淡い緑色をした小さな葉。

M-R0014136.jpg
小さな小さな赤ちゃんの手のような葉が開いてきました。
淡い緑色をした小さな葉がキラキラと輝いています。
太陽の光をサンサンと受けながら、成長してきます。
早い園では、1枚~2枚の葉が開いています。
ブドウの蕾も見え隠れ。この蕾を見ていると、
昨年、蓄積された芽の状態がなんとなく解ります。
いい感じです。
赤尾

発芽 シャルドネ

M-R0014040.jpg
淡い緑色の葉が見えてきました。発芽です。
力強く綿を押しのけ、葉を開いてきました。
今朝は3度前後と肌寒い朝でしたが、
日中は、ポカポカと春の陽気のようです。
収穫時期の早い品種は、発芽も早いです。
晩生の品種では、まだ萌芽も来ていません。
品種ごとに違う生育ステージ、面白いです。
赤尾

シャルドネ 発芽にむけて

M-IMGP6906.jpg
萌芽から5日が経ち、さらに芽が膨らんできました。
後数日もすれば、葉が見えてくるでしょう。
葉が見えた時点で、発芽の日とします♪
うっすらと見える緑色の葉。どんな花芽を持って
出てくるのでしょう。
この芽の中に葉が10数枚とブドウを持っているのですから、
すごいです。昨年秋に充実した芽の発芽、楽しみです。
今、ビニールかけの作業も進めています。
今月中には、シャルドネのビニールかけは終わりそうです。
赤尾

2010 シャルドネ 萌芽

M-R0013831.jpg
先週から少し膨らみ始めた芽。
シャルドネのどの園も萌芽(ほうが)に入りました。
2010年シャルドネ萌芽:2010年3月14日
これまでで最も早い萌芽となりました。
過去の記録を見ていると、昨年が3月15日、
2003年に3月16日がという記録があります。
遅い年は、4月3日という年もありました。
萌芽が早いと小粒傾向でワインの質が上がりやすい
という話も聞きますが、この数年は、気候が毎年大きく
変わり、傾向が把握しにくくなっています。
これから2ケ月でブドウ花も満開になります。
その間の気候で品質の骨格ができてきますので、
日々見守って、管理を進めていきます!
2010年、どんな年になるのでしょう。楽しみ。
赤尾

2009シャルドネ とってもいい感じ~

M-R0013820.jpg
ビンテージ2009のシャルドネ・エステートとアンフィルタードを
瓶詰しました。瓶詰は、ワイン造りの最後の仕上げ。
特に旨味を損なわないよう、仕上げるアンフィルタードは、
気を使います。徹底した衛生管理の元ボトルへと詰められました。
2008年に引き続き、高いクオリティーを見せる、2009年産。
中でもシャルドネ エステートとアンフィルタードは、
かなりいい感じです。ビックビンテージになりそうです。
M-IMGP4612.jpg
南国宮崎らしいトロピカルなイメージは、ワイン造りの中でも
安定して表現できるようになりました。都農らいしいシャルドネです。
しばらくじっくり寝かせ、4月中旬よりリリース予定です。
お楽しみに!!
赤尾

ダーツ&カフェバー SAZAN

M-tsazan.jpg
都農町駅前で、ダーツ&カフェバーを経営している、
河野当将(タイスケ)、小寿喜(コスギ)ご夫妻とワイン会をしました。
神奈川生まれで川南育ちの当将さん。都農の夏祭りをこよなく愛する人です。
驚いたのは、当将さんの肩には「かつぎだこ」があるほどです。
奥様の小寿喜さんは、お子さんが保育園に行っている間、川南町でジャズやヒップホップダンスの講師を行いながらお店も手伝う行動的な方です。
M-R0013812.jpg
ワイン会では、1時間ほど、近くの雑木林やブドウ畑、蔵内や樽のセラーなどを案内し、都農ワインのこれまでの経緯やワイン造りやブドウ栽培、そして、それぞれのワインのコンセプトについて、熱心に耳を傾けてくださいました。「説明を聞いて、都農ワインのイメージが大きく変わりました。ワインも甘いワインだけではなく、いろいろあって、美味しい!」と小寿喜さん。その後、工場長や香月、カフェスタッフとの交流会も行い、都農ワインと煮しめや天麩羅など地元の料理と共に楽しいひと時を過ごせました。
M-R0013813.jpg
お店は、ダーツ専門のショップでしたが、昨年より一般の方でも気軽に立ち寄れるように店内を改装し、ランチもディナーも楽しめるようになっています。駅近くということで、立ち寄りのお客様に「自分たちの町のワインを飲んでもらいたい」という想いで、お店で都農ワインを取り扱ってくださっています。都農ワインの大きな応援団でもあります☆彡 ぜひ、お近くに来た際は、お立ち寄りくださいませ♪
ダーツ&カフェバー Sazan
電話:0983-25-4234
都農駅前:宮崎県都農町川北3636-1
赤尾

完熟ブドウのみを使った華やかなワイン

M-IMGP4880.jpg
2009マスカット・ベリーA エステートの瓶詰を行いました。
自社農園の完熟したマスカット・ベリーAのみを厳選し、
果実味豊かで華やかなスタイルに仕上げました。
M-R0013801.jpg
9月に収穫したブドウ→こちらから。
台風襲来の無かった2009年は、熟度を上げることができました。
さらに、このベリーAの畑は、都農には珍しい、赤い粘土質の土壌です。
大地のミネラル分をたっぷり吸い上げた味の濃いブドウが魅力です。
ブドウ果皮からの旨みをたっぷり引き出すような醸造を行い、
新酒のマスカット・ベリーAとは違った味わいを表現しています。
醸造の様子は、→こちらから。
M-IMGP6735.jpg
近年、ファンの増えてきている、マスカット・ベリーA エステート
華やかな香りが立ち、軽やかな酸味と心地よいタンニンが味わいを
整えてくれます。飲み疲れしないミディアムボディー。
シンプルなトマトソースのパスタ、肉じゃがなどにも合いそうデス!
発売は、3月20日より ぜひ、お楽しみくださいませ~
赤尾

2009 シャルドネ 樽上げ 

M-IMGP6731.jpg
ビックビンテージに相応しい気候に恵まれた2009年。
宮崎の豊富な日照を受けた、果実味豊かなシャルドネ。
いよいよ樽から上げることになりました。
M-IMGP6727.jpg
樽の香りと果実香のバランスを考慮した時期が今になります。
9月からおよそ6ヶ月間、発酵・熟成させてきました。
樽から上げるときはドキドキです。
今年は、香りが華やかで力強さを感じます。南国特有の
トロピカルなニュアンスもあり、仕上がりがワクワクです。
素直に、いい年はいいワインに仕上がるというあたり前の
ことですが、華やかさとクリーンな香りはとても楽しみ♪
4月中旬をリリース予定にしています。
赤尾

# 2009 シャルドネ 樽上げ 

M-IMGP6731.jpg
ビックビンテージに相応しい気候に恵まれた2009年。
宮崎の豊富な日照を受けた、果実味豊かなシャルドネ。
いよいよ樽から上げることになりました。
M-IMGP6727.jpg
樽の香りと果実香のバランスを考慮した時期が今になります。
9月からおよそ6ヶ月間、発酵・熟成させてきました。
樽から上げるときはドキドキです。
今年は、香りが華やかで力強さを感じます。南国特有の
トロピカルなニュアンスもあり、仕上がりがワクワクです。
素直に、いい年はいいワインに仕上がるというあたり前の
ことですが、華やかさとクリーンな香りはとても楽しみ♪
4月中旬をリリース予定にしています。
赤尾