早い園では、葉が降りてきました~~


挑戦!都農ワインのブドウ栽培とワイン醸造
シャルドネの葉が降りてきました。
他の園より、数日早い生育をしている、5区のシャルドネ。
シャルドネ エステートになる畑です。
早い分、農作業も重ならないので、助かります。
今年は、早くから暖かくなりそうなので、
心しておかねば・・・


赤尾


ビニール被覆、はじまる!


挑戦!都農ワインのブドウ栽培とワイン醸造

雨の多い宮崎では、年間4,000mmを超える雨が降ります。

フランスの銘醸地に比べおよそ5倍~7倍の雨量。

特にヨーロッパのブドウ品種は、葉の表面のワックスが薄く、

雨に当たるとそのワックスが剥がれ落ち、葉の細胞に直接水が

浸透し病気を招くことになります。


もちろん、健康な葉を維持するためにいろいろな技術を用いますが、

梅雨時期のドカ降りの雨、台風時の豪雨には、かないません。

そこで、葉や果実を守るために、雨よけのフィルムを被覆します。

傘をさしているような感じですね。

来週中には終わる予定です~


赤尾


萌芽が揃ってきました。


挑戦!都農ワインのブドウ栽培とワイン醸造
萌芽、随分揃ってきました~~
5区が一番早くて、6区は遅いですが、じっくり来ています。

ピノも萌芽がはじまり、今年は全体的に早い傾向です。
桜の花も3割ほど咲いています。

不思議と、近くの桜の開花とシャルドネの萌芽時期は

似ているんです~~



赤尾


萌芽(ほうが)はじまりました~~


挑戦!都農ワインのブドウ栽培とワイン醸造
この数日の暖かい天気の影響か、、、
例年より早い萌芽(ほうが)になりそうです。
シャルドネ萌芽はじまりました。

近年で動きの早かったのは、2010年。。。

毎年、月の満ち欠けを見ながら萌芽、開花など

生育ステージを見ていきますが、温度による影響も

大きいので、「萌芽=はじまり」はとても気になります。


これからの生育のリズムをみながら、栽培をはじめます。

いよいよ、ビンテージ2013年のはじまり。
良い作柄になりますように~~


赤尾