カボチャ 風の被害



カボチャの生育状況。
定植後から収穫作業も重なって、
なおかつ、風の影響も受けてしまって、
なかなか厳しい中ですが、スタッフも頑張って、
丁寧に管理を進めています。
元葉が大事なので、葉が痛むと後々の
カボチャへの影響も。。。

天気も安定してきているので、
復活もしてくれるでしょう。
野菜の栽培は勉強になるので、
もう少しみんなで頑張っていきます!

赤尾


2013年ビンテージ終了!!


今日ですべてのブドウを収穫&仕込みが終了しました!
最後に収穫したのは、マスカット・ベリーA。
完熟まで待っての収穫となりました!

ビックビンテージ2013。
ちょっと長いですが、今年の特徴を書いてみます。
2013年は、春先から樹の動きが早くシャルドネの萌芽が始まったのは、3月19日。芽吹きから寒い日が続きましたが、冷害もなく順調に展葉が進みました。それ以降の5月の開花までは朝晩の涼しいものの、暖かい日が続き、例年と同じくらいの開花時期をむかえました。

南国宮崎では、5月中旬から雨が続き、6月本格的な梅雨をむかえます。7月中旬には梅雨空けというのが通年ですが、今年は、開花期以降雨が少なく、6月、7月と記録的な猛暑の中、雨のない状況が続きました。

ブドウは、ベレゾーン(着色期)の数週間前から雨に当たらないと水分ストレスがかかり、色や果実味がのると言われます。まさに、銘醸地のような水分ストレスがブドウにかかり、シャルドネはもちろん、特に、赤系の品種は、色のりがよく、熟度が上がった状態で収穫できました。

シャルドネも枝整理や除葉などのキャノピーマネージメントを細かく行って、日焼けにならないよう、工夫してきました。結果、果実味がしっかりとして、南らしい特徴をもったブドウでワインを仕込むことができました。まさに、ビックビンテージといってふさわしい作柄になりました。

ブドウ園を開園して18年。この5区を植栽したのは1995年ですので、樹齢も18年です。写真は、1995年、棚を設置中の5区。


18年前に植栽したての5区シャルドネ。1995年4月12日。記録って凄いですね。すべての園で、11,000本程度の苗を定植しました。私は20歳でしたが、この業界に入って、初めての畑仕事がこの苗植えでした。クワやスコップを使いながら、2人~3人で植えたのを思い出します。

今年、2013年は、私が経験した中で、最も良い作柄となりました。まだまだ、反省点も多いですが、これまで、数々の台風襲来、ゲリラ豪雨、長い梅雨、、、気候に大きく左右されるブドウ栽培の中で、まるで、ご褒美をもらったかのような良いビンテージになりました。これから、10年後、15年後でも経験できない作柄かもしれません。
スタッフみんなもホントによくやってくれました!
今年の経験もひつと、ひとつ積み重ねながら、来年、再来年とつなげていければと思います!

このブログは、シャイな私にとって、表現の場として貴重なブログとなっています。良い経験をさせてもらっています!また、これからも、コツコツとアップしていきたいと思います!

さっ、これから、新酒の準備、熟成ワインの手入れ。丁寧に醸造も進めていきます。

赤尾


収穫のタイミング


収穫のタイミングはドキドキです。
最後に収穫予定のマスカット・ベリーA。
種の硬さや色の回り方、ブルームの強さ、痛み方…
に加えて、天気予報と蔵のタンクの空き具合い。

完熟させるのが最も大きな目的ですが、
健全である状態も大事です。
よい年なだけに、
悩み悩みの決断はドキドキですね。

赤尾


シラーも順調に収穫できました。



先週、シラーも収穫しました。
ブランブランとたわわに実ったシラーは、
糖度も21度まで達していました。
今年は例年に比べ、果皮の渋みも強く、
色付きもいい感じです。
どんなワインに仕上がるのか楽しみです。


樹齢19年のシラーは、樹も随分と大きくなりました。
枝の更新や改植も考えています。
毎年少しずつ手を入れていきたいです。

赤尾