演出しています。

16-bbimgp9622■酸味とタンニンのバランスが上品
フレッシュ感のある酸味と心地よいタンニンのバランスが上品にまとまっており、軽やかに口の中で広がります。また、ダークチェリーを口にしたような果実味と優しいスパイシーな味わいが、飽きのこない味わいを構成しています。スッキリしていて、どんな料理に合わせることもできる、飲み飽きないライトな赤ワインです。

16-bb%e5%92%8c%e9%a2%a8%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0■楽しみ方
冷やしすぎるとワインの香りが立ちづらくなりますので、15℃~18℃くらいでお楽しみください。肉やトマトを使った煮込み料理とよく合います。また、餃子、ハンバーグなど気軽にできる家庭料理にもよく合います。ぜひお楽しみください。