「Winart」(ワイナート)No,87

ワインをこよなく愛する方々にぴったりの一誌「Winart」(ワイナート)
ワインと食のビジュアルマガジンです。

日本ではまだ栽培の歴史が浅いピノ・ノワール。
むずかしい品種と言われながらも、
その魅力的なブドウから、美酒を追い求める醸造家も多いそう。
Winart7月号では、そんな彼らの造るワインを、
そのワインの裏に秘められた人々の想いを紹介しています。
「日本のピノ・ノワールは美味しいのか?」と題して、
日英マスター・オブ・ワインの称号をもつ2人が、
日本各地で造られたピノ・ノワール40本を試飲&対談。

その貴重な40本のなかに、
都農ワインの「プライベートリザーブ ピノ・ノワール2013」が
選ばれました。

誠にありがとうございます。

また、
「生産者が選ぶ、MBA(マスカット・ベリーA)ベストマッチグラスを探せ!」
と題して、
マスカット・ベリーAを飲むには
どのグラスがふさわしいのか、
日本の醸造家7名による
同品種のグラステイスティングが行われました。
10のリーデルグラスとの組み合わせの中から、
1番マッチするグラスを選ぶというこの企画。
興味をそそられる、とても画期的な企画です。

2日間にわたった
グラステイスティングセッション。

7名の醸造家は、試飲に試飲を重ね、
最後まで悩みながらも自身のワインに最適と感じたグラスを
決定しました。

果たして、赤尾がセレクトしたグラスは・・・???

それは、Winart7月号を見てからの
お楽しみということで・・・♪♪

■ Winart(ワイナート) 2017年 7月号(第87号)
■ 美術出版社
■ 定価:1,944円

日本のワイナリーに行こう2018

次々に全国に誕生する新ワイナリー
<日本>を強烈に意識した栽培と醸造
新たなステージを迎えた日本ワインの全貌!として、
日本ワイナリーに行こう2018
<日本ワイン>とワイナリーのガイドブックが
イカロス出版より出版されました。

都農ワイナリーが2ページにわたり紹介されています。
その中に、おすすめのワインセレクトもありますので
都農ワインに来られた方は是非参考にしてみてくださいね!

ページを進んでいくと、
7人のテイスターがブランド・テイスティングから
それぞれをセレクトしたページがあるのですが、
その中で、都農ワインのシャルドネエステート2015が
日本のシャルドネ味わい本位で選んだベスト3と
日本のシャルドネ おすすめ31に選ばれました!

また、ピノ・ノワールが
日本のピノ・ノワール おすすめ18に選ばれました!
とても光栄で、嬉しく思います!

ぜひ、ご覧くださいませ!
日本のワイナリーに行こう2018
イカロス出版
定価 : 本体2,400円+税

 

 

ワインガイド【Real Wine Guide】2017春号(4月号)

Real Wine Guide 2017年春号

リアルな視点と本音で綴るワインガイドReal Wine Guide 2017春号に都農ワインが紹介されました。今回の特集はRWG初の写真集。なんでも撮りためてきた膨大な写真の中から○○すぎて掲載を見送った海外の醸造家から日本の醸造家。
そしてそしてワイナリーで飼われているペット達等の厳選映像187点がカタログ風となって掲載されています。工場長の赤尾もいますので、
是非、探してみてください。
その他、テイスティングレヴューでも、都農ワインが紹介されています。テイスティングした時点での純粋なおいしさを採点する
「今飲んで(のおいしさ)点」、ワインの品質や実力を採点する「ポテンシャル点」と飲み頃予想が案内されていますので、ぜひご参考ください。

株式会社リアルワインガイド
1,714円(税別)2017年春号
ぜひ、ご覧ください!

日本ワイン99本

各地で奮闘する99人の造り手たちと彼(彼女)らのワインについて記している
『日本ワイン99本』がプレジデント社より出版されました。

各地のワイナリーを訪れ、造り手からの信頼も厚いワインジャーナリスト鹿取みゆきさんが選ぶ、いま注目すべきワイン99本・造り手99人をワイナリーデータなどとともに紹介。

また、東京・神泉「カフェブリュ」などを手掛ける岩倉久恵さんが、それぞれのワインに合わせたい料理を提案。
この一冊で日本ワインの楽しみ方、そして日本ワインの「今」と「将来」がわかります!

生食用ブドウから生まれた発泡酒として
都農ワインからは≪スパークリング キャンベルアーリー≫が紹介されています。地元で愛されている生食用のキャンベルアーリーを発泡酒へ、都農ワインのこだわりが少しでも伝わっていただければ幸いです。

合わせる料理としては、
「照り焼きマーマレードチキン」
ワインとの相性も抜群です!

他にもどんな料理と合うのか、または『ワインの話』として
ちょっとした小話も楽しめます。
日本一周のワイナリーツアーが、この一冊で出来た気分になれます。

ぜひ、ご覧くださいませ!
日本ワイン99本
プレジデント出版
定価 : 本体1,200円+税