赤ワインとビーツの都農米リゾット

'15-b2DSC_1960

材料:(2人分)
米、赤ワイン、ビーツ、玉ねぎ、にんにく、オリーブオイル、チキンスープ、バター

作り方
①鍋にチキンスープとビーツを入れて柔らかくなるまで煮る
②ビーツとスープに分ける
③フライパンにオリーブオイル、玉ねぎ、にんにく、米を入れて炒める
④米が半透明になったら赤ワイン、ビーツを加えて煮る。②のスープを米が浸るまで加える(繰り返す)
⑤バターを加え、塩コショウで味を整え、皿に盛りチーズをかける

合わせるワイン
テンプラニーリョ プライベートリザーブ ★★★★★

img_wine_34_01

■肉の旨みと好相性!
リゾットの落ち着いたコクのある味わいとワインの相性は抜群。また、牛ホホ肉の赤ワイン煮、仔羊のグリルとも良い相性をみせます。

 

鯛の塩釜香草焼き

'15-b2DSC_1933

材料:(4人分)
鯛(内臓を取っておく。半身なども可)、あら塩、卵白、お好みのハーブ、だし昆布

作り方
①オーブンを180℃に予熱。
②昆布を水で戻す
③ボウルに塩と卵白を入れて混ぜ、塩メレンゲを作る
④オーブンのトレイにクッキングシートを敷き③を半量のせる
⑤昆布、鯛、ハーブ、昆布、残りの③の順にのせ形成する
⑥オーブンで50分程度焼く
⑦まわりの塩を外す

合わせるワイン
ソービニヨン・ブラン プライベートリザーブ ★★★★★


img_wine_27_01

■白身魚の塩釜焼きとバッチリ!
塩釜焼きの凝縮感のある味わいと磯の優しい風味が良い相性をみせます。ポン酢を付けても素敵な相性をみせます!

 

白身魚の和風あんかけソース

'15-b2名称未設定 2

材料:(2人分)
白身魚切り身、オリーブオイル、酢、砂糖、白ワイン、七味唐辛子、鶏がらスープ、片栗粉、野菜

作り方:
① 白身魚を食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶし焼く
② 酢、砂糖、白ワイン、鶏がらスープを合わせ沸騰させ、水溶き片栗粉でとろみをつける
③ 焼いた魚を皿に盛り、②をかけ野菜を盛り、七味唐辛子をふる

合わせるワイン
甲州 プライベートリザーブ ★★★★★

img_wine_29_01

■白身魚の旨みとベストマッチ!
白身魚のぎゅっと詰まった旨みとあんかけの優しい味わいが甲州とベストマッチ。クリームソースや牡蠣鍋とも良い相性をみせます。

都農牛のローストビーフ 濃厚バルサミコソースがけ

'15-b2DSC_1943

材料:(4人分)
牛塊肉、塩、コショウ、ニンニク、バルサミコ酢、蜂蜜、バター

作り方:
①塩、コショウ、ニンニクを牛肉全体に絡めて、15~20分おく。
②肉の表面を焼く
③アルミホイルでくるみ、その上からさらにタオルなどでくるみ15分ほどおく。
④切り分けて皿に盛る
⑤バルサミコを煮詰めて、蜂蜜、バターで味を調えソースを作り、肉にかける

合わせるワイン
ピノ・ノワール プライベートリザーブ ★★★★★

img_wine_23_01

■肉の旨みと好相性!
肉の旨みが満喫できる、ローストビーフと良い相性をみせます。濃厚なバルサミコソースが肉の旨みを引き立て、ワインと抜群に合います。

 

ポークビーンズ 都農トマトと豆煮込み

'15-b2名称未設定 1

材料:(4人分)
豚肉のソーセージ、ベーコン、インゲン豆、玉ねぎ、にんにく、トマト、オリーブオイル、塩、コショウ

作り方:
①塩をすりこんで、一晩寝かせた豚肉を水洗いする
②みじん切りしたニンニクとオリーブオイルで豚肉、玉ねぎ、ベーコンを炒める
③ソーセージと水を加え煮る
④トマト、インゲン豆を加え、塩コショウで味を調える

合わせるワイン
シラー プライベートリザーブ ★★★★★
img_wine_07_01

■肉料理全般と好相性!
ポークビーンズと素敵な相性をみせます。また、ペッパーステーキやグリル、鹿肉のソテーやソーセージなど肉料理全般と良い相性をみせます。

牛スジ肉のおでん

'15-b2名称未設定 3材料:(4人分)
牛スジ、タコ、大根、他(具材はお好みで)昆布、鰹節、味噌、醤油、みりん

作り方
①牛すじや大根などはあらかじめ下茹でしておく
②を昆布だしで、煮込む
③味噌、みりんを②のスープでのばして鍋に加える
④味がしみこむまで弱火で煮込む

合わせるワイン
マスカット・ベリーA プライベートリザーブ ★★★★★
img_wine_06_01

■和風ダシたっぷりのおでん!
じっくり煮込んだ「おでん」との相性は抜群です。
また、肉うどんやすき焼きとの相性も良く、スモークチキンやハムなどとも合います。

 

鹿ステーキ

名称未設定 1のコピー材料
鹿肉ロース、岩塩、蜂蜜、コショウ、オリーブオイル、赤ワイン、バルサミコ、サラダ

作り方
①鹿ロースをカットして、蜂蜜、塩、コショウで下味をつける。(2時間程度)
②フライパンにオリーブオイル、ニンニクをしいて、火を入れる。
③強火で表面を色目を付け、全体を焼き上げたら、赤ワインでフランベする。
④アルミで包んでオーブン80度くらいで少し休ませる。
⑤③のフライパンに残った肉汁と赤ワインに蜂蜜をバルサミコ酢を入れて煮詰めて、塩、コショウで味を整えソースにする。
⑥肉をカットして皿に盛りつけ完成。

合わせるワイン
プライベートリザーブ シラー ★★★★★
img_wine_07_01
鹿ロースに岩塩と地どれ蜂蜜で下味を付け、強火でソテー。肉汁したたる肉に蜂蜜と赤ワインを使ったソースを合わせると、鹿肉本来の旨みがより堪能できます。シラーのスパイシーな味わいと相性抜群。ワインの心地よい渋みが肉の旨みと馴染みながら互いに味わいを引き立てます。

鹿肉のカツレツ

名称未設定 2材料
鹿肉モモ、セージ、パン粉、卵、バター、オリーブオイル、パルメジャン、パセリ、レモン、塩コショウ

作り方
①1センチほどの鹿肉を叩いて伸ばして、蜂蜜、セージ、岩塩、コショウをかけ1時間ほど冷蔵庫で下味をつける。
②溶き卵はボウルに用意し、パン粉をミキサーで細かくして、パルメジャンも混ぜておく。
③①を溶き卵にくぐらせ、②でころもをつける。
④フライパンにバター、オリーブオイルをたっぷりいれて温め、③を入れてこんがりと色がつくまで焼き上げる。
⑤カットして皿にもって、刻んだパセリをふりかけ出来上がり。

合わせるワイン
シャルドネ アンフィルタード ★★★★★img_wine_12_01

オリーブオイル、バターでサクッと焼き上げた香ばしい風味と柔らかい肉の食感がベストマッチ。ほのかに香るハーブと鹿肉の風味には食欲をそそられます。シャルドネのバターや樽のような香りと馴染みがよく、ワインの酸味が味わいをまとめ、魅力的なマリアージュを堪能できます。

 

猪&鹿のミートソースパスタ

名称未設定 4材料
鹿肉、猪肉、トマト、キノコ、玉葱、ニンニク、バター、ニンジン、赤ワイン、塩、コショウ、パセリ、パルメジャン

作り方
①猪肉と鹿肉 1対1の割合で合挽きにする。
②フライパンにバターをひき、ニンニク、玉葱、ニンジン、キノコを入れて炒める。
③②にホールトマト、ざく切りトマトを入れて煮込む。
④別のフライパンで、オリーブオイルとニンニクでジビエミンチ肉炒めて、赤ワインを入れてさらに煮込む。③を入れて、塩、コショウで味を整えながら煮込む。
⑤ゆであがったパスタに盛り付け、パセリとパルメジャンをかけて出来上がり。
img_wine_04_01猪と鹿肉を5:5の合挽きを使ったミートソースパスタ。ソースはややあっさりに仕上げ、肉の歯ごたえが楽しめます。ジビエ肉とトマトの相性は良く、トマトの香りと肉の味がバランスよく楽しめます。ベリーAの軽やかな酸味とソースの味わいの馴染み方が最高に合います。

猪汁【ハンタースープ】

'15-b2名称未設定 1材料
猪肉、大根、にんじん、こんにゃく、サトイモ、ネギ、味噌、柚子胡椒

作り方
①水に猪肉を入れて炊き込む。あく取りを念入りに行う。
②その他具材を入れて煮込む
③具材に火が入ったら、味噌を入れて馴染ませる。
④ネギ、柚子胡椒をトッピングして出来上がり。

合わせるワイン
キャンベル・アーリー ★★★★★
img_wine_01_01
味噌が具材の味わいを引き立て、猪肉の旨みと香り、歯ごたえもアクセントになって一体感のある優しい味わいです。また、柚子胡椒を少し入れると、ホッとする味わいにも変化。キャンベルの優しい甘さと味噌の相性は驚くほど良く、ワインの心地よい酸味も口を和ませてくれます。