■Vol,01 シャルドネ アンウッディド 2016

とってもフレッシュ&フルーティーなシャルドネ
幸せになれる香りと癒される味わいで、女性に大人気!

■テイスティング日時 2017.3.21
淡く澄んだイエロー
淡く澄んだイエローをしていて、若さのある色調をしています。キラキラと透き通るような透明感から、爽やかな印象も伺えます。

フルーティーな南国系の印象
パイナップルや蜜が多く入ったリンゴ、まろやかなハチミツなど、とってもボリュームのある甘い香りが第一印象。グラスを回してみると、ミカンやオレンジなどのフレッシュな香りと、ミントやグレープフルーツのような爽やかな香りが融合して、若々しいスッキリとした香りも楽しめます。全体的に甘くスッキリとした香りがとってもフルーティーで、南の風を感じるような南国系の印象を与えてくれます。

優しい甘さと爽やかな酸味
口に含むと、優しい甘さと完熟キンカンを食べたような爽やかな酸味が口いっぱいに広がります。また、グレープフルーツをかじったような苦みが絶妙なアクセントとなり、ドライな印象も感じながら、スッキリとした印象も楽しめます。最後に日向夏や夏ミカンなど、柑橘系の果物を食べたような余韻も楽しめます。

熟成も楽しみです。
アンウッディドは、フルーティーさと味わいのバランスが絶妙なので、フレッシュ感も今から十分楽しめますが、シャルドネらしい熟成香も3年後くらいから楽しめそうです。

適温は8~12の間で楽しめると思います
料理によって温度を変えてみると、とても楽しいワインになりそうです。合わせる料理としては、旬魚のカルパッチョや旬野菜のテンプラを塩で!また、食材の味わいを楽しむような和風だしベースの鍋、しゃぶしゃぶやちょっと贅沢に、伊勢海老の刺身。海老の甘味との好相性をみせそうです。素材を軽く味付けして楽しむような前菜料理と好相性を見せそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です