報道雑誌 週刊金曜日
「明るい農村」で紹介される


週刊金曜日2

週刊金曜日
 広告を一切排除し、スポンサーに依頼せず定期購読のみで出版される異色の週刊報道雑誌。(椎名誠、故筑紫哲也、本田勝一などの一流ジャーナリストやコラムニスト、大学教授らが編集委員を務める)
 6月2日発行第608号「あかるい農村」の第2話に、大笑いする小畑工場長の写真が 大きく掲載された。序文に「地域を活性化させる三大要素は、ヨソモノ・ワカモノ・バカモ ノといわれる」と記され、まさにそれを象徴していた。「世界.のワインをつくりたい」とい う小畑が夢を語るくだりで始まる文面には、河野前町長や小畑、赤尾らが歩んできた人 生や“しがらみ”との戦い。定説を覆した土づくりなどの苦労が克明に綴られていた。「変 人という切り口が新鮮。やっぱり俺って変人なのかな?」とは、誌面を見た小畑の感想。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です