■Vol,01 テンプラニーリョ プライベートリザーブ 2016

早熟品種を探し求め辿りついたのがテンプラニーリョでした。スペイン語で「テンプラーノ」=「早熟な」という意味です。2008年に定植し、2012年のビンテージを今年初リリースいたします。優しい味わいながらもしっかりとして味わいを魅せる、都農のテンプラニーリョをお楽しみください。

■ビンテージレポート 2016
2016年は春先からの気候は安定していて、例年と同じ時期に萌芽を迎えました。昨年の長雨の影響もあり、生育にバラツキがあるものの、順調に推移してきました。梅雨は例年並みとなり、開花、結実期も順調にのりきれました。7月、8月と安定した気候が続き、豊富な日照のおかげで、熟度も順調に上がりました。

■メイキングレポート 2016
選別しながら収穫。その後選果台を使って丁寧な選別を行いました。数種類の酵母を組み合わせ、10日程度の醸し発酵。その間、果実、果皮に含まれる色や渋味、旨味を引き出すために、櫂入れや液循環を行い、バスケットプレスで搾汁。その後、9ヶ月間程度フレンチオークで樽熟成させました。

■テイスティングコメント 2017.9.18
■やや黒みがかったルージュの色調
やや黒みがかったルージュの色調、若干赤いニュアンスも感じます。透明感があり、傾けたグラスの黒と赤のグラデーションがとても綺麗です。

■赤い花の香りやカカオのような甘い香りが上質
赤い花の香りにブルーベリーのような甘い香りがオークの香りと一体になって楽しめます。チョコレートやカカオのようなニュアンスを感じます。次に、ドライプラムや干し草、バラの花に加え、シナモン、スパイスといった香辛料の香りも上質です。グラスを回す度に様々な香りが立ち上ります。

■果実味とタンニンの一体感のある味わい
心地よい果実味とタンニンが綺麗に重なり合い味わに一体感があります。タンニンのボリュームは、中程度でブラックベリーやドライイチジクなどのような甘い果実味と重なり合いながら味わいの骨格を作っています。和製テンプラニーリョといった感じです。中盤、丁字やニッケ、スパイスといった複雑さも感じながら余韻も長く楽しめます。

■今後の熟成については
長期熟成には向かないと思いますが、タンニンにボリュームがあるので、今でも十分楽しめますが、3年から5年と熟成しても複雑で面白そうです。

■シンプルながらも複雑な味わいの料理とぜひ!
10℃~15℃と冷やしすぎないようにしてお楽しみください。肉料理全般と良い相性をみせます。ポークやジビエのソーセージの豆煮込み、トマトや赤ワインのリゾット、コクのあるチーズを使ったニョッキなど、重たすぎない料理とお楽しみください。

■Vol,01 ピノ・ノワール プライベートリザーブ

「都農でピノ・ノワールをつくりたい」私たちは、温暖な地域では栽培が難しいといわれる、ピノ・ノワール栽培に挑戦しました!これまで築き上げてきた、土づくりや月齢管理、そして、整枝剪定などの栽培技術を駆使し、納得いくピノを収穫できました。南国都農町生まれのピノ・ノワールをぜひ、お楽しみください。

■2016年ビンテージレポート
2016年は、春先からの気候は安定していて、例年と同じ時期に萌芽を迎えました。昨年の長雨の影響もあり、生育にバラツキがあるものの、順調に推移してきました。梅雨は例年並みとなり、開花、結実期も順調にのりきれました。7月、8月と安定した気候が続き、豊富な日照のおかげで、熟度も順調に上がりました。

■2016のメイキングレポート
選果台を使って丁寧な選別を行って仕込みました。フルーティーな香りを出すために、低温で果実を浸漬した後、かもし発酵を行いました。雑味を出さないよう、伝統的なバスケットプレスで搾汁し、その後、フレンチオークで9ヶ月ほど樽熟成しました。

■テイスティングコメント 2017.9.18
■透明感のあるルビー色
透明感があり、輝きのあるルビー色をしています。また、若干のオレンジ色のニュアンスも感じますがグラスを傾けると色の階層も楽しめる色合いです。

■赤い果実の香りとオークの香り
サクランボやフランボワーズなどの赤い果実を連想させられる香りとオークの香りを全面で感じます。グラスを回すとドライプルーンやカカオのような甘い香りも重なり合い、複雑で心地よい香りが楽しめます。

■優しい味わいと心地よい余韻
優しいタンニンと心地よい酸味が口全体に広がります。味わいを強く主張しないので、心地よいファーストアタック。サクランボやアセロラを連想させられます。さらに、優しいタンニンと果実味のバランスは良く、余韻では、ほのかなローストのニュアンスと心地よい果実味が長く楽しめます。

■今後の熟成については
軽やかな味わいですので、今でも十分楽しめますが、3年から5年熟成しても複雑味が増して面白そうです。■濃すぎない味付けの料理でぜひ!
10℃~15℃が飲み頃です。ローストビーフや鶏肉の香草焼きなどと良い相性を見せそうです。その場合、味付けを濃すぎないようにした方が、ワインと良い相性をみせそうです。ハムやソーセージのグリルなどとも楽しめそうなピノ・ノワールです。

■Vol,01 シラープライベートリザーブ2015

心地よい酸味と優しいタンニンながらも、
骨格のしっかりとした味わいが楽しめる。
エレガントタッチの和風シラー。
[ビンテージレポート2015]
今年は、例年と同じくらいの時期に萌芽を迎え、5月までは安定した気候が続きました。しかし、梅雨入り以降5月下旬から7月下旬まで曇雨天が続き、連日の小雨にぶどうが病気で駄目になるのではと悩まされましたが、8月に入り安定した気候が続き、それに伴って色も熟度も上がりました。また、8月下旬には、台風15号襲来もありましたが、強風の影響も大きくは受けず、なんとか収穫まで辿り着くことができました。まさに、奇跡的な収穫となりました。

■テイスティング日時:2017.6.14

■明るめのガーネット色
ガーネットやビロードのような落ち着いた色合いでとてもシックな印象。グラスをつたう雫からとろみがあるのがうかがえます。黒みがかった色調のやや明るめのガーネット色がとても綺麗です。

■白胡椒や山椒に加え、甘い香りも楽しめる
グラスに注がれた瞬間は、シナモンや白胡椒、山椒のようなスパイス系の香りが第一印象。後からチョコレートや黒糖のような甘い香りがします。グラスを回すと、ミントや針葉樹のような爽やかな香りが強くなります。また、樽の香りが心地よく、これからの成熟にも期待が持てる香りです。

■和食にあうエレガントタッチの和風シラー
白胡椒や山椒のようなスパイシーな味わいが広がり、心地よい酸味が優しいタンニンと良いバランスをとりながら、一体感のある味わいを構成しています。和風シラーといった感じで、和食に合いそうです。エレガントなタッチながらも、骨格のしっかりとした味わいが楽しめ、また、樽の雰囲気が良いアクセントになり、深みのある干しブドウのような風味が余韻を長く楽しませてくれます。

 ■今後の熟成にも
若い印象もある今の状態ですが、1年から2年はこの若さも楽しめ、3年から5年と熟成した雰囲気も複雑で面白そうです。定期観察が必須です。

■スジ肉の煮物と是非!
10℃~15℃と冷やしすぎないようにしてお楽しみください。肉料理全般と良い相性をみせます。濃すぎない味付けで、スジ肉の醤油や味噌ベースの煮物やトマト風味の効いたトリッパ。また、パストラミや燻製、デミグラスやバルサミコソースなどを使った料理とも楽しめます。

 

 

 

 

Vol,01 甲州 プライベートリザーブ2016

宮崎の気候風土で育まれた甲州は、
都農の個性を醸しだしています。
甘くフルーティーな香りと心地よい酸味、
甲州の持つ「和」テイストをお楽しみください!
自社農園の18区で栽培している甲州。日本を代表するブドウ品種「甲州」を自分たちの畑でも栽培してみたい!宮崎の個性が表現できる甲州を造ってみたい!と2007年に栽培をスタート。棚仕立て、一文字短梢剪定、樹間5mという仕立て方法で、堆肥を積極的に使用した土づくり、月齢による栽培管理、草生栽培、減農薬など、独自の方法で栽培してきました。納得のいくブドウが収穫できるのに5年の歳月がかかりました。

[輝きのあるイエロー]
輝きのあるイエローをしていて、透明感を感じます。若干、ピンク色のニュアンスも感じます。グラスの側面を伝って落ちる様子をみると粘性があることがうかがえます。粘性があることから、今年も日照量に恵まれたことが感じられます。

[宮崎ならではの甲州の香り]
モモや熟したリンゴのような甘い香りが第一印象。次にジャスミンなどの白い花のような爽やかな香りを楽しめ、終盤、ラフランスのようなフルーティーな香りに癒されます。グラスを回すと、グレープフルーツや日向夏のような柑橘系の香りが増し、爽やかな香りが一層に引き出されます。さらに、アプリコットのようなボリューム感や甘さのある印象も受け、宮崎の気候風土を反映している甲州の香りが満喫できます。

[しっかりとした酸味とボリューム感のある味わい]
柑橘系のしっかりとした酸味が第一印象。味に深みがあり、その酸味とボリューム感のある味わいがバランスよく一体感をみせています。スッキリした味わいが和食とよい相性をみせそうです。大和撫子のような日本的なワインの特徴が良く出ています。

[甲州の繊細さを楽しむには1年程度で。]
甲州の持つ繊細な味わいや柑橘系の香りを楽しむには、これから1年程度。まだ若さのある味わいのですが、フレッシュ感や繊細さが楽しめます。さらに瓶熟成が進むと、複雑な香りが楽しめるようになると思います。1年~3年の間でお楽しみいただければと思います。

[爽やかな味わいの調理と相性抜群!]
地鶏の刺身やタタキ、鯵のマリネ。そして、山菜の天ぷらや煮物。旬野菜や魚のテリーヌ。豚シャブやせいろ蒸しなどさっぱりした料理と良い相性を見せそうです。 冷やしすぎると旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!

 

Vol,01 ソービニヨン・ブラン プライベートリザーブ2016

華やかで清々しい香りと爽やかながらも厚みのある味わい!
和食にピッタリのソービニヨン・ブラン!
自社農園で栽培した10区のソービニヨン・ブランのみを使用しました。樹齢は、7年目。まだ若い樹ですが、納得のいくブドウがようやく収穫できました。堆肥を積極的に使用した土づくり、月齢による栽培管理、草生栽培など、独自の方法で栽培してきました。

[しっかりした黄金色]
キラキラと輝きのある黄金色です。また、粘性を感じるような液面の動きをみせます。宮崎ならではの日照量に恵まれたことがうかがえます。

[若草やハーブに加え、リンゴのような爽やかな香り]
若草、ハーブのようなオイリーで青い香りとナシやリンゴのような甘く爽やかな香りが重なり合いフレッシュな香りを演出しています。グラスを回すとグレープフルーツのような柑橘系、黄色い花やシトラスのようなスッキリ爽やかな香りと、バニラのような甘い香りが顔をのぞかせ、アロマティックな香りが楽しめます。南の特徴を感じさせられます。

[優しい酸味と甘みのバランス]
爽やかですっきりしているが、まろやかさも感じます。先に、グレープフルーツを口にしたようなフレッシュな印象、後から、トロトロとした粘性が印象的で、パイナップルやパッションフルーツのような南国系の甘みも感じ、優しい酸味との良いバランスを見せ、コクのある味わいを構成しています。余韻も爽やかで心地よく続きます。

[熟成も楽しみです]
フレッシュ感を満喫できるのは、これから1年~2年。その後は、熟成による味わいの変化も期待できます。

[適温は8℃~12℃の間がおすすめです!]
冷やしすぎると香りが立ちにくいので、10℃前後が良い温度帯になるかと思います。また、料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。

和食全般に良い相性をみせます。甘エビやイカのお刺身、タケノコの天ぷらや煮物、旬魚の和風カルパッチョやマリネ、旬野菜のテンプラとも良い相性をみせます。ぜひ、お楽しみ下さいませ。

■Vol,01 シャルドネ アンフィルタード2016

重厚な味わいと華やかな余韻が楽しめる。
最良の単一畑、6耕区のシャルドネから生まれた、
都農ワインの逸品。
樹齢20年を超える、重厚感と華やかさが特徴。

テイスティング日時:2017.4.21

やや強めのイエロー
やや強めのイエローをしていて、透明感があります。ブドウが完熟していたことが伺える強めの色調です。グラスを伝う液面の動きはゆっくりで、凝縮感も伺えます。

華やかさと力強さを感じる香り
アプリコットやリンゴの蜜、モモのような甘いフルーツの香りが第一印象。次に樽やナッツのような香りが重なりあいながら香りに落ち着いた上品さを持たせています。グラスを回すとボリューム感があり、バターやクロワッサンのような香りもあります。また、ホワイトペッパーのような複雑さも楽しめ、バナナやトロピカルフルーツ、ジャスミンなどの甘い香りが華やかさと力強さを演出しています。

華やかな果実の味わいがとても上品
心地よい酸味と力強い果実味が口全体に広がりリッチな印象を受けます。ミルクキャンディーやバター、バームクーヘンのような乳製品の柔らかいタッチと青リンゴやラフランスのような華やかな果実の味わいがとても上品で、重厚感のある味わいを構成しています。ボリュームがあり、ミネラル感も楽しめる味わいです。余韻も長く楽しめます。

■熟成にも期待大!
現時点では、まだまだ閉じていて、硬さを感じる印象ですが、グラスを回すたびに変化する香りや濃縮感ある綺麗な味わいから考えると、熟成は大変期待できそうです。今でも楽しめる華やかさもありますが、清酒の生酒のように、保存に気をつけながら、ビン熟成による変化も楽しみです。

竹の子や山菜の天ぷらと良い相性を見せそう!
特に、竹の子や山菜の天ぷらと良い相性を見せそうです。他にも旬魚のバターソテー、アサリのバター炒め、アスパラガスと新ジャガのグラタンなどとも楽しめそうです。
冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!

 

 

■Vol,01 シャルドネ エステート2016

味わい深い酸味が心地よく、濃縮感が最高
樽発酵、樽熟成の正統派シャルドネ エステート。
樹齢20年を超える、伸びやかな酸味が魅力のワインです!
シャルドネ 5区のワインです。

テイスティング日時:2017.4.21

輝きのあるイエロー
輝きがありクリアーな色合い。イエローの中に若さを感じるグリーンなニュアンスも見られます。グラスを傾けるとキラキラと光輝き、透明感が感じられます。

高原に立っているような爽やかな香り
グレープフルーツ、レモン、ライムなどの柑橘系の香りが第一印象。まるで、若草のある高原に立っているような爽やかな香りが楽しめます。次に日向夏や夏ミカンとハチミツ、黒糖のような甘い香りと樽の香りがきれいにまとまり、調和しています。グラスを回すと、白桃、バニラのような甘い香りが広がり、青リンゴやシトラス、ハーブのような若々しい印象も受けます。ミネラル感も十分楽しめます。

■フレッシュ感のある酸味が爽やか
青リンゴやレモンのようなフレッシュ感のある酸味が口全体に広がり爽やかな印象。パイナップルやパッションフルーツなどの南国系の果実味や甘み、ミネラル感が味わいの骨格を作りながらよいバランスをみせています。ミネラル感が味わいの骨格を作りながら、余韻に、グレープフルーツのような苦みが感じられ、まだ若い印象、料理と良い相性をみせそうです。

■時間をかけて徐々に開きそうです。
酸味と果実味が綺麗に主張しているワインですので、3年から5年かけて熟成のピークに向かう印象を受けます。今後のビン内で熟成が楽しみです。

■さっぱりした料理と良い相性!
旬魚のカルパッチョや地鶏のタタキ、鯵のマリネ。そして、山菜の天ぷらや煮物。旬野菜や魚のテリーヌ。豚シャブやせいろ蒸しなどさっぱりした料理と良い相性を見せそうです。
冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!

 

 

■Vol,01 シャルドネ アンウッディド 2016

とってもフレッシュ&フルーティーなシャルドネ
幸せになれる香りと癒される味わいで、女性に大人気!

■テイスティング日時 2017.3.21
淡く澄んだイエロー
淡く澄んだイエローをしていて、若さのある色調をしています。キラキラと透き通るような透明感から、爽やかな印象も伺えます。

フルーティーな南国系の印象
パイナップルや蜜が多く入ったリンゴ、まろやかなハチミツなど、とってもボリュームのある甘い香りが第一印象。グラスを回してみると、ミカンやオレンジなどのフレッシュな香りと、ミントやグレープフルーツのような爽やかな香りが融合して、若々しいスッキリとした香りも楽しめます。全体的に甘くスッキリとした香りがとってもフルーティーで、南の風を感じるような南国系の印象を与えてくれます。

優しい甘さと爽やかな酸味
口に含むと、優しい甘さと完熟キンカンを食べたような爽やかな酸味が口いっぱいに広がります。また、グレープフルーツをかじったような苦みが絶妙なアクセントとなり、ドライな印象も感じながら、スッキリとした印象も楽しめます。最後に日向夏や夏ミカンなど、柑橘系の果物を食べたような余韻も楽しめます。

熟成も楽しみです。
アンウッディドは、フルーティーさと味わいのバランスが絶妙なので、フレッシュ感も今から十分楽しめますが、シャルドネらしい熟成香も3年後くらいから楽しめそうです。

適温は8~12の間で楽しめると思います
料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。合わせる料理としては、旬魚のカルパッチョや旬野菜のテンプラを塩で!また、食材の味わいを楽しむような和風だしベースの鍋、しゃぶしゃぶやちょっと贅沢に、伊勢海老の刺身。海老の甘味との好相性をみせそうです。素材を軽く味付けして楽しむような前菜料理と好相性を見せそうです。

 

 

■Vol,01 マスカット・ベリーA エステート 2016

完熟ブドウの魅力が奏でる味わい深いワイン
華やかな香りと上品な酸味と タンニンのバランスが絶妙!

■テイスティング日時 2017.3.21

■ルビー色のグラデーション
上品に輝く深みのあるルビー色。クリアーな赤紫から中心はルビー色、チョコレートやダークチェリーなど濃い色まで、グラスを傾けると色のグラデーションが何層にも重なり合い、上品な色合いをみせています。

■完熟ブドウの魅力が楽しめる香り
クローブのようなスパイシーな香りが第一印象。また、乾燥イチゴ、プルーン、イチゴジャムを煮詰めたようなベリー系や黒砂糖のような甘い香りも強く漂います。グラスを回してみると、シナモンやミントなどのハーブ系の香りとドライフラワー、腐葉土など森を連想させられるような香りも広がり、より複雑さを感じることができます。完熟ブドウの魅力が楽しめる香りです。

■バランスが心地よく、とても飲みやすい
チェリーや赤い果実を連想、フルーティーでミネラル感があり、優しいタンニンと良いバランスです。さらに、酸味が味わいを引締め、クローブやシナモンなどの香辛料のような複雑なニュアンスも楽しめます。終盤、ベリー系の甘味も感じるので、とても飲みやすく口飽きない味わいです。

3年から5年はしっかり熟成しそうです。
果実味がしっかりしているので、熟成にも期待できそうです。現時点でも十分楽しめる状態に仕上がっています。果実味が豊かですので、3年から5年かけて良い熟成をしていきそうです。

適温は12~15の間で楽しめると思います
冷やしすぎるとワインの個性を半減させていましますので、やや高めで楽しむと香りも味わいもより深く楽しめそうです。鶏肉の醤油ベースの煮物、濃すぎないソースのハンバーグやステーキ、牛肉のタタキなどとも相性がよさそうです。

■Vol,01 キャンベル・アーリー ドライ 2016

『キャンベル・アーリーの辛口が飲んでみたい!』、『料理とあわせるのに、キャンベル・アーリーの辛口があればいいのに!』というご要望にお答えして、キャンベル・アリー ドライのリリースをはじめました。

■テイスティングコメント 2017.2.15
■鮮やかでやや赤みのあるローズピンク色
鮮やかな色調のピンク色をしていて、やや赤みも感じる色合いです。熟したイチゴやチェリーのようなトーンの色合いです。艶があり、キラキラと輝いています。

■イチゴやアセロラのような甘く清々しい香り
第一印象は、イチゴとアセロラような甘いく清々しい香りです。次にメロンやリンゴのような爽やかさも感じ、フルーティーな香りが次々を溢れ出してきます。また、オレンジやミント、ニッケといった複雑な香りも楽しめます。

■摘みたてイチゴを食べたようなフレッシュ感!
爽やかな酸味が口全体に広がり、キレのある味わいとほのかな甘さが味わいをまとめています。また、果実味が豊かでフレッシュ感があり、摘みたてイチゴ口にしたような爽やかさが満喫できます。シャープな印象ですが、味わいにコクがあり、そのコクが酸味とのバランスをよくとっていて、大人の辛口といった印象です。

■食中酒として最適。なくてはならない新しい1本
飲み頃は、8℃~12℃。飲みあきない口当たりですので、酸味もしっかりありますので、食中酒として最適です。旬のお野菜のサラダ。ポン酢やネギ、玉ねぎをたっぷりのせた、鶏の刺身やタタキなどとも良い相性をみせます。ランチからディナーまで!この1本で幅広く楽しめます!