宮崎マンゴー2010 仕込みスタート


M-IMGP7941-1.jpg
2007年からはじまった、宮崎マンゴーのワイン作り。
2010年産宮崎マンゴーの仕込みがはじまりました。
ワイン作りは、地域にある果物をお酒にできる魅力があります。
宮崎にはたくさんの果物、農作物があり、その農作物を使って、
ワインを作ることも都農ワインの使命です。
M1-R0016063-2.jpg
今年は、4月の曇雨天によって、苦労も多かったようですが、
5月には、たくさんの太陽の光に恵まれ、風味豊かなマンゴーを
収穫することができたそうです。
宮崎マンゴーの栽培は、25年ほどの歴史があります。
西都市で数件の農家さんが取り組み始めました。
県上げてのブランド化に向け、厳しい品質基準はもちろん、
独自の栽培方法を築きながら、少しずつ販路を開拓してきました。
特に、自然に落下するまで樹に実らせる方法で収穫されたマンゴーは、
甘くて風味豊か。宮崎マンゴーのブランドを築きあげるのに、
都農ワインとしても一役を担うことができないかと、製品化に踏み切りました。
M1-R0016065-3.jpg
皮と種を取り除く、パルパーを通して、
果肉をタンクで発酵させます。ワイン用の特別な酵母で、
華やかなワインに生まれ変わります。
10日間ほど発酵させ、8月にはリリースできればと思います。
トロピカルな宮崎らしい、スパークリングマンゴー。
今しばらく、お待ちください☆
赤尾


種を見る!


M-R0015926.jpg
樹の生理はどんどん変化しています。
生長点の大きさや枝の硬さ、わき芽の伸長、
そして、粒の大きさ(現在10㎜程度)と種の様子。
M-IMGP7911.jpg
白と茶色が混じったような色の種。
粒ごとカッターで輪切りにしてみると、
種は意外と硬くなり始めていました。
もう2、3週間もすると種も茶色く色づき始めます。
そうなると、水周りといって、ベレゾーン期を迎え、
糖度が上がりはじめます。
赤尾


豪雨


M-R0015995.jpg
なんじゃこりゃ…。
危険なほどの雨量。ここだけ降っているような雨。
この3日間ほどで、300㎜を超える雨になりました。
ワイナリーにある雨量計の数字です。
台風襲来時よりも多い…。
南九州は、どこも凄い雨。
土砂災害など気をつけなければ。。。
M-R0015992.jpg
空中湿度が高いので、頭上ほどの高さに
仕立ててある枝から、根が出はじめました。
気根といいます。
雨は、この数日がピークのようです。
早く、梅雨上がって欲しい。。。
赤尾


豪雨の都農


M-R0015886.jpg
まるで、雲の中に入っているような
丘の上の都農ワイナリーとブドウ園。
一寸先も見えないほど、霧に包まれています。
ジメジメしていて、ムシムシします。
今年の4月、5月、6月の雨量は、例年より多く、
倍くらい降っています。6月は800㎜ほどに…。
病気も増えた…。ブドウには、過酷な環境です。
早く、青い空と眩しい太陽を見たい。
口蹄疫の埋設作業も雨の中進んでいます。
雨中の作業は、危険で大変のようです。
作業をしている知人、まいっていました。
早く、明るくなってほしい。
・義援金の募集お知らせ。こちら
・支援活動のお知らせ。こちら
赤尾


スタッフ総出、梅雨入りのブドウ園


M-R0015822.jpg
ホント雨ばかりの日が続いています。
宮崎も梅雨入りしました。
これから、7月中旬まで、曇雨天が続くでしょう。
6月に入ってからも、雨が多くて、、、
本葉に、若干ベト病が出ている園もありました。
M-IMGP7788-s.jpg
枝切りや房づくり、わき芽取りなど枝管理にも
追われてまだまだ追い付いていない…。
スタッフ総出で枝管理しています。
M-IMGP7895.jpg
慣れない作業で、大変だと思いますが、
8月に立派なブドウが収穫できるように・・・
M-IMGP7854.jpg
ブドウは、一次肥大期に入り、ブドウの粒は、
7㎜程度まで大きくなりました。
開花期間が長かったので、粒の大きさに
若干、ばらつきがあります。
ブドウの生育ステージでは、前半戦が終わり、
後半戦に突入しています。あと2ケ月程の勝負。
赤尾


房づくり


M-R0015660.jpg
数日間、雨の多い日が続いていました。。。
梅雨もそこまできています。
喜んでいるのは、このカタツムリだけ??
M-R0015638.jpg
農園では、房づくりをしています。
たくさん結実した粒を整理します。
シャルドネは、副房を落とす程度ですが、
マスカット・ベリーAは2回に分けて、
半分くらいを落としていきます。
現在3㎜程度の果粒です。
口蹄疫。まだまだ増えています。
区域内ですが、感染力は衰えていません。
懸命の処分作業が続いています。
募金や励ましの声を全国の皆さまから
いただいております。
国側は、、、総理や大臣が変わっても
変わらずの支援をしていただきたいです。
※口蹄疫の義援金に関することは、こちらから。
赤尾