■Vol,01 マスカット・ベリーA2016

16-bbimgp96202016ビンテージレポート
今年の春先からの気候は安定していて、例年と同じ時期に萌芽を迎えました。昨年の長雨の影響もあり、萌芽から展葉にバラツキがあるものの、順調に推移してきました。梅雨は例年並みの雨量でしたが、長雨にはならず、開花、結実期もなんとかのりきれました。7月、8月と安定した気候が続き、豊富な日照のおかげで、着色も進み、熟度の上がったブドウを収穫できました。コールドソークという醸造方法で、丁寧に醸造しました。

2016%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bd%81%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9-%ef%bd%93■やや赤みのある紫色
赤キャベツやビーツを思わせるような赤みのある色調です。輝きと艶があり上品な印象。例年に比べ、今年は赤みの色調を感じるので、果実味が豊かなことを連想させてくれます。

■ベリー系の香りとカカオのような甘い香りが印象的
ベリー系の香りに加えて青みのあるスパイスの香りが第一印象。グラスを回すとザクロや赤いリンゴなどのフレッシュな果実の香りやカカオや黒糖の甘い香りも楽しめます。終盤にかけて、ブラックペッパーやシナモンなどのスパイスな香りも漂い、より複雑さを演出しています。

16-bbimgp9622■酸味とタンニンのバランスが上品
フレッシュ感のある酸味と心地よいタンニンのバランスが上品にまとまっており、軽やかに口の中で広がります。また、ダークチェリーを口にしたような果実味と優しいスパイシーな味わいが、飽きのこない味わいを構成しています。スッキリしていて、どんな料理に合わせることもできる、飲み飽きないライトな赤ワインです。

16-bb%e5%92%8c%e9%a2%a8%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0■楽しみ方
冷やしすぎるとワインの香りが立ちづらくなりますので、15℃~18℃くらいでお楽しみください。肉やトマトを使った煮込み料理とよく合います。また、餃子、ハンバーグなど気軽にできる家庭料理にもよく合います。ぜひお楽しみください。

Vol,01 マスカット・ベリーA 2015

'15-b2IMGP8060<ビンテージレポート>
2015年は、例年と同じくらいの時期に萌芽を迎え、5月までは安定した気候が続きました。しかし、梅雨入り以降5月下旬から7月下旬まで曇雨天が続き、連日の小雨にぶどうが病気で駄目になるのではと悩まされましたが、8月に入り安定した気候が続き、それに伴って色も熟度も上がりました。また、8月下旬には、台風15号襲来もありましたが、強風の影響も大きくは受けず、なんとか収穫まで辿り着くことができました。まさに、奇跡的な収穫となりました。すっきりとした風味で甘みのあるぶどうを丁寧に醸造してきました。

'15-b2IMGP8052■紫がかった鮮やかなルビー色
透明感のある、紫がかったルビー色。輝きや艶があり上品な印象。
例年と比べると、今年は紫の色調がしっかりしており、果実味が豊かなことを連想させてくれます。

■ベリー系の香りとカカオのような甘い香りが印象的
ブラックベリーやカシス、ブルーベリーのようなベリー系の香りに加え、カカオや黒糖の甘い香りも印象的です。グラスを回してみると、ザクロやりんごなどフレッシュな果実の香りも漂います。また、ブラックペッパーやシナモンなどのスパイスな香りも漂い、より複雑さを演出してくれます。

'15-b2IMGP8061■キレのあるフルーティーで軽やかな味わい
口に含むとフレッシュな酸と上品なタンニンが広がり、フルーティーで軽やかな味わい。キレのある酸味が味わいを引きしめ、果実味や余韻を心地よく楽しむことができます。酸味とタンニンのバランスがよく、後口もスッキリ。どんな料理に合わせることもできる、飲み飽きないライトな赤ワインです。

2014 マスカット・ベリーA

'14-fbIMGP8688■2014年は、2度の台風被害をうけながら、厳しい作柄になりました。
しかし、9月に入ってからの気候が安定し、なんとか持ち直しました。
尾鈴ブドウ生産者の技術力によって、果実味豊かなブドウで
仕込みができました。

■テイスティングコメント:2014.10.9
'14-fbIMGP8694●紫がかったルビー色
透明感のある紫がかったルビー色。輝きや艶もあり綺麗な色調になっています。例年に比べ、色調は大人しめなので、軽やかなイメージを連想させられます。

●熟した果実の香りが印象的
ブルーベリーやカシス、煮詰めたベリー系の香りに加え、熟したリンゴやバナナなどの甘い香りも印象的。グラスを回してみると、きのこや腐葉土など森林を連想させられるような香りも心地よく漂い、より複雑さを堪能できます。

'14-fbIMGP8697●フルーティーで軽やか
上品な酸味とタンニンが口に広がり、フルーティーで軽やかな味わいです。口当たりも滑らかでリンゴをかじったようなフレッシュな酸味も楽しめます。酸味とタンニンのバランスがよく、後口もスッキリ。余韻も心地よく、飲み疲れしません。どんな料理にも合わせやすい、軽やかな赤ワインです。

'14-fbIMGP8626■冷やしすぎるとワインの香りが立ちづらくなりますので、10℃~15℃くらいでお楽しみください。肉やトマトを使った煮込み料理とよく合います。餃子・ハンバーグなど家庭料理と共にカジュアルにお楽しみください。

■Vol,01 マスカット・ベリーA 2013

2013年は、とってもいいビンテージになりました。
長い梅雨もありませんでしたし、台風の影響もありませんでした。
豊富な日照のおかげで、果実味あふれる、宮崎らしい特徴が
表現できるビンテージです。10年に一度あるか無いかの、
素晴らしい作柄となりました。

■テイスティング日時:2013.10.11
■やや赤みを感じる紫色。 
若干黒味を感じる赤紫色をしていて、艶があり、しっかりとした色調です。ブドウの熟度がよかったことも伺えます。


■華やかな香りが楽しめます。 
華やかな香りを全面で楽しめます。ブルーベリーやカシスのような黒い果物の香りに加え、チェリーや野イチゴのようか赤い果物のような、みずみずしい香りも楽しめます。また、レーズンやドライプルーンや落ち着いた香りも複雑さを演出しています。

■上品な酸味とキメの細かなタンニンとが心地よい。 
上品な酸味とキメの細かなタンニンとが心地よく口全体に広がります。果実味もしっかり主張していて、軽やかでフルーティーな味わいです。また、ブルーベリーやプラムのような爽やかな酸味も楽しめます。余韻も心地よく、飲み疲れしません。


■楽しみ方 
冷やしすぎるとワインの香りが立ちづらくなりますので、15℃~18℃くらいでお楽しみください。肉やトマトを使った煮込み料理とよく合います。また、餃子、ハンバーグなど気軽にできる家庭料理にもよく合います。ぜひお楽しみください。

■Vol,01 マスカット・ベリーA 2012


ライトでスッキリ。飽きのこないワイン!!
■マスカット・ベリーA 2012  1,350円/本


■テイスティングレポート

■やや赤みを感じる紫色。 
やや赤みを感じる紫色をしています。しっかりとした色調ですので、ブドウの熟度がよかったことも伺えます。


■華やかな香りが楽しめます。 
クリーンな香りで華やかさを全面で楽しめます。ブルーベリーやカシスのような黒い果物の香りに加え、チェリーや野イチゴのようか赤い果物のような、みずみずしい香りも楽しめます。また、レーズンやドライプルーンや落ち着いた香りも複雑さを演出しています。

■上品な酸味とキメの細かなタンニンとが心地よい。 
上品な酸味とキメの細かなタンニンとが心地よく口全体に広がります。果実味もしっかり主張していて、軽やかでフルーティーな味わいです。また、ブルーベリーやプラムのような爽やかな酸味も楽しめます。余韻も心地よく、飲み疲れしません。


■楽しみ方 
冷やしすぎるとワインの香りが立ちづらくなりますので、15℃~18℃くらいでお楽しみください。肉やトマトを使った煮込み料理とよく合います。また、餃子、ハンバーグなど気軽にできる家庭料理にもよく合います。ぜひお楽しみください。


■2012ビンテージレポート 
今年2012年は、春先からの低温で遅めの出芽となりました。しかし、5月に入ると暖かい気候になり、例年よりやや早い開花をむかえました。以降、例年並みの生育を維持。6月の梅雨時期中盤に襲った豪雨は、記録的な雨量となり6月の雨量だけで1,457㎜もの雨が降りました。南九州らしい高温多湿の環境下でしたが、尾鈴ブドウ生産者達の技術力で克服し、7月中盤から天候も回復、無事収穫をむかえることができました。

赤尾

■Vol,01 マスカット・ベリーA 2011

ライトでスッキリ。飽きのこないワイン!!

■2011ビンテージレポート 
2011年の作柄は、冬場から春先までの乾燥と春以降の多雨によって、厳しい年となりましたが、尾鈴ブドウ農家さんの技術力でそれらを克服し、立派なブドウを頂きました!


■テイスティングレポート
■しっかりとした色調の紫色。
 

しっかりとした色調の紫色をしています。例年より深みのある色合いから、ブドウの熟度がよかったことも伺えます。

■華やかな香りが楽しめます。 
華やかな香りの中にブルーベリーやカシス、レーズンのような香りが重なり合って楽しめます。ドライプルーンや落ち葉のような香りも複雑さを演出しています。非常に楽しめる香りです。


■タンニンと果実味のバランスが良い味わい。 
心地よい酸味が口全体に広がり、キメの細かなタンニンと良い調和を見せます。果実味もしっかりしていて、ボリューム感があります。ブルーベリーやプラムのような爽やかな甘酸っぱさが印象的です。余韻もフルーティーで軽やかですので、飲み疲れしません。

■楽しみ方 
冷やしすぎるとワインの香りが立ちづらくなりますので、15℃~18℃くらいでお楽しみください。肉やトマトを使った煮込み料理とよく合います。また、餃子、ハンバーグなど気軽にできる家庭料理にもよく合います。ぜひお楽しみください。

■Vol,01 2006プライベートリザーブ マスカット・ベリーA


5年もの歳月を重ねた、
都農ワインのマスカット・ベリーAの最高峰!


■可能性を求め、長期樫樽貯蔵
そのマスカット・ベリーAに私たちはさらなる可能性を求めました。それは長期樫樽貯蔵です。数か月ステンレスタンクで寝かせ、さらに4年程度フレンチオークでじっくり熟成させました。5年もの歳月を重ねたマスカット・ベリーAは、オークの香りと果実香が心地よく、滑らかなでふくよかな味わいに仕上がっています。


■テイスティングコメント 2010.2.14
■若干のオレンジ色のニュアンスも感じるルビー色
若干のオレンジ色のニュアンスも感じるルビー色。落ち着きのある色合いです。グラスを傾けると色の層が段階的に滑らかに変化していて、歳月を感じる色調です。

■樽の要素とワインが一体となって複雑で心地よい。
ビターチョコレートのような芳ばしい香りとチェリーやフランボーズのような赤く甘い果実を連想させられる香りが力強く重なりあい良い調和を見せています。さらに、乾いた落ち葉や紅茶のような清々しい香りに複雑さと心地よさも感じます。樽の要素とワインが一体となって、複雑で心地よい香りが楽しめます。


■酸味が滑らかでタンニンとのバランスが心地よい
酸味がとても滑らかで、スーッと口の中になじみます。程よいタンニンと果実味のバランスが心地よく、ミディアムボディーですが、濃縮感も楽しめます。マスカット・ベリーAの骨格が樽熟成によって、ふくよかな味わいに変化しています。余韻が長く楽しめる味わいになっています。

■すき焼きや焼き肉とぜひ!
10℃~15℃と冷やしすぎないようにしてお楽しみください。料理との相性が幅広く楽しめると思います。特に、すき焼きや焼き肉との相性は抜群でしょう。また、バルサミコソースなどを使った料理やコクのある料理とも良い相性をみせそうです。

■発売は、2011年3月5日より

詳しいリリース情報は、こちらから。

■vol,01 2010 マスカット・ベリーA

ライトでスッキリ。飽きのこないワイン!!マスカット・ベリーA

いよいよ、リリースとなった2010年のマスカット・ベリーA
詳しいリリース情報は、こちらから

■ではでは、早速テイスティングレポート~ 2010.10.8

■赤みをおびた明るい赤紫色をしています。
淡い赤と黒色がまざったような印象を受けます。艶もあり、明るい赤紫色をしています。色から見ても、軽やかなイメージを感じます。

■華やかな香りが第一印象
ブルーベリーやカカオのような華やかな香りが第一印象。さらに、カシスやレーズン、ドライプルーンのような黒い果実を連想させられる香りも楽しめます。また、紅茶や落ち葉のような香りも重なり合いながら複雑さを演出しています。非常に楽しめる香りです。


■タンニンと果実味のバランスが良い味わい
キメの細かなタンニンと心地よい果実味のバランスが良く、ブルーベリーやプラムのような爽やかな甘酸っぱさが印象的です。ほのかにカシスのような味わいも感じられます。軽やかな仕上がりですので、飲み疲れしません。フルーティーな余韻も長く楽しめます。

■楽しみ方
冷やしすぎるとワインの香りが立ちづらくなりますので、15℃~18℃くらいでお楽しみください。肉やトマトを使った煮込み料理とよく合います。また、餃子、ハンバーグなど気軽にできる家庭料理にもよく合います。ぜひお楽しみください。

■2010ビンテージレポート
今年は、春先からの寒暖の差には恵まれたものの、4月から6月まで曇雨天に悩まされました。しかし、7月以降は強い日照に恵まれ、若干の回復を見せてくれました。色の付き方がポイントになるブドウですので、収穫時期を見極め、立派なブドウをいただきました。


■メイキングレポート
マスカット・ベリーAは、フルーティーな香りを出すために、2日間ほど低温で果実を浸漬した後、かもし発酵を行いました。果実の持つ華やかな香りを前面で楽しめるよう、発酵終盤にかけて30℃を超えないようコントロールしてきました。

■Vol,01 マスカット・ベリーA 2004 プライベート リザーブ

可能性を求め、長期樫樽貯蔵!!
マスカット・ベリーAの5年間貯蔵ワイン!!


■可能性を求め、長期樫樽貯蔵
私たちはマスカット・ベリーAにさらなる可能性を求めました。
それは長期樫樽貯蔵です。
1年間ステンレスタンクで寝かせ、さらに4年間フレンチオークで
じっくり熟成させました。5年もの歳月を重ねたマスカット・ベリーAは、
オークの香りと果実香が心地よく、滑らかなでふくよかな味わいに
仕上がっています。

●タイプ:赤・辛口・ミディアムボディー
●飲み頃温度:10℃~15℃
●アルコール度数 11度
●容量 750ml
●価格:1,890円/本(税込)
●発売日:2009年11月28日より

■オンラインショッピングへはこちらから。


リリース情報は、こちらから。

テイスティングコメント
日時:2009.11.22
■オレンジ色がかった赤紫色
オレンジ色がかった赤紫色をしていて、色合いに落ち着きを感じます。グラスを傾けると色の層が段階的に滑らかに変化していて、歳月を感じる色調です。

■高級チョコと黒い果実の甘く華やかな香り
香の第一印象は、ブランデーチョコ。高級なチョコレートの甘い香りと樽のこうばしい香りが力強く感じます。さらに、ドライプルーンやブルーベリーなどの黒い果実の甘く華やかな香りが立ちのぼります。他にもチェリーやプラムを連想させられる香りも楽しめます。終盤にかけては、落ち葉や紅茶のような清々しい香りも重なり合いながら複雑な香りを演出しています。樽からの要素がワインに強くなじみ、複雑で濃縮感ある香りに変化しています。


■酸味が滑らかでタンニンとのバランスが心地よい
ファーストアタックは、酸味のトーンが滑らかで、タンニンとのバランスが大変心地よく、ミディアムボディーですが、濃縮感を十分感じます。マスカット・ベリーAの骨格が樽熟成によって、ふくよかな味わい変化しています。また、コーヒーを飲んだ後のようなこうばしい余韻が長く続き、複雑で楽しめる味わいになっています。

■すき焼きや焼き肉とぜひ!
10℃~15℃と冷やしすぎないようにしてお楽しみください。
料理との相性が幅広く楽しめると思います。
特に、すき焼きや焼き肉との相性は抜群でしょう。
また、バルサミコソースなどを使った料理やコクのあるお魚料理とも良い相性をみせそうです。


■今後の熟成について
現時点で酸味とタンニンのバランスが良いので、1年から2年の間いにはお飲みいただいた方が良いかと思います。長期間のビン熟成にはあわないかもしれませんが、ビンでの熟成は計り知れない一面ももっていますので、私たちも半年後、1年後と様子を見守っていきたいと思います。

■リリース情報 こちらから。
■お求めは、オンラインショッピングへ

赤尾誠二

■Vol,01 2009 マスカット・ベリーA

ライトでスッキリ。飽きのこないワイン!!

■2009ビンテージレポート
今年は、春先から少雨、乾燥、寒暖の差、さらに台風襲来ゼロ。ブドウ栽培には好条件と言われる環境に恵まれました。これまで、雨対策、台風対策に神経を使ってきましたが、今年は、「乾燥」という間逆の環境。黒ボクと言われる私たちの土壌は、乾燥に弱く、雨が降らないと極度の乾燥状態に陥ります。潅水などの乾燥対策にも気を使いながら、6月を乗りきり、太陽の光をサンサンと浴びた、風味豊かな立派な尾鈴ブドウをいただきました。

■メイキングレポート
マスカット・ベリーAは、フルーティーな香りを出すために、2日間ほど低温で果実を浸漬した後、かもし発酵を行いました。果実の持つ華やかな香りを前面で楽しめるよう、発酵終盤にかけて30℃を超えないようコントロールしてきました。


テイスティング日時:2009年10月13日
■青味をおびた濃い紫色をしています。
艶があり、青みをおびた濃い紫色をしています。強くしっかりとした色合いです。

■華やいだ香りと濃縮感ある香り
ブルーベリーやプラム、カカオのような華やいだ香りを前面に感じます。さらに、レーズンやドライプルーンのような黒い果実の濃縮感ある香りと紅茶やドライフワラーのような香りも重なり合いながら複雑さを演出しています。非常に楽しめる香りです。

■爽やかで厚みのある味わい
ほどよいタンニンと心地よい果実味のバランスが良く、新鮮なブルーベリーやプラムのような甘酸っぱさが爽やかです。厚みのある味わいですが、ライトな仕上がりで、飲み疲れすることなく、フルーティーな余韻を長く楽しませてくれます。また、熟成による変化も期待できそうです。

■楽しみ方。
冷やしすぎるとワインの香りが立ちづらくなりますので、15℃~18℃くらいでお楽しみください。肉やトマトを使った煮込み料理とよく合います。餃子・ハンバーグなど家庭料理と共にカジュアルにお楽しみください。


■リリース情報 こちらから。
■お求めは、オンラインショッピングへ

赤尾誠二